雀のチータンたち

雀は言語を持っていて社会生活をしている。縄張りがない。
他の鳥の子を助けもする。雀は鳥たちの影の指導者なのだ

12/3 チータもいるし どの子も同じ表情している

2017-12-03 14:27:08 | 動物の心理


12/3 シムラ daigo アフリカ



Daigoが訪問したところは、南アフリカにある肉食動物の保護施設だ。


この女性が動物のケアをしているけど、詳しくは写真に残っていなかった。


野生の動物は育児放棄が多いらしい。

親が殺された場合とか、

そういうケースで残された子供を世話しているけど、

この女性がタバコ畑をこの保護施設にしたらしい。

資金的にはどうだったか記憶にない。


でも中にいる動物はどれも愛らしく、私が若ければこんなことろで

働きたい。


家の中にはホワイトライオンがいた。

この顔、心から甘えている顔。


表に出ると、雄のライオンがいた。

その子に手渡しで餌をやる。

檻の中に入って、女性に食べさせてもらっているときのライオンのこの顔。

さっきのホワイトライオンと同じ表情。


添付はこのオスライオンが子供のころの写真。

家の中でくらしていた。


ラーテルという動物。

いたち科だとか。

この動物は皮がたっぷりあって、ライオンなんかが噛みついても

肉まで歯が届かない。

蜂なんかに刺されても、毒針の被害はない。

だからコブラなんかさえ、食べてしまう。


この家の中ではラーテルのお母さんはこの女性。

そこら中についてまわる。


Daigoは本当に動物が好きなんだろうか?

すごく女々しくて、臆病で、こういう訪問は大野君のほうがいいよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/3 たてがみの雄ライオンも家の中で育った

2017-12-03 14:26:16 | 動物の心理


12/3 シムラ daigo アフリカ



Daigoが訪問したところは、南アフリカにある肉食動物の保護施設だ。


この女性が動物のケアをしているけど、詳しくは写真に残っていなかった。


野生の動物は育児放棄が多いらしい。

親が殺された場合とか、

そういうケースで残された子供を世話しているけど、

この女性がタバコ畑をこの保護施設にしたらしい。

資金的にはどうだったか記憶にない。


でも中にいる動物はどれも愛らしく、私が若ければこんなことろで

働きたい。


家の中にはホワイトライオンがいた。

この顔、心から甘えている顔。


表に出ると、雄のライオンがいた。

その子に手渡しで餌をやる。

檻の中に入って、女性に食べさせてもらっているときのライオンのこの顔。

さっきのホワイトライオンと同じ表情。


添付はこのオスライオンが子供のころの写真。

家の中でくらしていた。


ラーテルという動物。

いたち科だとか。

この動物は皮がたっぷりあって、ライオンなんかが噛みついても

肉まで歯が届かない。

蜂なんかに刺されても、毒針の被害はない。

だからコブラなんかさえ、食べてしまう。


この家の中ではラーテルのお母さんはこの女性。

そこら中についてまわる。


Daigoは本当に動物が好きなんだろうか?

すごく女々しくて、臆病で、こういう訪問は大野君のほうがいいよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/3 でもこんなに大きい雄ライオンもママからご飯をもらって

2017-12-03 14:25:16 | 動物の心理


12/3 シムラ daigo アフリカ



Daigoが訪問したところは、南アフリカにある肉食動物の保護施設だ。


この女性が動物のケアをしているけど、詳しくは写真に残っていなかった。


野生の動物は育児放棄が多いらしい。

親が殺された場合とか、

そういうケースで残された子供を世話しているけど、

この女性がタバコ畑をこの保護施設にしたらしい。

資金的にはどうだったか記憶にない。


でも中にいる動物はどれも愛らしく、私が若ければこんなことろで

働きたい。


家の中にはホワイトライオンがいた。

この顔、心から甘えている顔。


表に出ると、雄のライオンがいた。

その子に手渡しで餌をやる。

檻の中に入って、女性に食べさせてもらっているときのライオンのこの顔。

さっきのホワイトライオンと同じ表情。


添付はこのオスライオンが子供のころの写真。

家の中でくらしていた。


ラーテルという動物。

いたち科だとか。

この動物は皮がたっぷりあって、ライオンなんかが噛みついても

肉まで歯が届かない。

蜂なんかに刺されても、毒針の被害はない。

だからコブラなんかさえ、食べてしまう。


この家の中ではラーテルのお母さんはこの女性。

そこら中についてまわる。


Daigoは本当に動物が好きなんだろうか?

すごく女々しくて、臆病で、こういう訪問は大野君のほうがいいよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/3 ホワイトライオンはまだ1歳未満 甘ったれ!

2017-12-03 14:24:22 | 動物の心理


12/3 シムラ daigo アフリカ



Daigoが訪問したところは、南アフリカにある肉食動物の保護施設だ。


この女性が動物のケアをしているけど、詳しくは写真に残っていなかった。


野生の動物は育児放棄が多いらしい。

親が殺された場合とか、

そういうケースで残された子供を世話しているけど、

この女性がタバコ畑をこの保護施設にしたらしい。

資金的にはどうだったか記憶にない。


でも中にいる動物はどれも愛らしく、私が若ければこんなことろで

働きたい。


家の中にはホワイトライオンがいた。

この顔、心から甘えている顔。


表に出ると、雄のライオンがいた。

その子に手渡しで餌をやる。

檻の中に入って、女性に食べさせてもらっているときのライオンのこの顔。

さっきのホワイトライオンと同じ表情。


添付はこのオスライオンが子供のころの写真。

家の中でくらしていた。


ラーテルという動物。

いたち科だとか。

この動物は皮がたっぷりあって、ライオンなんかが噛みついても

肉まで歯が届かない。

蜂なんかに刺されても、毒針の被害はない。

だからコブラなんかさえ、食べてしまう。


この家の中ではラーテルのお母さんはこの女性。

そこら中についてまわる。


Daigoは本当に動物が好きなんだろうか?

すごく女々しくて、臆病で、こういう訪問は大野君のほうがいいよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/3 女性の家のラーテル ママを追って

2017-12-03 14:23:03 | 動物の心理


12/3 シムラ daigo アフリカ



Daigoが訪問したところは、南アフリカにある肉食動物の保護施設だ。


この女性が動物のケアをしているけど、詳しくは写真に残っていなかった。


野生の動物は育児放棄が多いらしい。

親が殺された場合とか、

そういうケースで残された子供を世話しているけど、

この女性がタバコ畑をこの保護施設にしたらしい。

資金的にはどうだったか記憶にない。


でも中にいる動物はどれも愛らしく、私が若ければこんなことろで

働きたい。


家の中にはホワイトライオンがいた。

この顔、心から甘えている顔。


表に出ると、雄のライオンがいた。

その子に手渡しで餌をやる。

檻の中に入って、女性に食べさせてもらっているときのライオンのこの顔。

さっきのホワイトライオンと同じ表情。


添付はこのオスライオンが子供のころの写真。

家の中でくらしていた。


ラーテルという動物。

いたち科だとか。

この動物は皮がたっぷりあって、ライオンなんかが噛みついても

肉まで歯が届かない。

蜂なんかに刺されても、毒針の被害はない。

だからコブラなんかさえ、食べてしまう。


この家の中ではラーテルのお母さんはこの女性。

そこら中についてまわる。


Daigoは本当に動物が好きなんだろうか?

すごく女々しくて、臆病で、こういう訪問は大野君のほうがいいよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/3 野生のラーテル

2017-12-03 14:22:25 | 動物の心理


12/3 シムラ daigo アフリカ



Daigoが訪問したところは、南アフリカにある肉食動物の保護施設だ。


この女性が動物のケアをしているけど、詳しくは写真に残っていなかった。


野生の動物は育児放棄が多いらしい。

親が殺された場合とか、

そういうケースで残された子供を世話しているけど、

この女性がタバコ畑をこの保護施設にしたらしい。

資金的にはどうだったか記憶にない。


でも中にいる動物はどれも愛らしく、私が若ければこんなことろで

働きたい。


家の中にはホワイトライオンがいた。

この顔、心から甘えている顔。


表に出ると、雄のライオンがいた。

その子に手渡しで餌をやる。

檻の中に入って、女性に食べさせてもらっているときのライオンのこの顔。

さっきのホワイトライオンと同じ表情。


添付はこのオスライオンが子供のころの写真。

家の中でくらしていた。


ラーテルという動物。

いたち科だとか。

この動物は皮がたっぷりあって、ライオンなんかが噛みついても

肉まで歯が届かない。

蜂なんかに刺されても、毒針の被害はない。

だからコブラなんかさえ、食べてしまう。


この家の中ではラーテルのお母さんはこの女性。

そこら中についてまわる。


Daigoは本当に動物が好きなんだろうか?

すごく女々しくて、臆病で、こういう訪問は大野君のほうがいいよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/3 シムラ  Daigo アフリカ

2017-12-03 14:21:33 | 動物の心理


12/3 シムラ daigo アフリカ

Daigoが訪問したところは、南アフリカにある肉食動物の保護施設だ。


この女性が動物のケアをしているけど、詳しくは写真に残っていなかった。


野生の動物は育児放棄が多いらしい。

親が殺された場合とか、

そういうケースで残された子供を世話しているけど、

この女性がタバコ畑をこの保護施設にしたらしい。

資金的にはどうだったか記憶にない。


でも中にいる動物はどれも愛らしく、私が若ければこんなことろで

働きたい。


家の中にはホワイトライオンがいた。

この顔、心から甘えている顔。


表に出ると、雄のライオンがいた。

その子に手渡しで餌をやる。

檻の中に入って、女性に食べさせてもらっているときのライオンのこの顔。

さっきのホワイトライオンと同じ表情。


添付はこのオスライオンが子供のころの写真。

家の中でくらしていた。


ラーテルという動物。

いたち科だとか。

この動物は皮がたっぷりあって、ライオンなんかが噛みついても

肉まで歯が届かない。

蜂なんかに刺されても、毒針の被害はない。

だからコブラなんかさえ、食べてしまう。


この家の中ではラーテルのお母さんはこの女性。

そこら中についてまわる。


Daigoは本当に動物が好きなんだろうか?

すごく女々しくて、臆病で、こういう訪問は大野君のほうがいいよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/3 今朝の空 すごくきれいだったけどうまく映ってない

2017-12-03 14:19:43 | 動物の心理
かろうじて添付。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/3 One Loveを歌った

2017-12-03 14:18:45 | 動物の心理
高い声なら大野君だよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/3 夕べの嵐に に出演したオペラ歌手

2017-12-03 14:17:39 | 動物の心理
この人初めて見た
コメント
この記事をはてなブックマークに追加