雀のチータンたち

雀は言語を持っていて社会生活をしている。縄張りがない。
他の鳥の子を助けもする。雀は鳥たちの影の指導者なのだ

10/13 伊集院 数学者が来た

2016-10-13 11:36:41 | 動物の心理
10/13 伊集院 数学者が来た

数学は学年が増すごとに好きになった科目だ。

算数と呼ばれていたころは、読み書きそろばんで、生活必需品だった。


でも中学に入り、算数が私の時代は代数と幾何に分かれた。

どちらかというと代数が好きだった。

幾何の先生はテストを返すときに、生徒によって点数を読み上げた。

私はよく読み上げられ、その時間が本当に嫌だった。

ところが、先生は良い点だけ読み上げていたのだ。

あんな点数でも良いほうだったのだ。


高校になると、もはや、数学は一番好きな学科になった。

回答がひとつというのが好きだった。


さらに他の科目だと「質問ありますか?」に質問しない場合が多かったけど、

どこがわからないのか、質問すべきなのかわからない生徒が私も含めて大半だった。

数学はこういううところがないのだ。


数学はわかるところはここまでとはっきりしている。

わからないのはここから、そこに移るとき。


質問の仕様がある。


でもこれが見につくと、生きるに必要な諸々の問題の解決点が明確になるのだ。

どんなに数学的”思考”と言ったらいいのか、役にたつか!


それには単純な数学問題をただただやるしかないと思うのだけど

どうだろう、先生?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  10/13 Jcom 修正してあった... | トップ | 10/13 森田さんの 投稿写真 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。