雀のチータンたち

雀は言語を持っていて社会生活をしている。縄張りがない。
他の鳥の子を助けもする。雀は鳥たちの影の指導者なのだ

11/15 昨夜の池上さん、電磁波パルスもやった

2017-11-15 14:05:42 | 動物の心理


11/15 昨夜の池上さん、電磁波パルスもやった


だけど、居眠りしていて、写真が撮れなかった。

トレラの電磁波攻撃は日増しに強くなっている。

今もこの上の行のとれらと書いて変換しようとしたら妨害が出た。


わかるんだよね。


電磁波は体の中を通す。

でもトレラは体内で止めて悪さをする。


もし殺す気になればこれで殺せるし、

母は恐らくそれで殺された、衰弱させられた。


電磁波を医療で操作している人たちと折に触れて話したことがあるのだけど、

そう使い方は考えたことはないと答える人ばかりだった。


普通の人はそうなのだ。

トレラの記憶に私が残っていたことも驚きだったけど

日本の病院に実習を選んだことはさらに驚いた。

アメリカの医学生は簡単にフランスに来ているから

フランスの学生もアメリカあるいは近いから英国に行く人は多いと思う。


それは日本に来たってどういうこと?

そしてマックスに滞在を延長して、ビザなしで居座ってしまった。

トレラとは個人的な付き合いはないから馬鹿ジョーのように

書くようなことはない。


それ故、ストーカーとして警察に言えるか判断がつかなっかったのだけど、、

弁護士は居場所なんかわからなくても警察に行くべしと言ってくれた。

だからしっかり警察に行って、2時間近くも話した。


昨日上の階から降りてくる女の子にスーパーで会った。

301かどうかは知らないけど、覚えた味とでも言おうか

上から洗濯物か布団かわざわざ午後になってもたれ下げる。

トレラ自身がやっている可能性だってある。


電磁波攻撃がひどくなっているからこそ、

ドア前に死んでいたら解剖してくださいと張り出したのだ。

サトマちゃん、電磁波で殺人は可能なんだよ!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11/15 食べ物の話

2017-11-15 14:05:02 | 動物の心理


11/15 食べ物の話


その1 野菜のコンソメスープ

ありあわせの野菜を小さ目に切って少し炒めて、水を入れコンソメを2個くらい

入れる。 ここにカレールーを入れてもいいけど、

野菜を主に食べるためにコンソメだけにしておく。

テレビの宣伝でもそんなのある。

コンソメ2個で薄くない?と思ったけど、ちょうど食べやすい塩味。

これを数回やった。


そして、その2 ここにスパゲテイ (14mmm?)を3cmくらいに

折って入れた。

野菜はまだ完全に火は通っていないくらい。

でも、そこで、火を止めて、タオルなど厚くかけて余熱で処理。


30分くらい置いたかしら?

スパゲテイはほどよく火が通り、これ1杯でも小食の人なら十分なくらい。


フランスにはVermicelle という細くて短いパスタを

スープに入れる料理がある。

少し太めだったけど、まさにそういう感じでおいしかった。


このVermicelle 、英語もあるらしくバーミセルと辞書にはあった。

その昔もっていた辞書にはそういう訳はなかった。

ただうじ虫という単語だけだった。


その3 鶏肉を柔らかく仕上げる

ガスを使うのでめったにやらない。

鳥を少量のオリーブ油で焼き、 皮面がコンガリしたら

カットする。

鍋上でトングで鳥を持ち、ハサミでカット。

それから底にせいぜい100ccくらいの水を入れ、ジャーとさせてから

コンソメを1個入れて、煮立たなくいいけど熱くしてから

蓋をして、火を止めて、いつもの余熱処理。


時間は暇なときに調理するので、1-2時間は置く。

肉は和らかくなり、出た汁も利用できて、

(この後に野菜スープなどやるといい)

良い食べ方だと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11/15 今朝、チータンが2羽で止まってくれた

2017-11-15 14:04:07 | 動物の心理
11/15 今朝、チータンが2羽で止まってくれた

チータンはいろいろ考えてくれている。

2日ほど前、私がひがんでスネたけど、

あの後、姿は見せないけど、他の鳥に指示して私の前を飛ばしている。


チータンはどの鳥よりも頭いいから、用心深さもすごい。

カラスは怖がりだけど、雀は怖がりではない。


いつだったか、チータンは高いところで見張り、

他の鳥に(雀だけでなく)、「今安全」とか 「今来てはいけない」とか

合図を送っていたことがあった。

私はすごいなと思いながらそれを見ていた。


私もチータンの指示に従ったほうがいいのかな?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加