雪害の記録 2006 Apocalypse

君死にたもうことなかれ

(滋賀)県内で死亡事故相次ぐ

2005年12月21日 | 道路・航空・鉄道・海上事故
けさ、長浜市と湖南市で交通死亡事故が相次ぎ、2人が死亡しました。きょう午前5時すぎ、長浜市の北陸自動車道上り線で大型トラックが渋滞中の最後尾の大型トラックに追突するなど、車3台が関係する事故がありました。この事故で、追突した大型トラックを運転していた京都府木津町のトラック運転手・渡部剛さん(32歳)が全身を強く打ち、まもなく死亡しました。事故当時、北陸自動車道上り線は、長浜インターと米原インターの . . . 本文を読む
コメント

(広島)安芸灘大橋事故 凍結への不備露呈

2005年12月21日 | 道路・航空・鉄道・海上事故
呉市川尻町と対岸の下蒲刈島(同市下蒲刈町)を結ぶ有料の安芸灘大橋(全長約一・二キロ)上で五日早朝、軽トラックの同市内の船員男性(52)が凍結によるスリップが原因とみられる事故で死亡し、二〇〇〇年の開通後初の犠牲者となった。橋には凍結防止剤がまかれておらず、設置してある電光掲示板にも「凍結注意」の表示はなかった。同橋の、冬場の安全対策に問題点があることが浮かび上がった。(新山創)  本土側に向かっ . . . 本文を読む
コメント

(兵庫)凍結路面で急ブレーキ効かず? 女性はねられ死亡

2005年12月21日 | 道路・航空・鉄道・海上事故
17日早朝、兵庫県神戸市西区内の市道で、路面凍結によって立ち往生していたクルマを点検していた女性が、後方から走ってきた普通トラックにはねられる事故が起きた。女性は頭部強打が原因で死亡している。 兵庫県警・神戸西署によると、事故が起きたのは17日の午前6時30分ごろ。神戸市西区櫨谷町池谷付近の市道で、凍結した路面によって走行不能になった乗用車を点検していた53歳の女性が、後方から走ってきた普通トラ . . . 本文を読む
コメント

(石川)車道の歩行者跳ねられ重体

2005年12月21日 | 道路・航空・鉄道・海上事故
(道路脇の雪堤が障害か?) 石川県白山市で、車道を歩いていた27歳の女性が後ろからきた車にはねられ意識不明の重体になっています。事故が起きたのは、白山市末広2丁目の松任中学校前の県道です。20日9時ごろ、白山市倉光の工員、山本幸恵さんが車道の左端を歩いていたところ、後ろから来た普通乗用車にはねられました。山本さんは頭を打つなどして意識不明の重体です。車を運転していた47歳の男性会社員は警察の調 . . . 本文を読む
コメント

(秋田)大雪:羽越線の運休相次ぎ、秋田道は一時通行止め 秋田で最大瞬間風速14m 

2005年12月20日 | 道路・航空・鉄道・海上事故
この冬一番の寒気の影響で、県内は19日も降雪が続き、秋田市では最大瞬間風速14メートルを記録するなど一時、大荒れとなった。鉄道や航空機が運休・欠航したほか、秋田自動車道や東北自動車道が通行止めになるなど交通機関に影響がでた。けが人などはなかった。秋田地方気象台によると、19日午後5時現在の24時間降雪量は由利本荘市矢島町22センチ▽北秋田市阿仁合19センチ▽横手市17センチ。同日の最大風速は秋田市 . . . 本文を読む
コメント

(新潟)大雪:交通網に乱れ 運休相次ぎ、影響8000人--JR 

2005年12月20日 | 道路・航空・鉄道・海上事故
19日の県内は、引き続き、この冬一番の強い寒気による大雪の影響で、交通網などが乱れた。  JR東日本新潟支社によると、上越線越後中里(湯沢町)―六日町(南魚沼市)間の下りで午前6時半ごろから約3時間、六日町―越後湯沢(湯沢町)間で上下線あわせて午後1時から約3時間運転を見合わせた。これに伴い、特急4本、普通22本が運休。その他、在来線でも計21本が運休し約8000人に影響がでた。  県警高速隊 . . . 本文を読む
コメント

(富山)北陸自動車道で死亡事故

2005年12月20日 | 道路・航空・鉄道・海上事故
 19日遅く魚津市の北陸自動車道で、横転していた軽自動車に大型トラックが追突し、軽自動車を運転していた滋賀県の男性が死亡しました。  19日午後11時半過ぎ、魚津市六郎丸の北陸自動車道下り線で追い越し車線の中央付近で横転していた軽自動車に、大型トラックが追突しました。  この事故で、軽自動車を運転していた滋賀県大津市の運送業、宮本孝一さん(59歳)は全身を強く打ち、外傷性ショックのため死亡しま . . . 本文を読む
コメント

(滋賀)北陸自動車道上り線で追突事故

2005年12月20日 | 道路・航空・鉄道・海上事故
20日午前5時15分ごろ、滋賀県長浜市榎木町の北陸自動車道上り線で、八幡市上津屋中堤、運送業「ネキスト」京都営業所の大型トラック=渡部剛運転手(32)=が、渋滞で前方に止まっていた大型トラックに追突するなど、3台がかかわった玉突き事故があった。渡部さんは死亡し、直接、追突された大型トラックの運転手(58)は軽傷。  滋賀県警高速道路交通警察隊の調べでは、事故当時は少し雪が降っていたという。詳し . . . 本文を読む
コメント

(広島)大雪の影響で事故多発

2005年12月20日 | 道路・航空・鉄道・海上事故
17日からの雪の影響で県内各地ではスリップ事故など、370件の交通事故が起きました。19日午前7時、東広島市八本松町の県道でスリップした大型トラックなど3台が関係する事故が起き、1人がケガをました。広島県警のまとめによりますと、17日午前0時から19日午前7時までの間に、県内で雪が原因で起きた交通事故は、あわせて369件です。この内、人身事故は30件で、ケガ人は37人に上っていますが、いずれも軽傷 . . . 本文を読む
コメント

(鳥取)トンネル出たら凍結路面…トラックとバスが正面衝突

2005年12月20日 | 道路・航空・鉄道・海上事故
15日朝、鳥取県鳥取市内の国道9号線で、対向車線側に逸脱した普通トラックと、路線バスが正面衝突する事故が起きた。この事故でトラックを運転していた55歳の男性と、バスの女性客2人が軽傷を負った。 鳥取県警・鳥取署によると、事故が起きたのは15日の午前8時40分ごろ。鳥取市福部町付近の国道9号線で、55歳の男性が運転する普通トラックが湯山トンネルを出た直後に凍結路面でハンドルを取られ、そのまま対向車 . . . 本文を読む
コメント

(福井)長大トンネル内の渋滞で一酸化炭素中毒に?

2005年12月20日 | 道路・航空・鉄道・海上事故
15日夜、福井県敦賀市内の北陸自動車道で、大雪の影響によってトンネル内の換気装置が停電のためにストップし、渋滞によって長時間トンネル内に取り残されたクルマの運転者などが体の不調を訴えるトラブルが起きた。一酸化炭素中毒とみられている。 福井県警・高速隊によると、トラブルが起きたのは15日の午後8時ごろ。敦賀市杉津付近にある北陸自動車道・杉津パーキングエリアに入ったクルマに乗っていた人たちから「気分 . . . 本文を読む
コメント

(宮城)寒波で凍る交通網 JR遅れ高速道通行止め 宮城

2005年12月20日 | 道路・航空・鉄道・海上事故
 強い冬型の気圧配置となった影響で雪や寒波に見舞われた宮城県内は19日、JR各線のダイヤが大幅に乱れるなど交通機関に大きな影響が出た。登下校に支障が出たため、臨時休校したり、授業時間を変更したりする学校も多かった。  最低気温は栗原市駒ノ湯が氷点下9.1度になったのをはじめ、気仙沼同6.0度、石巻同5.3度、仙台同3.9度など、県内の観測地点18カ所のうち8カ所で今冬一番の寒さ。18日の降り始め . . . 本文を読む
コメント

(京都)トラックと衝突、6人死傷 京都、雪で滑りはみ出す?

2005年12月19日 | 道路・航空・鉄道・海上事故
 18日午後1時ごろ、京都府三和町菟原中の国道9号で京都市西京区御陵峰ケ堂町、会社員宮崎秀二郎さん(53)のワゴン車が対向車線にはみ出し、大阪府富田林市美山台、運転手幸田政美さん(49)のトラックと正面衝突した。  宮崎さんの妻ふき子さん(50)と、知人で同乗の京都市上京区竪門前町、山口雅代さん(23)が頭や胸を強く打ち死亡。宮崎さんが手首を折るなど計4人が重軽傷を負った。  福知山署の調べで . . . 本文を読む
コメント

(西日本)近畿・中四国の交通乱れる/スリップ事故や停電も

2005年12月19日 | 道路・航空・鉄道・海上事故
強い寒気による雪の影響で、近畿や中四国地方でも18日、新幹線が遅れたり高速道路が通行止めになるなど交通機関が乱れた。  JR山陽新幹線は相生-岡山間と三原-新下関間で徐行運転し、順次通常運転に戻したが、上下計142本が最大51分遅れ、約6万人に影響した。  在来線も山陽線や伯備線、土讃線などで運休や遅れが出た。  中国自動車道、播磨自動車道、徳島自動車道など各地の高速道路で通行止めが実施され . . . 本文を読む
コメント

(滋賀)雪が落ち、敷石跳ねる? 特急の窓ガラスにひび

2005年12月19日 | 道路・航空・鉄道・海上事故
 18日午後2時50分ごろ、大津市のJR湖西線堅田-雄琴間を走行中の金沢発大阪行きの特急電車「雷鳥22号」の車掌が、扉の窓ガラスが割れているのを見つけ、雄琴駅に臨時停車した。乗客らにけがはなかった。  JR西日本によると、ガラスはクモの巣状にひび割れ、中心に20-30センチの穴が開いていた。電車についた雪が走行中に落ちた際、線路上の敷石を跳ね上げたことが原因とみられるという。  北陸地方の雪の影響 . . . 本文を読む
コメント