雀のチータンたち

雀は言語を持っていて社会生活をしている。縄張りがない。
他の鳥の子を助けもする。雀は鳥たちの影の指導者なのだ

9/30 時々聞こえる声が馬鹿ジョーだとわかった

2017-09-30 21:16:06 | 動物の心理
9/30 時々聞こえる声が馬鹿ジョーだとわかった


声の最後が漏れた。

元はアメリカ人だから日本人の声ではない。

あいつに母の電話番号を渡した。 1983年か4年のころだ。

それを私が帰国した後、持っていいて私に電話してきて、

○○と呼んで切った。

この○○が間違っていたんだなー!!

それが数日前、下から呼んだ名前だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9/30 このミスタッチの数を見て

2017-09-30 15:17:32 | 動物の心理

9/30 ピアノ 15歳と18歳対決

今回のピアノは目が離せなかった。


葉加瀬さんのルールで10ミスでアウト。

それは添付のようにミスタッチをすると、赤くでるのが

テレビを見ている私たちにもわかる。

私たちまで、鍵盤から目が離せない緊張感。


残ったのが前回の優勝者のピアノ専攻の大学生、黒木さん、18歳

と、15歳の中学生、岸本さん。


すごい勝負だった。


でも、このミスタッチの数を見て。

こんなに差があった。

中学生はアメリカのプロのピアニストを打ち負かしたんだよ。


ただ、ピアノなんかやったこともない私が言うのは100年早いと言われそうだけど、

ああいう機械に合わせてスピードを上げていくのは

何かピアノを美しく、心に入り込むように奏でるのに

役にたつのかな?

黒木さんを見ていると、何も不都合はないんだけどね。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9/30 ミスタッチをすると、赤くでる  10個でアウト

2017-09-30 15:16:33 | 動物の心理

9/30 ピアノ 15歳と18歳対決

今回のピアノは目が離せなかった。


葉加瀬さんのルールで10ミスでアウト。

それは添付のようにミスタッチをすると、赤くでるのが

テレビを見ている私たちにもわかる。

私たちまで、鍵盤から目が離せない緊張感。


残ったのが前回の優勝者のピアノ専攻の大学生、黒木さん、18歳

と、15歳の中学生、岸本さん。


すごい勝負だった。


でも、このミスタッチの数を見て。

こんなに差があった。

中学生はアメリカのプロのピアニストを打ち負かしたんだよ。


ただ、ピアノなんかやったこともない私が言うのは100年早いと言われそうだけど、

ああいう機械に合わせてスピードを上げていくのは

何かピアノを美しく、心に入り込むように奏でるのに

役にたつのかな?

黒木さんを見ていると、何も不都合はないんだけどね。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9/30 ピアノ 15歳と18歳対決

2017-09-30 15:15:22 | 動物の心理


9/30 ピアノ 15歳と18歳対決

今回のピアノは目が離せなかった。


葉加瀬さんのルールで10ミスでアウト。

それは添付のようにミスタッチをすると、赤くでるのが

テレビを見ている私たちにもわかる。

私たちまで、鍵盤から目が離せない緊張感。


残ったのが前回の優勝者のピアノ専攻の大学生、黒木さん、18歳

と、15歳の中学生、岸本さん。


すごい勝負だった。


でも、このミスタッチの数を見て。

こんなに差があった。

中学生はアメリカのプロのピアニストを打ち負かしたんだよ。


ただ、ピアノなんかやったこともない私が言うのは100年早いと言われそうだけど、

ああいう機械に合わせてスピードを上げていくのは

何かピアノを美しく、心に入り込むように奏でるのに

役にたつのかな?

黒木さんを見ていると、何も不都合はないんだけどね。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9/30 岡井さん クラッシックでオペラ専攻の欠陥

2017-09-30 15:14:40 | 動物の心理

9/30 岡井さん クラッシックでオペラ専攻の欠陥


終わってから、喉を鍛えてきますとか言った。

そうなのだ、この番組にオペラ出身が出て、いいことなかった。


正確に歌えて、技術もあって、どうして???


オペラ歌手の間では、声帯には寿命があると言われていた。

だから歌い過ぎないように、リハーサルなんかでもフルには歌わないと

いうのが前提だった。


だけど、その例外がマリア・カラスなのだ。

彼女はリハーサルもフルに歌った。

その結果、彼女の声帯の寿命はつきて、

なくなったのも50代の初めだけど、

その数年前からもう声がなくなってしまった。


声帯の寿命がありうるなら、

他のジャンルの歌ではどうだろう?


鈴木さんは例外的存在だけど、まだ18歳だよ。

もっと年をとってからでもちゃんと歌える人がいるよ。


日本の民謡を歌っている人の歌い方を学んでみたらどう、岡井さん。


声帯の寿命説を覆してください。

岡井さん、頑張れ!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9/30 でも鈴木さんのTo Love you more はそれほど好きじゃなかった

2017-09-30 15:14:12 | 動物の心理

9/30 でも鈴木さんのTo Love you more はそれほど好きじゃなかった

理由は、

演歌で歌手によってやる”うなり”が快くなかった。


そんな風に歌う必要はないと思うんだ。

新妻さんはなぜか好きになれない。

だけど、彼女のTo love you moreを聞いたとき、

こっちの表現のほうがいいやと思った。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9/30 鈴木さんがミーシャを歌って

2017-09-30 15:13:05 | 動物の心理


9/30 鈴木さんがミーシャを歌って

何年か前、この関ジャニの番組に出た高校生の女の子。

エールを歌った。

歌としては知っていたけど、こんなに感動させてくれた人はいない。


鈴木さんは同じ子ではないと思う。


でもミーシャを歌って、こんなにいい歌だったんだと

あの時のような感動に覆われた。


ミーシャは好きじゃない。

この歌もどうしていいのか、ミーシャが歌っていたときは

わからなかった。


インタープレターって重要なんだよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加