☆ケ・セラ・セラLIFE ~父ちゃんと脳性マヒ母ちゃん育児奮闘記~

ごく普通に結婚をし娘も授かり、そして父ちゃん母ちゃんになった。でも少し違っているところは母ちゃんは脳性マヒなのだ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アメーバーブログにしました。

2016-04-20 | Weblog
今後はこちら↓へ来てください<m(__)m>。


http://ameblo.jp/chiko12-moe05/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊本の震災

2016-04-18 | Weblog
熊本の震災。
友人がおり安否確認したところ無事とのこと。
だが住まいは大きい余震とともに全壊になり
避難所生活をしている。

阪神・淡路大震災もそうだったが、同じ地域
にばかりスポットをあてるマスコミに疑問を
持つ。
被害が大きく、そこにたどり着けないのなら
素直にそういうことも言葉にするべきだと
思う。

同じ地域に焦点をあてるのは簡単で楽だと
思うが、もうそこから新しい問題や発見は
生まれないことを、知るべきだ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝塚 宝塚月組、次期トップ「珠城 りょう」

2016-03-31 | Weblog
宝塚月組、次期トップ、「珠城 りょう」が
近年では珍しく入団10年以内のトップスターになる。
ファンの天海祐希氏以来のスピードらしい。
一度、主演作を観劇したが、やっぱりトップになる器だった。
2008年入団だから8年目にトップとなる。 注目の人だ。

ちなみに天海氏は7年でトップになった。
今も語り継がれる「宝塚 天海祐希伝説」だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新春

2016-01-27 | Weblog
去年の暮れに「サポート終了」になってもずっと使っていたXPが、とうとう最新ウイルスにやられてしまいアウト…。
使いたくないお金で嫌々8を購入。 設定やら慣れない操作に戸惑いながら、やっとやりたいことに打ち込める状態に
なった
というわけで、新しい年の始まりですね。 よろしくお願いします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャッジの判定が命取りになる

2015-12-17 | Weblog
12月11日神戸で長谷川穂積ボクサー試合があり観戦に行った。

相手は、WBO世界スーパーフェザー級5位のメキシコ出身
強者カルロス・ルイス。

長谷川選手にとって最も重量選手と対戦することになった。

長谷川選手は初盤、中盤に2回もダウンを奪われた。
もちろん防御しながら打ち返すが、カルロスも打ち返す。
カルロスのダメージは少なく、長谷川選手の必死の攻撃に
観客の「長谷川コール」が鳴り止まなかったのは春の試合と
一緒だった。

だが、私は心の中で思った。

2回、ダウンを取られてるし、勝つことが出来るのかと。

隣で一緒に応援をしていた男性が、「勝ちましたよね!」
と興奮気味に言った。
私は思わずその言葉に合わせて、「そ、そうですよね!」
と言った。

冷静に考えればその男性は、もしかしたら負けることが
怖くて自分を奮い立たせていたと思う。

試合は判定に持ち越され、ジャッジは3名とも長谷川選手
に挙げた。
その瞬間は「えっ、まさか!」と私は思い興奮と同時にまた
涙が出たが、冷静になってみると「勝ち」はなく、良くて
ドロー、そして負けていた試合だったと思う。

決して誤解しないで欲しい。

私は長谷川穂積というボクサーを尊敬しているし、これからも
尊敬し続けるだろう。
それゆえにこの判定では長谷川選手に失礼だと思うし、
ボクシングに人生を賭けて走り続けた長谷川選手が一番望んで
いなかった結果と思っている。

ジャッジが決める判定の時、そのジャッジは公平な目で見る
ことがとても大事で責任が重いと、この試合で思った。

ともあれ、長谷川選手は勝った。
おめでとうございます!

昨日の誕生日も!

今は何も考えず、奥さんやお子さんたちと素敵なクリスマス
やお正月を迎えて下さい。

少し早いけれど、皆様も楽しいクリスマス&良いお年を!

ちなみに、今日が誕生日の私です。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しいボクサー

2015-12-01 | Weblog
11月28日にゼビオアリーナ仙台で『TOUCH!WOWOW2015/ダブル世界タイトルマッチ』
で、帝拳ジム所属の木村選手、具志堅ジム所属の江藤選手の試合があった。

木村選手はサラリーマンをしながらボクシングをしている、今までにはないボクサーだ。
決して派手ではなく、確実に忠実に戦う。
判定に持ち越したとしても、その流儀には何故か熱いものが込み上げてくる。
今まではKO勝ちが気持ちいいと思っていた私だが、木村選手の試合を見たとき、「あ、この人は本物だ」
と思った。
会社勤務以外の時間を使っての練習は並大抵ではないと思う。
あの厳しい帝拳ジムが木村選手を選んだ理由が分かるような気がする。
判定では見事に逆転、新チャンピオンになった。

江藤選手はあの具志堅用高氏の元で練習をしている久しぶりの沖縄人ポクサー。
攻めていったが、相手はうまく交わした。
最後、相手が馬鹿にしたかのように手を上げて逃げに行き、真面目に戦わなかったのはファイターとして
欠ける。
江藤選手にはもっともっと練習して心も体も鍛え抜くことを願う。

ちなみに、この前は村田選手の試合があったが、本人もボクシングファンも納得のいくものでは
なかったと思う。
もっともっと練習して磨かれた存在になってほしい。

11日の長谷川選手の試合は観戦しに行きます。
長谷川選手、今度も記憶に残る素晴らしい試合を期待してます。
頑張って下さい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も秋がやってきました!

2015-10-26 | Weblog
今年の夏は苦手と言っていられないほど、たくさんの人との再会、主人は出会いが
ありました。
主人が今、知的障害児支援学校に勤務しているので、夏休み中は私も小・中学校で
お世話になった先生達と会うことができました。
主人はたくさんの出会いを通じて交流し、良き友人に恵まれました。
ある友人が「偶然の出会いは必然」と言っていましたが、その通りになっています。
最近ではスクールバスの添乗員さん、運転手さんとも親しくなり、何か縁を感じて
います。

娘は痩せ型で、食事より「お菓子、お菓子」と言うのを怒りながら、口も達者に
なってきましたが、順調良く成長してくれています。
人懐っこくて誰にでも声をかけるのです。
確かに危機感も必要なんですが、どこか外に出るときは絶対誰かはついてるし
「知らない人について行ったり、○○あげるからおいで、という人について行ったら
ダメよ!」と言って聞かせているので今のところ大丈夫と思っています。

この秋からバレエを習っている娘。
4才でそろそろ何か習い事をさせたいと思っていた時に、近くの集会場でバレエの
無料体験レッスンの広告を見て、「無料なら試しに…」と思い早速受けに行きました。
そしたら、面白がって、大好きなお姉ちゃん達ばかりの中、可愛がってもらいながら
先生の言うことを聞いてレッスンする姿に驚きました。
先生も「うぁ~、とても体が柔らかい!」と言ってくれ、娘に聞くと「バレエやりたい」
というので、じゃ「2年は行ってね。上手になった頃、みんなに見てもらう発表会が
2年後にあるからね。可愛いチュチュも着れるんだからね。」と約束させました。
積み立てしてるお金が無駄にならないようにってことなんですが…(笑)。

昨日はパンダが大好きなヘルパーさんと、主人と娘で動物園に行きました。
動物園は動物アレルギーを防ぐため1才になる少し前に行ったのですが、私のひざの
上で寝てばかりでした。
昨日はさすがに、あっちもこっちもと次から次へ自分から忙しく歩き回っていました。
夜はファミレスで食事をし、楽しい1日でした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

苦手な夏

2015-07-06 | Weblog
お久しぶりです。
苦手な夏がやってきました。

主人は知的支援学校にも慣れ先生達やスクールバスのガイドさん・運転手さん
などとも親しくなり、ヘルパーの頃とは違い、仕事では初めてやりがいを
感じています。
ただ土日の休みになると、

「せっかくの休みでも楽しくない」

とゴタゴタ続きでした・・・。

4才の娘は娘で、保育園で少し先生に注意されたぐらいで、それを口実に毎朝
「行きたくない、ママと家にいたい(涙)」と泣く有様・・・。
(父ちゃん母ちゃんと呼ばせていたのに、他の子からの影響からかパパママに
なっている)
そんな中でもスパルタの私は休むことを許しません。

これから学校で学ぶと言うことが待っている限り、もっと強くなって欲しい
から。
一人っ子だからと甘やかしません。
でも甘えたい時はしっかり甘やかすし、褒めるときはしっかり褒めます。

育児には正しいも正しくないもないと思います。

「可愛いから怒る」ことを娘は娘なりに分かっています。

娘よ、ガンバレ!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長谷川ボクサーの再起 ボクシング週刊 

2015-05-10 | Weblog
まず最初に。

おとといの長谷川穂積氏の再起戦、おめでとうございます!
あなたは本当に凄いボクサーです。

それまで静かだった中央体育館が、長谷川氏の入場で一気に興奮と歓声が
沸き起こり、熱気で包まれていた。
長谷川コールは留まることを知らず、またそれに応えるかのように全盛期
のあなたが復活していた。
相手は強くてタフだったけれど、攻撃に出たあなたは充分な力を出し切って
見事に勝った。
終わってからも長谷川コールは止まらなかったし、号泣しているファンも
いた。私もその一人です。

去年1年間、ご家族と共に色々考え悩みながら、今年に入り再起を賭けた
勝負に挑んだと思う。

でも、あなたの人気は1年間の休みがあっても変わらなかった。
老若男女問わず逆に増えていたように思う。

凄いボクサーです、あなたは。
ファンになって誇りに思います。

当分はまた体を休ませて、このまま現役を続ける、続けないにしても
応援します。

ボクシング週刊の終わりに、長谷川氏の復活で締めくくった。
感動をありがとう!


※あの辰吉夫妻が来ていて、握手と写メを撮ってもらった。
 とても優しい辰吉氏に私も主人も大感激!
 辰吉氏の息子でデビュー戦を果たした寿以輝選手も友人達と来ていた。

 会場では山下会長が私のことを覚えていてくれて、
 「そこは観やすいですか」と声を掛けてくれた。

 トイレに行く最中、ジョー小泉さんと会い、
 「どうも」と笑顔で会釈を交わした。

 今やボクシング解説者となっている飯田氏も来ていたので挨拶した。

 八重樫氏も来ていたし、井岡氏、井岡一翔選手も登場した。

-------------------------------------------------------------------

今月に入りおとといまでボクシング週刊だった。

まずは5/1に行われた八重樫、三浦、村田の3人の試合は気持ちの
良いものだった。
八重樫氏も再起戦だったが2R目に見事なTKO勝ち。
ボンバー、三浦氏も3RでTKO勝ち。
さらには期待の星、村田氏も5RTKOを納めた。


5/2の娘の誕生日に、ラスベガスのグランド・ガーデン・アリーナ
で行われたスーパースター同士、世紀の対決、パッキャオvs
メイウェザーの夢の試合が行われた。
超高額な席も即日完売する熱狂ぶり。

フィリピンのパッキャオは貧しさの中で育ち、今やボクシング界の
英雄でファンが多い。
試合に挑む姿は前に出ての攻撃で、そこがファンは魅了する。
対するメイウェザーは足を使っての防御も上手くチョンチョンと
打っては交わしポイントでは有利。

結果はメイウェザーの判定勝ちだが、メイウェザーへのブーイング
とパッキャオコールが全てを物語っている。

今回は話題の対決に初めてボクシングを観たという人も多い。
その人達からすれば、

「何故、前進して攻撃しているパッキャオが負けて、軽いフット
ワークで時々打つメイウェザーが勝ちなのか?」

攻撃とポイント有利の防御作戦。
この辺りを今、見直す時に来ているのではないか?


5/6に行われた内山氏、田口氏の試合は凄かった。
田口氏はラウンドぎりぎりで何度も倒すが相手は時間に助かる。
ところが、8Rで見事なTKO勝ち。

そして私も好きなボクサー、内山高志。
彼は強い。本当に強い。
おそらく今の日本のボクシング界では一番だと思う。
圧倒的な攻撃、バシン!という強烈な攻撃音が耳に入ってくる。
結果、2Rで相手を失神させた。
とても安心して観ていられるボクサー。
かっこいい。


ボクシング素人評論でしたm(__)m。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

娘、4才。

2015-05-08 | Weblog
5/2、娘が4才の誕生日を迎えた。
毎年、手作りケーキ(作るといっても市販のケーキ生地にホイップクリーム、
フルーツ缶、いちごその他の飾りでデコレーションするだけ(^_^;))を
作っているので今回もヘルパーさんの手を借りて作った。
保育園で、お姉ちゃんになり「こあら組」なので、今回はチョコホイップで
チョコケーキにして上にはイチゴと「こあらの○ーチ」を飾り、プレートに
「4才おめでとう」と書いてもらいシンプルなデコレーションチョコケーキ
が出来た。

寝起きの娘を驚かせようと、
「おめでとう! ジャーンお母さんの手作りケーキ!」
と喜ぶ顔を想像して言った。

でも返ってきた言葉は意外だった。
「でも、母ちゃん作れないでしょ?」

私、「・・・」

気を取り直して
「いいや、これはKさんの手を借りて、母ちゃんが作ったの。」

娘、「ふ~ん。」

そしてプレゼント。
父ちゃんは妖怪ウォ○チの妖怪パッド。
嬉しくて夢中になっていた。
そして義姉から送られてきたミニーちゃんのバルーン。
「自分で開けて下さい」と開けるとびっくり箱のように中から
バルーンが出てきて大喜び。
私はシンデレラに興味をちょっと持った娘にシンデレラの絵本と
カードを添えて渡した。

でも、妖怪パッドに夢中になっていた娘は絵本もカードもそっちのけ。

その日は娘の誕生日だからと怒らなかったが、次の日、
疲れて寝床についていた私に、
「父ちゃん、大好き!」と浮かれていた娘に私は爆発した。

「ちょっと来い!
 昨日から母ちゃんになんちゅう態度とってるの!
 母ちゃん、あんたがシンデレラに興味があると思ったからシンデレラ
 の絵本買ってカード添えて、あんたの喜ぶ顔を想像しながら用意した
 の! ケーキだってKさんの手は借りたけど母ちゃんのアイデアで
 作ったの! ヘルパーさんは母ちゃんがしにくいことを手伝って
 くれる人なの!
 その母ちゃんに向かって「母ちゃんは作れないでしょ?」とあんた
 は言ったし、母ちゃんのプレゼントもそっちのけやったね!
 母ちゃん、ショックやったわ! もうそんなんやったら母ちゃん
 何もしないし、そんな思いやりのない子、母ちゃん知らんわ!」

と怒って、寝るフリをしていたら、グスングスンと泣いてる様子。

途中、父ちゃんも

「母ちゃんの言うこと聞く!」
とフォローしてくれた。

そして最後に

「もっと優しい子になりなさい!」
と言って私は寝た。

次の日、起きてきて様子を伺ってる娘に平然としている私。

「母ちゃん・・・ごめんなさい・・・」
と娘。

「分かったらもういいよ。よく謝れたね(^_^)」
と私。

「母ちゃん、大好き!シンデレラ読んで!」

その日はシンデレラ2回読まされました(笑)。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0系

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

<script src="http://zerokei.first-buzz.com/display.js" type="text/javascript" charset="Shift_JIS" parameter="20081018211548.9b1ca3d1f89556a2" id="zerokeiBannerScript"></script>