ポチ的生活記録

ブログで展開中!(何を)
ここには、日常の日記を書いていきたいと思います。。。わたし、「廃人」じゃありません!

食べラー

2011-06-30 23:21:42 | 食べもの・飲みもの

去年から流行ってるアレ、買ってみました。
「食べるラー油」。

確かに美味しいと思うけど、あの猛烈なブームにホイッと乗っていくほどミーハーではありません。
しばらくお店からも姿を消していたほど人気だったんですよね。
よく行く天ぷら屋さんに置いてあって、そこで食べるから別に買う程でもないし。

先日スーパーに行った時に見つけたこちら。

「食べるラー油きのこ」です。純粋な食べラーとはちょっと違う。
なめ茸+食べラーみたいなものです。
これ一つで398円でした。まあまあ?

食べ方としては、あつあつ白ご飯に乗っけて食べる!ですかね?
でもウチ米ないし…。

そんな時は、活躍する別の素材!





豆腐です!!
安くて、カロリーも低くて、体にもいい!
私は困った時は豆腐に頼ります(笑)







ここは豪快に奴で。

豆腐1丁にどーん。もうこれで夕食になります。
え?調理法が雑??
お手軽メニューですよー。もはや料理といえるかは分からないけど。

味は、あまり辛くありません。なめ茸だからかな?
食べやすくてオススメです☆

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

涼しいうちに…

2011-06-29 07:05:43 | Weblog
おはようございます。

今日も田んぼで作業で~す。
雨降りそうだけど、張り切っていきましょー!

雲間から見える朝日がキレイ…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ごじ!

2011-06-28 17:09:21 | Weblog
この日の高さで17時なんだぜ。
もう空気が夏だなぁ~。

暑くてもウィンドブレーカーは脱がない。
エアコンも入れない!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あうー

2011-06-28 02:51:09 | Weblog

今帰ってきた。
こんなはずじゃなかったのに!
会社の先輩の付き合いで今まで飲んでました(汗)
こういう付き合いはメリハリ付けないとね。

もう寝る!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファン心

2011-06-27 23:48:43 | Weblog

ジャスミン茶とカレー☆
早速生活の中に取り入れてみる。

NAOTOさんの様になりたいな…そんな想いをこめて。
実はジャスミンティーってあまり得意ではないんですけどね

そしてこだわりとしては、伊○園のジャスミンティーは絶対買わない!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NAOTO LIVE TOUR 2011“Prism”

2011-06-26 22:02:43 | ホビー

記憶のための記録、ライブレポ。
あれやこれやと書いてたら、このblog史上最長かもしれない(笑)

とにかく、ライブ最高でした
この前のlive imageの感動が忘れられず、
それ以来今に至るまでヘビロテしている『Prism』発売記念のツアーに参加

まさか、つまみ食いリスナーの私が、imageアーティストの単独ツアーに行くなんてね
葉加瀬さんのツアーすら行った事ないのにね(笑)
TOEICのテスト後、無駄にめかし込んでイムズへ向かいます

今回はイムズホールでの開催でした。300~400人くらいの来場かな?
市民会館よりこじんまりとしてましたけど、ステージが近く感じられて良かった
私がチケットを買ったのが先行でなくて一般発売に入ってからだったから良席は期待してなかったけど、
前から6列目で半分より前でした意外と近いところで良かった~☆

お客さんは9割女性だったと思う。さすが!
そして周りの人達が既にライブグッズと思われる扇子を持っていて焦る
そういえば、グッズコーナーで置いてあった。無いとダメ…?
公演前はcrossFMでもよく流れていた洋楽の数々がBGMでかかっている。
これってイムズ側の選曲なんだろうか。

握手会に参加するため、目を付けていた5周年記念公演のDVDと控えめにクリアファイルのみ購入。
扇子も欲しかったけど、我慢です。

クリアフェイル2枚組600円。ちょっと高いけど、写真付きだしな

ちょうどライブイマージュの時に発売になったDVD!
前から気にはなっていましたが、会場でCDかDVD買うと握手会に参加できるとの事でしたので、待ってました☆




以下、覚え書き。
2011.6.26 (Sun) イムズホール 18:00~
Keyboard:松本圭司/Guitar:黒田晃年/Bass:村上聖/Drums:新村泰文

バンドメンバーの皆様が先にスタンバイして準備しています。
そのちょっと後に舞台袖からNAOTOさん登場!拍手喝さい~。

NAOTOさんの衣装はライブイマージュの時の白スーツとは異なり、
Tシャツ+黒ベスト+ジーンズ+ブーツと、ロックな格好でした

1.Brand new days
アルバム1曲目が早速きました~
やはりオープニングにふさわしい曲ですよね、これ。一気に盛り上がります
この曲が始まった瞬間、周囲がガタガタと立ち出す
え?もう初っ端からスタンディングですか??
立たないとNAOTOさん見えないんで、私も立ちあがりました

2.Harmony Colors
聞き覚えのある前奏が始まったと思ったら、楽しみにしていたこちらの曲!
あまりの超絶さに、実際に演奏されているところを見たいなーと思っておりましたが…
一体どんな速さで弾いているかと思ったら、想像していたよりも余裕のある指使いでした。
といってもめちゃくちゃ速いし、休止がほとんどないんですけどカッコいい!!

3.Stardust
続けてアップテンポなのが始まります。
バンドの楽器に負けじと、バイオリンの響きがスゴイ。
ここまで続けて私の大好きな曲が一気にかかってしまった
この後あまり知らない曲が続いたらどうしようなんて、ちょっと不安に(笑)
-------------------------------
一旦バイオリンをおろし、後ろに置いてあるドリンクをゴクリ。
最初からあれだけノリの良い曲だとだいぶん疲れるでしょう。

ここでMCタイム。
「ようこそ福岡へ!」って、こちらがようこそです(笑)
「とりあえず、みなさんお座りくださーい」と、お客さん達を座らせる。
もう1曲目から立ちっぱなしだからね
「2ヶ月に渡ったツアーも今日と明日で終わりです!今回は新アルバム『Prism』のツアーにお越し下さりありがとうございました!」
「…といっても、アルバム発売されたの去年の9月なんですけどね…すでに8ヶ月が経とうとしています」
お客さん達クスクス。
「去年の年末にソロデビュー5周年記念LIVEをJCBホールてやりまして、そちらとの兼ね合いからこんな時期になってしまいました。遅くなりましたけど…」
ここしばらく作曲作業でしばらく作業場にこもりっきりだったそうです。
ミュージカルの楽曲を担当されているとの事で。
全てにおいて、楽しいだけじゃないんだよね。プロですからね。
「やっぱりライブ楽しい!人は一人では生きていけないんだね~」
ライブのNAOTOさんはホントに、見てるこちらからも楽しさが伝わってきますよ。

「バイオリン思って、もっと大人しいの想像してた人もいるんじゃないでしょうか。始めっからこんな飛ばして大丈夫なんでしょうか?ヴィヴァルディ(Harmony Colorsの事ね)もノリノリで…こんなんばっかじゃないですからね~」
お客さんクスクス。

「次もまた3曲続けてやります!エヴァンゲリオンのテーマ曲のTHANATOSと、Etude for Children、Kaleidoscopeです」
おお!全部アルバムの曲だ
ここで、NAOTOさんからの質問タイム。
「エヴァンゲリオン、観てた人!」
パラパラと手が挙がる。
「あれっ?これだけ??社会現象にもなったアニメですよ?」
ちょっと残念そうなNAOTOさん。
エヴァの基本ストーリーは一般知識として知ってるけど、地元局がリアルタイムで放送してなかったから知らないんだよなあ。
「じゃあ、エヴァ好きな人!!」
こちらもパラパラ。やっぱり少ないんだけど…。
「おおー、手挙げてる人そのままで!じゃあ、パチンコやる人!」
もっと挙手の手が減る。
「あっ、やっぱりいらっしゃいますね~。僕、エヴァのアニメが始まって話が何だか良く分からないような頃からこの曲弾かせてもらってるんですよー」
エヴァって、15年も前に始まったアニメですよ…そう考えると、NAOTOさんのキャリアの長さを感じさせられますよね。
だいぶんお若くみえるんですけどね
「今回のアルバム『Prism』を出すにあたって、作曲者の鷺巣さんにお伺いをたてまして、今回アレンジしていただく事になりました」
ですよね!THANATOS、原曲を聴いて「これか!」って思いだしたけど、
アルバムのアレンジバージョンはホントにオーケストラ曲でカッコいいんですもん

この後、続きの曲についてもNAOTOさんから説明があります。
こちらはPrism特設サイトのコメントどおりでした。
てか、私もキモいくらい頭に入ってます(笑)

「『Etude for Children』は、クラシックの手法で作曲しました。アレンジは啼鵬くんです」
クラシックの手法そんな事できるんですか!すげー初めて聞いた時、ホントにクラシックの曲だと思いました。
さすが、音大出身ですもんね。
「"Etude"っていうのは、練習曲の意味です。またこれがつまらない!!もちろん上手くなるためにあるのが練習曲なんですけど、弾いてて楽しくなるような曲を書きました。だいたい小学5,6年生くらいの、これからのバイオリン界を担う子供たちが、必死になればなんとかなるかなくらいの難易度ですね」
いや、かなり難しいと思いますけど
「ちなみに僕もバイオリン初めて今年で34年くらいです」
まじっすか!!私の生きてきた年数より長いわ。
NAOTOさんの年齢からすると、ホントに物心つくかつかないかくらいの時に始められたという事ですね。
「それと、プロのバイオリニストがアンコールチップとして弾いて欲しいですね。クラシックのコンサートでアンコールで演奏される曲って、多くても20、30くらいなんです。クラシックって長い曲もありますから、アンコールで15分も演奏してたらお腹いっぱいでしょ?クラシックの曲を作られた方々はもうお亡くなりになってますし、新しい曲が出てこないですかね。まあそれをクラシックって言うんですけど。この曲は5分くらいなので丁度いいですよ」
なるほど、そういう事を考えていらっしゃるのですね。
POPSのNAOTOさんというイメージが強いけど、クラシックへの想いというのも錚々たるものなんだなあ。
「是非、お知り合いのバイオリニストさんに教えてあげてくださいね。え?演奏できない?大丈夫!ちゃんと楽譜がありますから。ちゃんとピアノと協奏できるようになってるんですよ~。4月に楽譜を出させていただきました!会場にも売っていますので、お知り合いにプロのバイオリニストがいらっしゃるかと思います。是非オススメしてあげてくださいね!」
って、プロのバイオリニストの知り合いなんていません
でも楽譜欲しいな~。
「『Kareidoscope』はシャンプーのいち髪のコマーシャル曲です。ジャズワルツというジャンルになってます。という事で、3曲続けてお聴きください」
-------------------------------
4.THANATOS_E13_NAOTO
どんな風に弾いているのか気になっていたので聴けてよかった!
こちらは短縮でCDの半分だけの演奏でした

5.Etude for Children No.1"Spanish"
こちらはほぼアルバム通りの演奏。
やはり聴いているこちらからにしても、小学生にはちと難しい様な…。

6.Kaleidoscope
アルバムではオーケストラバージョンでしたが、今回はバンド編成なので、
ちょっとアレンジされてましたね。
-------------------------------
「はいじゃあまたここでMCやります。僕、意外と喋るでしょ?演奏よりMCの方が長い時もあるんですよ」
クスクス笑い声がします。お喋り好きとは聞いておりましたが、ほんとにおもしろい☆
出身が出身なだけに、ちょっとはんなりした京都弁っぽい関西弁でしたね。

「福岡にはこの前のイマージュ以来で、あまりツアーには来れてないんですけど、こんなに来てもらえて良かったです。僕達も今夜は博多を楽しみます!」
NAOTOさんの好きな北海道とは真逆ですけど、ラーメンとか美味しいもの食べてって下さいね~

「会場の皆さんにちょっと質問してみましょうか。どこでこの金髪を知ったのか」
おお!挙手式の質問かな??
「今回初めてツアーに来てくれた人!」
パラパラっと手が挙がる。私は挙げなかったんですけど、ライブイマージュだけだからほぼ初めてやな。
「意外と多いですね~。それじゃあ、イマージュで僕を知ったという方!」
はいっ!と手を挙げます。
「今年のライブイマージュ来てくれた人!」
パラパラ手が挙がる。
「おお、来た来た!このイマージュ感、久しぶり~」
会場から笑い声が聞こえます。
イマージュでNAOTOさん見てなかったら多分来てなかったですよ!
「イマージュ、大変なんですよ?」
しみじみ語るNAOTOさん。
「僕、ずっとイマージュオーケストラのコンサートマスターやってまして、今年が初めてメインアーティストとして出演しました。一曲だけ激しいのやりましたけどね(笑)もう次から次に交代して舞台に出ますから、一人当たりの時間ってとっても限られてるんです。こんなに喋れないですしね。楽屋にいる時間の方が圧倒的に長い」
ライブイマージュ裏話だ~
「オーケストラのメンバーだったら一度舞台に出たら、最後まで戻ってこれないんですよ。一番長い時で3時間50分くらいありました。新幹線乗って東京から広島まで行ける時間ずっと演奏。すぐ出てすぐ戻っていくのとどっちがいいのか」
すげー長い!!てか、やっぱオーケストラは大変だ

「はい、この次は皆さんに曲を選んでいただきたいと思います」
って、多数決?
まさに、そのとおりでした。4曲からの選択。
「僕たちもどの曲を演奏する事になるのか分かりません!ですので、決まった後にはちょっと打ち合わせします。では、まずはラフランス、次がHANA、そしてモスキートとR246、好きなモノを選んでください!」
私、正直どの曲も知らなかった(笑)
一曲ずつ挙手で希望の多い曲を選んでいきます。
途中、野鳥の会をやりつつ、どっちが多いか分からないHanaとモスキートの2択。
それでも決まらなかったので、結局お客さん2人でジャンケンになりました。
そこでやーっとHanaに決定。決まった瞬間客席から「やったあ」と叫び声が聞こえてビビるNAOTOさん。
「何?なに?そんな叫んで…Hanaになんかあるの??」
私、最初からモスキートに手を挙げてたのでちょっとだけ残念でした。
「Hana。実はこのツアーで今日が初めてです」
そうなんだ…まあ、これはこれで良かったのかな。
このあと、バンドメンバーの皆様と打ち合わせを始めるNAOTOさん。
「8小節」って、業界用語で「やしょうせつ」というそうです。勉強になります!
-------------------------------
7.Hana
ホントに穏やかな感じで締めくくりましたね。
「ここで演奏出来てよかったね~。ホントに日の目を見ないところでした!!」
こちらも、初めてでしたが、良かったです
-------------------------------
そして再びMCタイム。
ツアーグッズのご紹介がありました。

「この会場の外で、グッズとCD・DVDの販売を行っています」
早々にDVDとクリアファイルは買っといたもんね。他にも色々欲しかったな~。

「クリアファイル、ストラップ、ブレスレット…今腕に付けているこれです」
NAOTOさんの腕には2つブレスレットが。
「オレンジ色がアルバムのイメージカラーで全会場共通で、赤い方が福岡限定の色です!」
うわ~、両方欲しいけど、1つ1000円だもんなあ
そして福岡が何故赤なのか。理由は想像に容易い。
「何故福岡が赤かっていうと…ほら、博多明太子でしょ?」
会場クスクス。単純すぎる選色

「あと扇子もあります」
ああ、例の扇子ですね…。
「クリアファイルとかブレスレットくらいならまだ普通でしょ?でもこの謎の扇子は…後で出てきますからね~」
欲しいけど1500円はな~
「今回は扇子をしまうケースまで付けてみました!」
あうあ~!欲しい!!

「それから、今日は売ってないんですけど、僕、オリーブっていうバイオリンの弦のイメージキャラになりまして」
NAOTOさんがバイオリンをウクレレのように持ちながらポロンと弦を弾く。
バイオリンの弦かあ…この購入者って、かなり限られてるよね。欲しくてもどうしようもないしな(笑)

「このオリーブの弦は世界中の著名なバイオリニストが愛用しているもので、こうやってアーティストがパッケージになるというのは初めてなんです」
おお!すごいな!!私そのパッケージだけでいいから欲しいよ
「このイメージキャラに選ばれたとたん、色んなバイオリニストに『スゴイ!!』と言われてですね~。僕と同じようにポップスを弾いてるバイオリニストいるじゃないですか、チリチリ頭の…」
会場爆笑これは葉加瀬さんの事ですな~。
「彼とは30年くらいの付き合いなんですけど…」
マジッすか!!子供のころからの付き合いなんだ~。だから太郎くんなんて呼んでるのかあ。
そういえば、お二人とも大阪人。
「彼から『なあ…どうやったら(パッケージに)載れるの?』って聞かれまして」
ウケるわ(笑)葉加瀬さん、羨ましそう…。
「『俺もこの弦使ってるんやけど、何とかならんか?』って。何とかならんかって、自分で何とかしなさいよ~。あなたの方が有名なんだから」
葉加瀬さんってその場に居なくても面白い人ですね。
うーんパッケージならやはりNAOTOさんの方が絵として映えるって事かな。

東日本震災について触れる。
「あの大きな震災から3ヶ月が経ちました。僕はあの後、しばらくバイオリンを弾く気にもなれなかったし、何もできないっていう無力感をあじわいました。」
NAOTOさんの気持ちがすごく伝わってきました。
「こんな時に、この前福島に行ってきました。そこで『来てくれてありがとうございます』って言われた時は嬉しかった。こっちもこんな時にバイオリンを聴きにきてくれありがとうと思いました」と。
ここ九州にいる人間からすると、現実味がちょっと薄れるかもしれない。
確かにショッキングな出来事ではありましたが。
この後弾く曲は、震災復興への想いというものが感じられました。
-------------------------------
8.Progress
NAOTOさん初心者なもので…こちらも初めて聴きました。
この曲名の意味を調べたら、「進歩」らしいですね。震災から気持ちを強くもって復興しようという事かな?

9.tomorrow
アルバムの中では印象薄いなんて言ってすいません
前向きですごく良いではないですか!これ作られたのは震災前ですけど…。
スポットライトの使い方がかっこよかったな。

10.for you
これも初めて。47都道府県ツアーってやってらっしゃったんですね…。
知らなかったー!
-------------------------------
「ライブもそろそろ後半戦となりました」
ええ、ここで半分なんだすっごい盛りだくさんな前半でしたね。

「はい、ここで盛り上がる曲をまたやります」
ガサガサ周りが動き出します。あの謎のライブグッズの出番か!

「みなさん、ここで何故かライブグッズにある扇子を使う時になりました!!」
来ました来ました。周りのお客さん達が扇子を準備し始めます。

「ここでも売ってるんですけど、いつもライブでは扇子を作ってるので違う柄の方もいますね~」
確かに、微妙に柄の違う扇子がチラホラ。ああ、やっぱ買えば良かったかな…。
しかし今からホールを出る訳にもいかないしな。

「扇子をお持ちの方は手に取って振って下さいね!」
バンドメンバーの方も皆持ってらっしゃいます(笑)
もちろんNAOTOさんも。

「盛り上がってるー?」

「いえい!」

「ちょっと元気ないな~。盛り上がってるー??」

「いえい!!」
お客さんも声を大きくします。
扇子に同様して上手く乗り切れてない私。

「もっともっとー!盛り上がってるー??」

「いえい!!!」

このくらい掛け合いをやったところで音楽が始まりました(笑)
-------------------------------
11.ASIAN DREAM
こちらの曲はNAOTOさんのライブでは定番の様です。
皆さん分かっていらっしゃるように、手荷物から扇子を取り出します。
「ASIAN DREAM」と書かれた。
音楽が始まるとまるでジュリアナ東京の如く扇子を振り始めるお客さん達。
私の目に入ったお客さんは恐らく7割以上がその扇子を持っていてかなり焦る
ヤバい!乗り切れてない(笑)と思ってふと後ろを振り返ると、扇子持ってる人少なかった。
そうか…客席の前の方に座っている人達はファンクラブ会員とか、NAOTOさんの熱心なファンの人が多いからか!と一人で納得。
今度ツアーに行くことがあったら扇子入手しよう。
タイトルの通り、ほんどASIANな曲でしたね。バンドメンバーの皆様も楽器置いて扇子振ったり、
みんなでchoo choo trainダンス。NAOTOさんもバイオリン弾きながらグルグル(笑)

12.ICE
キーボード担当の松本圭司さんがアレンジャーなんですよねこれ!
作曲したNAOTOさんと編曲者松本さんの両社による生演奏って贅沢ですよね?
かっこいー!!

13.Si-So ♪ Dance
こちらも定番曲です。「ブリッジ演奏」でおなじみ。
もうみんなASIAN DREAMから立ちっぱなしでノリノリなんですけど、
ブリッジの直前になると、NAOTOさんが客席に向かって座る様に促す。
みなさん指示通りに座ります。けど良く見えなかった…。
ブリッジを終えるとまたお客さん達総立ちでジャンプしながら手拍子です
こんなんバイオリンのライブで考えられます?すっごい盛り上がりですよ?
-------------------------------
大盛り上がりのホール。みんな立ったままです(笑)
一息ついてNAOTOさんのMC。
「ライブの曲も残すところ、2曲となりました」
最後といえば、まだ演奏していないあの曲ですよね?
NAOTOさんの定番曲と、このツアータイトルの…。どっちからくるかな?

「みなさん、本当にありがとうございます!最後まで楽しんで下さいね!」
なんだかんだで、やっぱりあっという間だったな…。
-------------------------------
14.Sanctuary-5th Anniversary Ver.-
こっちからきたかー!最後に聴きたかった気もするけど、まあタイトル曲を後なのかな。
演奏には鳥肌が経ちました!!
この曲がやっぱり大好き。ここが原点だったんだ。
ロックなんだけど、間奏部分あオーケストラバージョンの時のメロディーでちょっと嬉しかった。

15.Prism
このタイトル曲です。やはり最後に持ってこられましたね~。
この曲も好きだー!
-------------------------------
演奏をし終えたNAOTOさんは、深々と一礼して舞台袖へと戻っていかれました。
続いてバンドメンバーの皆様も。
スタンディングオベーション。というか、みなさん演奏中から立ちっぱなしなんですけどね。

パチパチパチパチパチパチパチパチ。鳴りやまない拍手。

その拍手はしばらくしてパンパンパンパンパンパンと手拍子に変わる。
数分たった後、NAOTOさんが再登場。衣装チェンジしてる!何だか文字が書いてあるシャツを着てる?
「どうもどうも~アンコールありがとうございます」
にっこり笑顔のNAOTOさん。
もうアンコールはステージのお決まりの項目ですよね。
それにしてもTシャツが気になる。。。

「このTシャツについて説明した方がいいですかね?今回ツアーシャツは作らなかったもので、僕の友人であるナンチャンがデザインしたこのシャツをライブで着させてもらえるようお願いしました」
「気にするな 気になるから」って書いてある!
「このシャツもいずれ発売になるでしょう…って、人のシャツの宣伝なんかしちゃってますが!」
Tシャツ、ちょっと欲しいじゃないですか~。

「ここで皆さんに2つお知らせがあります。今年の11月にコンサートサイドやります!これは東京・大阪だけなんですが、良かったら来て下さい!」
ライブでなくてコンサートかあ。聴きたいな。でも福岡じゃない…。

「それと僕、『お茶』を出します!やっと情報オープンになったんでお知らせします!」
食べ物のプロデュースもやってらっしゃるNAOTOさんですものね。
最初にもらったチラシの束にも告知が入ってたし~。
NAOTOさんが後ろに置いていたタンブラーを手に取ります。
「いつも演奏中に飲んでるドリンク。って、中身見えないんでこうやって持っても仕方ないけど…これジャスミンティーなんですよ。今度出すお茶もジャスミンティーです」
へ~そうなんだあ。普通にウーロン茶か緑茶かスポドリあたりかと思ってました!
「その名も、『ナオティー』です。そのうちHPに情報が出ると思いますので宜しくお願いします」
これはある意味良いネーミングか?
-------------------------------
アンコール

16.You Are Not Alone
言わずと知られた、MJの名曲です。そういえば、開演前もかかってた。
そして昨日で2周忌でしたね。慰められるような優しい演奏。
ギター、キーボードとご一緒に。

17.Sailing
これはアルバム最後から2曲目ですね。
ベースとドラムも加わって演奏です。
優しいこの曲が、締めくくりに相応しい。曲順、本当によく考えられているです。
みんなじっと聞いてます。

『Prism』の曲はほぼ全て演奏されたなー。あと出てきてないのは…
と、思いながら席を立ったら『WAIT UNTIL DARK』が流れてきた!アルバムコンプリートだ(笑)
これで終了。この後は握手会です♪

DVDを買ってもらった握手会のチケットを握りしめ、行列に並ぶ☆
ざっと、100人は握手会に並んでいたんじゃないかな…。
あわよくばと、カメラ持って、写真撮影かサインもらえるかな…と期待してたけどダメでした~。
同じ事考えてた人、何人か居たみたい。でもみんなマナーしっかり守ってました。
それも99%は女性だった…さすが!
「楽しかったです!ありがとうございました!!」と声にならない声で言うものの、聞こえてない気がする。。。
握手出来たのはほんの2、3秒だけでしたが、慈悲に満ちた笑顔で「ありがとうございました」と言って頂きました!!
あんな尊い方と握手していただけて感無量。笑顔も素敵だった


そして、NAOTOさんの人間性にもかなり惹かれた!
やはりその道の第一線で活躍されている方はプロ意識が半端ないなと。
プロであるからには音楽も楽しいばかりではないでしょう。
その中で最高のパフォーマンスをして感動を与える。
それをヴァイオリンという楽器で表現する。こんなに感動してます。
音楽へのひたむきさがヒシヒシと伝わってくる演奏でした

私、どれだけプロ意識持って仕事に取り組んでるんだろう?
どれだけ熱意込めてやってるだろうか。
まだまだ努力が足りないよな。もっと熱くならないと。
演奏聴いて勝手に自己反省モード
NAOTOさんの様な人間になりたい。
…と、色々書きましたが、大満足のライブでした

NAOTOさんのライブ後はやっぱりカレーな気分ですよね
スープカレーのお店が見当たらなかったので、NAOTOさんが福岡に来られたのを祝して、
門司港名物の焼きカレーを食べました☆

パルコの地下のレストラン街にて。初めてここで食べた!



は~、良かった。
余韻に浸りつつ、DVDもゆっくり観るぞ。
またしばらく頑張りたいと思います

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テスト終了

2011-06-26 17:19:46 | Weblog
TOEICオワタ!\(^O^)/
明らかな勉強不足と集中力のなさ。
500下回ってそうな雰囲気!
きちんと対策打たないとな。

まぁ、何はともあれ今からNAOTOさんのライブ♪
アルバム聴いて気持ちを上げる!
とにかく楽しんでこよう~☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Prism☆(3)

2011-06-25 21:57:27 | ホビー

明日、NAOTOさんのライブです!
慌てて『Prism』のレビューの続きを書く。



9. Stardust
アルバムの中でも1、2番目くらいに好きな曲です。
タイトルどおり、星間飛行しているかのようなスピード感あふれる曲調です!
もともとはバラードのつもりで曲をつくられたそうですが、編曲が神
主旋律はとっても切ない。トランペット(?)のメロディーで盛り上がる。
でもそれが切なさをとても際立たせていて良い

10. tomorrow
ホテルのCM曲とな?うん、ゴージャスというか、ポジティブさの溢れる曲ですね。
正直…このアルバムの中では印象が薄い方ではありますが
前テレビのBGMで流れてて、すかさず反応しました。
やっぱそれくらいは聞きこんでるんですよね…。
確かに、テレビでも使い勝手が良さそうな感じかな。
つらい時はこの曲で元気になろう!

11. Sailing
Sailingっていうと、船出とかそんなワードが思いつきます。
となると豪快でドキドキ、ワクワクな曲なのかなと思いきや、
全然違ってて穏やか~な曲です。
ゆったりと、ゆっくりと船が進んでいく感じ。
そして何か波乱があってもどっしりとしていて…。
こういう心構えを持ちたいなって人物像に合いそうなイメージでした!

12. Sanctuary -5th Anniversary version-
NAOTOさんの原点!だと思う曲。
興味を持ち始めたのもこの曲がきっかけでございます。
imageで聴いたとき、メロディーの優しさに感動しました。
本当に心が洗われるようなバイオリンの音色。
私はオーケストラ調のサンクチュアリから入ったので、やはりそちらの方が好きなんですけど、
本当の原曲はこちらに近い感じなのかな?ロックバラードとの事でしたし。
ロックってどんな風になるのか分からなかったけど、こちらも良いですね☆
メロディーラインは一緒ですし、やはり優しい。
アルバム締めくくりに相応しい曲です。この音楽に会えて良かった。



という事で、ぐーたらなレビューは終了!
明日のライブを楽しむぞ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もう昼!

2011-06-25 13:32:38 | Weblog

おわっ!この調子だとボーっとしたまま1日が終わってしまう!!
TOEICの勉強もしなきゃいかんのだけど、提出書類が溜まっている…。
今から会社行ってさばいていこうかな…そしてお勉強も。

会社携帯で業務外の電話を休日にするなっての!
仕事の電話だってしょっちゅうかけないのにさ~。

お洗濯して、トマトの水遣って、さて、急いで取りかかるとしますか。

そして明日は敬愛するNAOTOさんのライブを楽しむ☆

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

さらさらりー

2011-06-24 23:57:58 | Weblog

暗い話をさらっとつぶやいて何事もなかったように流す。

一週間経過し、
実家の父の様子も落ち着いたようで、
後は元通りに回復する事を祈る。

本人のためというよりは、他の家族の精神衛生上のため。
まー、悪いのは本人の不注意の招いた事だからな。

とりあえず、想定してた最悪パターンは免れるか??
だいたい、考え得る最悪の状況を想定していると、それより悪い事は起こらない。
ネガティブ思考は良くないのですけどね。
今後、こういう事のないようにリスクは取り払いましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加