雪害の記録 2006 Apocalypse

君死にたもうことなかれ

(ヤンマー)次の一手?

2005年08月28日 | 農業サポートセンター
次世代農機具は植物油で動くか?その前にイタリアでも1/2減速E/Gつくってよー。。。 . . . 本文を読む
コメント (1)

(ご連絡)更新作業休止のお知らせ

2005年08月28日 | 天牢雪獄(雪害の集計)
毎日のお仕事ご苦労様です。 戦略拠点移動に付き、本ブログの更新作業を休止いたします。 休止期間は、8/29-9/3を予定しています。 本職の状況によっては休止期間を延長いたします。 なお、雪工学会の速報として、本ブログを集計したものが掲載されました。 雪工学会の会員の皆様は、一度ご参照ください。 とかく雪屋は冬しか見ませんが、農業情勢に着目して雪消えからのニュースをも収集してまいりました。 . . . 本文を読む
コメント (1)

(青森)ホタテリンゴ融雪剤、青森に工場

2005年08月28日 | 雪害の記録04-05
ホタテ貝殻とリンゴ搾りかすを活用した、融雪剤の製品化に取り組んでいる青森市の「青森エコサイクル産業協同組合」が、農林水産省から約五億六千万円の補助金を受けて、同市の中核工業団地に融雪剤の製造施設を建てることになった。市も用地取得費の20%(約千五百万円)を助成する予定で、来年春の操業開始を目指している。  製造施設の建設費は十一億二千七百万円で、うち二分の一が、農水省の「バイオマスの環づくり交 . . . 本文を読む
コメント

(雪屋)町屋 敦司さん 雪国科学社長

2005年08月28日 | 雪害の記録04-05
雪国科学。「いったい何をやっている会社?」と思わせる社名だ。町屋敦司社長(52)がサラリーマン時代、長岡で雪かきをしていてひらめいた。社業の原点には、お年寄りを、除雪の重労働から解放できないか、という思いがある。が、脱サラしたものの、起業、そして経営が軌道に乗るまでは楽ではなかった。新潟市荻曽根1丁目の本社で、特許技術を生むまでの苦労話を聞いた。      ◇  大学農学部卒業後、長野県内の食 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

(交通)交通流を考えるハイテク信号機、2006年度から導入

2005年08月28日 | 環境一般
警察庁は22日、交通量を事前に予測し、信号機の表示サイクルを適度に調整し、全体の流れを良くすることで渋滞発生回避を図る「プロファイル信号制御方式」を採用したハイテク信号機を2006年度から導入することを決めた。モデル事業として全国2地域を選定し、効果測定を行った後に本格導入する方針だ。 この信号機は、信号機の制御機をLANで接続。各信号機に設置されたセンサーで通行する車両の台数を測定。その結果を . . . 本文を読む
コメント

(バイオマス)補助金 概算要求に40億円 経産省方針

2005年08月28日 | 環境一般
経済産業省は二十七日、温室効果ガスの増加を抑えるバイオマス熱利用を促すため、平成十八年度に新たな補助事業を創設する方針を固めた。企業や自治体の取り組む実証実験の半額を負担する狙いで、十八年度予算の概算要求に四十億円を盛り込む。京都議定書の二酸化炭素(CO2)削減目標の達成には、バイオマス熱利用を現在の約四倍に拡大する必要があるためだ。  具体的には、バイオマス熱利用の導入と商用化を目指す企業や自 . . . 本文を読む
コメント

(防災グッズ)用意万全? 「中越」「宮城」で売り上げ急増

2005年08月28日 | 防災一般
携帯充電ラジオライト・鉄板入りスリッパ…  九月一日の防災の日を前に、百貨店やスーパーが防災グッズの品ぞろえの充実に本腰を入れている。地震や台風といった自然災害の発生が相次いでいるため消費者の関心は高く、例年以上の売り上げ増となる勢いだ。(森田晶宏)  今年の防災グッズ商戦の傾向は、電気やガスなどのライフラインが止まっても使える日用品が増えていること。平成七年の阪神大震災や昨年十月の新潟県中越 . . . 本文を読む
コメント

(海洋研究)数値シミュレーションモデルで大型クラゲの来遊を予測

2005年08月27日 | 環境一般
数値シミュレーションモデルで大型クラゲの来遊を予測 -大型クラゲ対策に朗報- 【要旨】  独立行政法人水産総合研究センターでは、農林水産省の「先端技術を活用した農林水産研究高度化事業」において大型クラゲの来遊予測手法の開発に取り組んでいる。その一環として、九州大学応用力学研究所と共同で数値シミュレーションモデルによる研究を実施し、今年度のこれまでの来遊状況を再現するとともに、9月中旬までの予測 . . . 本文を読む
コメント

(東京)『〇秒後に震度6』で何ができる? 東海地震なら『あと40秒』

2005年08月27日 | 防災一般
震度6弱を記録した宮城県沖発生の地震で、仙台市内では最新の予測システムにより、大きな揺れの十六秒前に速報に成功した。今後、住民へ直前に予想震度を伝えるシステムとして、一般家庭にも普及が期待できるという。それにしても大地震まで「あと…秒」の急な知らせ。どう役立て、何ができるか。  「直前予知」に成功したのは、気象庁が全国の民間企業や大学など約百四十施設に試験的に配信する「緊急地震速報システム」。仙 . . . 本文を読む
コメント

(東京)飲み水確保に不安 『帰宅支援マップ』を手に…やってみた

2005年08月27日 | 防災一般
今月発売された地図「震災時帰宅支援マップ 首都圏版」(昭文社)が人気だ。大地震が起きたとき、勤め先から自宅まで帰る道順が記されている。都心では自宅まで帰れない「帰宅困難者」が大量に発生するといわれている。訓練のつもりで、震災マップ片手に実際に歩いて帰宅を試みた。 ●体験ルポ  今回、記者が歩いたのは、品川にある本社から川崎までの約十二キロ。ルートは会社から一番近い国道15号を選択した。  最 . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (2)

(和歌山)トマト黄化葉巻病発生 御坊市中心に拡大

2005年08月27日 | 農業サポートセンター
ウイルスを運ぶシルバーリーフコナジラミ  全国でトマトを中心に被害をもたらしているトマト黄化葉巻病が日高地方でも発生していることが分かった。昨年9月に県下で初めて日高町で確認され、いまは御坊市を中心に被害拡大が懸念されている。日高地方病害虫防除対策協議会は、農家への啓発チラシ配布などで防除対策を呼びかけている。 体長0.8ミリのシルバーリースコナジラミがウイルスを運び、トマトやミニトマトなどの株 . . . 本文を読む
コメント

(大阪)毒グモにかまれて女性負傷

2005年08月27日 | 環境一般
(急いで口で吸え!) 大阪府は26日、同府岸和田市に住む女性(57)が自宅で毒グモのセアカゴケグモにかまれてけがを負ったと発表した。腫れや痛みはあるが、快方に向かっているという。  府環境衛生課によると、女性は同日午前7時ごろ、左ひじに痛みを感じて起床し、枕元でクモを発見。クモを持参して近くの病院で手当てを受けた。保健所が女性の自宅近くを調べたところ、側溝や公園などで2、300匹以上のクモが見 . . . 本文を読む
コメント

(海洋)エチゼンクラゲを追って~対馬 萩~

2005年08月27日 | 環境一般
対馬の海底を水中撮影しリポートする中川隆氏は「すごいなこれは。網がびっちり埋まっています。全部クラゲだ。クラゲの壁ですよ」。 小さいもので30cmほど。網の中の魚も異変を感じて逃げ惑っていた。 エチゼンクラゲは日本近海で最も大きなクラゲ。最大で傘の直径2m、重さは200㎏に達する。一昨年、日本海沿岸で異常発生し、漁業に甚大な被害をもたらした。 そして今年、そのクラゲが長崎県対馬に現れた。ここで目に . . . 本文を読む
コメント

(農水省)国産農作物の輸出促進費を倍増・農水省が概算要求

2005年08月27日 | 農業サポートセンター
農林水産省は26日、2006年度予算の概算要求をまとめた。国産農作物の輸出を促進する費用は今年度の約2倍となる13億3200万円を計上し、今後5年間で輸出額の倍増をめざす。  概算要求の総額は3兆2996億円と今年度予算に比べて11.2%増。農道整備などの公共投資関係費は1兆6741億円、省庁の判断で使える裁量的経費は8542億円となった。  個別の項目では、強い農家を育成するため、担い手に補 . . . 本文を読む
コメント (1)

(宮城)オリジナル防災マップ作ろう 仙台で11月コンテスト

2005年08月27日 | 防災一般
 日本自然災害学会は仙台市青葉区のせんだいメディアテークで11月19日に開くオープンフォーラムの一環として、「地域のオリジナル防災マップコンテスト」を実施する。  マップ作りを通して自然災害への理解を深め、地域の危険個所確認を支援するのが狙い。地域の危険性を自分たちの視点でつかんでいるかどうか、防災力向上に結び付く提言の有無、表示法の工夫などを評価する。  参加対象は小中高校や会社、地域単位で . . . 本文を読む
コメント