雪害の記録 2006 Apocalypse

君死にたもうことなかれ

(新潟)旧山古志村では「雪掘り」と呼ぶ、除雪作業が3回目

2005年12月21日 | 雪対策(技術開発・利雪・克雪)
12月として記録的な降雪量で19日に豪雪対策本部を設置した新潟県長岡市の山古志支所。その山古志地域で最も雪深い地域といわれる種苧原(たねすはら)地域は、先週に北日本を覆った今年一番の寒波の影響を受けて既に200センチを越す積雪量だ。長岡市内の仮設住宅で生活する種苧原地域の住民や既に同地域で生活を始めている人たちは20日、午前中の天気の良い時間を見計らって除雪作業に精を出していた。

 種苧原地区過去20年間の最深積雪量の平均は308センチ。この地域では「雪下ろし」と呼ばずに「雪掘り」と呼ぶ。まさに雪に埋もれた住まいを掘り出すような雪深い地であるからだ。19年ぶりに400センチの積雪量を記録した昨年(04年)12月でさえ、雪が積もり始めたのは12月20日過ぎというから、既に200センチを越す降雪量はこの先どこまで記録を更新するかわからない勢いだ。

 仮設住宅から70世帯約160人が、山古志地区に戻って生活しており、種苧原地区ではそのうち10世帯ほどが生活しているといわれているが、12月に降る記録的な豪雪のために仮設住宅との行き来に切り替えた人も多いという。19日から「雪掘り」に来た草間幸満さんは「昭和38(1963)年、小学生だったころの5メートルを超える豪雪のときは、電線をまたいで渡った覚えがありますが、12月のこの時期に2メートルを超えはしませんでした。この先どこまで積もるか思いやられます」と話した。

ライブドアニュース
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (新潟)山古志の雪の多さも... | トップ | (石川)七尾かぶら寿し「雪... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雪対策(技術開発・利雪・克雪)」カテゴリの最新記事