雀のチータンたち

雀は言語を持っていて社会生活をしている。縄張りがない。
他の鳥の子を助けもする。雀は鳥たちの影の指導者なのだ

7/10 ドラマ警視庁生き物語というのが日曜の夜に始まった

2017-07-10 12:39:59 | 動物の心理


7/10 ドラマ警視庁生き物語というのが日曜の夜に始まった

古館さんの後です。

昨夜はJチャンのMC?やっている人だと思うけど出た。


すごく面白かった。

ショックだったのは、犯罪者なんかのペットは殺処分になること。

止めて!! もっと愛される警察になろうよ。

警察関係の人が引き取るのは強いないけど、

殺処分前提はないだろう!

この彼女がそういう動物をかまっているのだけど

動物についてしっかり学んできている。


ポーカーフェイスというか、無邪気で無知を振り回しているようだけど

観察が細かい。 それは知識によるもの。


順に書こう。

初めて知ったけど、手乗りになった鳥は手乗りではない鳥と一緒にしてはあかん!

知りませんでした。

手乗りが元に戻ってしまう。

うちには手乗りのカナリアがいた。

母によくなついていて、一緒に寝たこともあった。


そのうち、オスがきた。

カナリアだけど、オレンジ色で巻き毛。

でもピーコは感化されなかった。


しかし、彼女の説は正しいと思う。

ニュースの特集で見た。


確か渋谷で残飯を食べにくるカラスを追っ払うために

タカを連れてきた。

最初はカラスは逃げたけど、戻ってきて、数羽のカラスがタカを囲んだ。

別段、タカを集団リンチにしようなんてしていない。


人間には沈黙が続いているように見えるけど、

私はカラスが

お前、なんで人間の手先になっているん?

とか、

自由は嫌い?

とか

あんな人間ほっておけよ、逃げろ!

とか、とか、

言っているように見えた。

それからしばらく後、埼玉県かどこかでまたカラスを追うためにタカを使った。

そのタカが逃げた。

戻ってきたかどうかニュースになっていないのでわからない。


タカもね、生まれつき人間に育てられると

自由になりたい願望はあっても、逃げ出すことはすごく勇気がいる。

と言って、カラスの仲間に入れてもらうわけにもいかなからね。


昨日の番組で、Jチャンの人の管理しているアパートのある部屋のベランダで

雀が鳴いていた。

この女警察の人は敏感に雀の会話の相手の声をききつけた。


アパートに入る。そして探したら、二重壁の中にカゴに入れられた2羽のメジロがいた。

メジロは今は法律で捕まえるのも飼うのも禁止だ。


覚えてますか、私のモアノー探偵の話?

雀が誘拐された猫を見つけ出す話があった。


雀は物語だけでなく、すごい能力を持っているから

こういう”探偵もの”に使うの可能なのだ。


ところで私のチータンは私にメジロを紹介してくれた。

チータンを撮ろうと、シャッターを押したら、パッと入れ替わってメジロが撮れた。

この辺は鳥の住めるところなんかないけど、前いたところでは

買い物の行き帰りにメジロの夫婦が迎えてくれた。

ここにも一度か二度来た。


どこかに写真を投稿してあるので、メジロ好きな人は探してください。



この番組の冒頭に出てきた猫。

素晴らしい目をしている。

名前はなおみだけど、本名かは知らない。

オスなんだよね。

この子もね、いいなりでじっとしていて、すごく可愛い。

これからレギュラーで出てほしい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7/10 世の獣医よ、ムツゴロウ... | トップ |  7/10 ムツゴロウさんが古館... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

動物の心理」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。