雀のチータンたち

雀は言語を持っていて社会生活をしている。縄張りがない。
他の鳥の子を助けもする。雀は鳥たちの影の指導者なのだ

10/15 ボブ ディラン 特に好きでもなかったけど、聞き返すと文学だと思う

2016-10-15 15:27:47 | 動物の心理


10/15 ボブ ディラン 特に好きでもなかったけど、聞き返すと文学だと思う

今ライブ中らしい。

でもノーベル賞については何も語らず。

こういうところがいいのだ。

文学なんかやっていないと言った作家?がいたとか。

本当に作家かよ?

彼の歌詞の翻訳を見ただけで、純文学、俗っぽくなくて、

初期の作品が今でもフレッシュで。


実は日本人の期待している小説家(ハルキ)の本、読んだことがある。

それはイタリア人の友人が大好きで、読んだことあるって何度も聞くからだ。


でも文が好きじゃなかった。

内容によっては目先の人参的おもしろさで読んでしまうことがあるけど、

彼の場合は文章が苦痛だった。



文が大好きと言う人、何人もいるけど、

今はあるフランスの詩人をあげたい。

彼は小説は1つしか書いていない。

しかも出版当時は発禁と言う目にあった作品。


それをパリに帰って数日後の夜、ラジオの朗読で聞いた。

体を揺さぶるような衝撃を受けて、数日後には本をゲットした。


古本がさらによれよれになったけど、いまだに大事に持っている。

彼の詩集をあるフランス人の友人に贈った。

彼女は私も最近、この詩人を知ったところだと言った。

そして最高のプレセントと言ってくれた。


日本に翻訳はない。

訳そうかと思ったこともあるけど、

そっと心の中に保管しておきたい。



Dylanはどの時代にも起こってしまう人間と人間のもつれ、争いに訴えかけるものがある。

レノンのImgineに似たところもある。









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/15 悲しい人々 | トップ | 10/16 2日前の午前中の空 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。