雪害の記録 2006 Apocalypse

君死にたもうことなかれ

(新潟)「山古志らしい」復興住宅モデル 住民に提案

2005年12月21日 | 天地蘇生(中越復興)
(ドーム型克雪住宅も) 新潟県中越地震で現在も復興活動が続いている旧山古志村の住宅支援として、同県長岡市・都市整備部建築住宅課は新たに新築を考えている住民に「中山間地型復興モデル住宅の考え方」を提案している。“山古志らしい”や“雪と上手に付き合う”などのコンセプトに基づき、数棟まとめての受注することで、構法、材料、設備を共通化し、また、地域の住宅生産者や建材メーカーの協力を得るなどの行政支援を利用 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

(新潟)仮設住宅の空き部屋「自習室」に 長岡市、中学生に提供

2005年12月16日 | 天地蘇生(中越復興)
仮設住宅の空き部屋を中学生の勉強部屋として貸し出す。新潟県中越地震で被災した長岡市が12月からそんな試みを始めた。昨年10月の震災から約1年2カ月。仮設住宅から退去する被災者が増え、一方で仮設住宅で暮らす被災者から「部屋が狭く、子供が勉強に集中できない」という声が出ていた。  高校受験を控える長谷川達也さん(14)=長岡市立山本中3年=の自宅は震災で全壊し、いま修理中だ。家族5人が3Kの仮設住 . . . 本文を読む
コメント

(新潟)新潟中越地震:市民が復旧状況視察 今年最後、60人参加--旧山古志村 

2005年12月16日 | 天地蘇生(中越復興)
中越地震で被災した旧山古志村の復旧状況を見て回る「国道291号震災復旧工事現場視察会」(国土交通省長岡国道事務所主催)が行われ、同事務所が一般公募した市民60人が参加した。  許可証がないと入山できない地域とあって、過去4回は定員60人に対し66~225人の応募があった。年内最後となる5回目の今回も同60人に対し、156人が応募。抽選で参加者が決められた。  一行は3台のバスに分乗して小千谷市 . . . 本文を読む
コメント

(雪と酒と)長岡市の日本酒蔵元、銘柄集めカップ酒セット

2005年12月10日 | 天地蘇生(中越復興)
長岡小売酒販組合青年部(新潟県長岡市)は来年1月の栃尾市などとの合併後に長岡市内の日本酒蔵元が17社と一つの市としては質、量ともに全国有数の酒どころとなるのを記念して、カップ酒を扱っている蔵元16社の銘柄を集めたカップ酒セットを発売する。新潟県中越地震で被災した各蔵元の復興祈願も込めた。  セットに入る蔵元は県内出荷量1位の朝日酒造をはじめ、池浦酒造、お福酒造、恩田酒造、河忠酒造、越銘醸、住乃 . . . 本文を読む
コメント

(新潟)仮設入居12%が生活再建未定

2005年12月09日 | 天地蘇生(中越復興)
 中越地震の被災者生活再建状況の調査結果が8日、公表され、仮設住宅入居世帯のうち12%の世帯が生活再建のめどが立たない「未決定」と答えていたことが分かった。県議会代表質問で県が明らかにした。  生活再建方法では、自力再建が1719世帯(67・8%)と最も多く、公営住宅への入居が405世帯(16・0%)、施設入所や子どもとの同居、アパート入居などのその他が102世帯(4・0%)で、何らかの生活再建が . . . 本文を読む
コメント

(新潟)長岡市の仮設住宅でも積雪

2005年12月04日 | 天地蘇生(中越復興)
 前夜から降り始めた雪で、中越地震被災地もうっすら雪化粧した。3日朝、旧山古志村民が暮らす長岡市陽光台の仮設住宅周辺や同市中心部でも、車の屋根や畑などに湿った雪が積もった。  冷たい空気に身体を縮ませながら、慌ててタイヤ交換する住民の姿が見られた。被災から2度目の冬。住民は「降るのは分かっているけど、やっぱり嫌ですね」と話していた。 新潟日報 . . . 本文を読む
コメント

(新潟)長岡技科大学で推薦入試

2005年11月17日 | 天地蘇生(中越復興)
(おいらも実はその難関をクリアした一人でした。推薦入試の前日にはベルリンの壁が崩壊した時代でした。推薦入試の帰りに長崎屋でお土産を買って帰った時代でもありました。)  早くも受験シーズン到来―。県内国公立大学のトップを切り16日、長岡技術科学大で2006年度推薦入試が行われ、県内外の現役受験生109人が小論文と面接試験に挑んだ。  工学部7課程計39人の募集に対しては、工業高校などの生徒88人が . . . 本文を読む
コメント

(新潟)「芒種庵」を応援して・中越地震被災者がTシャツ

2005年11月17日 | 天地蘇生(中越復興)
新潟県中越地震の被災地の小千谷市塩谷地区で、古民家を集いの場として再生させる計画に取り組む住民たちが、資金集めを目的にオリジナルTシャツを17日から販売する。  家屋が激しく損壊した塩谷地区は今も避難勧告が続き、約50世帯の半数が転出を決めた。住民とボランティアは「地元を離れた人が、気軽に遊びに来られるように」と地域の古民家の改修を計画した。  古民家は「塩谷に復興の種をまこう」と、種まきの時 . . . 本文を読む
コメント

(新潟)被災水田3%で来春作付不能

2005年11月13日 | 天地蘇生(中越復興)
(川口町木沢の衆に聞いた:道は切れたが、水路がだめ。うちはいいが、その上がだめだ。だけど大豆転作で少しでも収入を得たいという。震源米でがんばれ父ちゃん!)  県は1日、中越地震で被災した水田のうち、来年度は97%が作付け可能となる半面、3%相当の350ヘクタールで作付け不能との見通しを示した。また、道路の本復旧工事は年内までに7割が完了する。  来春作付け不能の水田が最も多いのは、旧山古志村の1 . . . 本文を読む
コメント

(新潟)被災地のお年寄り、要支援・軽度が増加

2005年11月13日 | 天地蘇生(中越復興)
中越地震から1年が過ぎた被災地で、介護が必要なお年寄りが増えている。特に、要支援、要介護1、2の軽度な高齢者に目立っている。朝日新聞社が、長岡市など被災した7市町村で調べた結果、分かった。中越地震は、介護保険制度がスタートして初めて起きた大震災。お年寄りが災害から受けた影響を、要介護度という指標を通じてまとめてみた。  調査は、今年9月の要介護度別の高齢者数を昨年9月の人数と比較した。そのため合 . . . 本文を読む
コメント

(新潟)古民家保存へ向けTシャツ販売

2005年11月09日 | 天地蘇生(中越復興)
(♪猪木、ぼうしゅ庵・♪猪木、ぼうしゅ庵・♪猪木、ぼうしゅ庵・♪猪木、ぼうしゅ庵・♪猪木、ぼうしゅ庵・・・)  中越地震による避難勧告が続く小千谷市塩谷の被災古民家再生を目指す「芒種(ぼうしゅ)庵を作る会」は、売上金の一部を費用に充てるTシャツを、17日から販売する。  住民らによる同会は、地震で全壊した築約90年の民家1棟を「芒種庵」と名付け、「集落を離れた住民が気軽に寄れる場」として来夏にも . . . 本文を読む
コメント

(新潟)土砂崩落で2人死亡 中越地震の復旧工事現場

2005年11月09日 | 天地蘇生(中越復興)
 8日午後2時35分ごろ、新潟県栃尾市上樫出の中越地震の災害復旧工事現場で土砂崩れがあり、男性作業員2人が生き埋めになった。約40分後に2人を救出し、病院に搬送したが、死亡が確認された。  栃尾署は2人を同県阿賀野市今板の大堀陽平さん(17)と阿賀野市畑江の坂井勇さん(65)と確認した。  調べによると、2人は斜面が崩落しないように箱型の金網に石を詰める作業をしていたが、上から幅約13メートル、高 . . . 本文を読む
コメント

(新潟)農地97%が来春復旧へ 新潟県中越地震の被災地

2005年11月01日 | 天地蘇生(中越復興)
新潟県は1日、中越地震で大きな被害が出た小千谷、長岡市など8市町の農地約1万ヘクタールのうち97%が、来春には作付け可能になるとする生活再建の見通しをまとめた。  県によると、今春作付けが出来なかった被災農地約1000ヘクタールのうち、本年度中には約640ヘクタールが復旧する見込み。降雪期が迫っているため、農業用水の復旧などを急ぐ。  道路は通行止め45カ所のうち、土砂崩れで被害が大きかった魚沼 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

(新潟)長岡市妙見の県道は原形復旧

2005年10月21日 | 天地蘇生(中越復興)
 中越地震で魚沼市の母子が巻き込まれた長岡市妙見町の土砂崩れ現場について、県は20日までに、崩落した県道を地震前の状態に原形復旧する方針を決定した。現場については地震被害が風化しないようメモリアルパークとして保存する構想があるが、県は安全性や予算面から原形復旧が最善と判断した。年度内に発注、2006年度の工事完了を目指す。  復旧延長は320メートル。崩落した土砂30万―40万立方メートルを取り除 . . . 本文を読む
コメント

(新潟)中越地震で犠牲「弟は命輝かせていた」姉の作文優秀賞

2005年10月21日 | 天地蘇生(中越復興)
新潟県中越地震で倒壊した自宅の下敷きとなって死亡した小千谷市立東山小5年、星野有希君(当時11歳)の姉が、弟の死と向き合い、生きる意味を見いだしていくまでの心の動きを作文につづった。  「輝(ひかり)」と題した作品は9月中旬、新潟県主催の「わたしの主張」コンクールで優秀賞に選ばれた。  受賞したのは、同市立東小千谷中2年、星野英恵さん(14)。昨年10月23日、一家4人は自宅にいた。英恵さんは . . . 本文を読む
コメント