その日の出来事

その日に観て聴いて感じたことの忘備録

エリザベート2016 名古屋 ⑤

2016-10-16 17:14:44 | 観劇
中日劇場

井上閣下&花総シシィ

とうとうやって来てしまった…
エリザベート2016版のよしお閣下の千秋楽。
この日が来なければ良いのに、と思ってたけど、
演じてた彼もこのまま終わらなければ良いのに
と珍しく感じてたらしく。
いつもなら早く終わってしまえ、と思いながら
やってるんだそうな(笑)
彼のこういうところは昔から変わってないよなーw

今日の最後のダンスは更にながーくて拍手も
ショーストップかけたのはお互いへのリスペクト。
ファンサービスと彼の心意気への交歓作業
と言うかね。
それを終わらせるのは勿論閣下、マントをバサッ!
と合図すれば、再びあちらの世界に戻る時間。
本当に心地よかった。
心地よかったと言えば、私が踊る時。
花総シシィと意地と恋情のぶつかり合いを
歌に乗せて演技で魅せる。
あのシンクロ具合は三方が快感を味わえる
良いナンバーだよねぇ!

夕べも今日も皇后さまのベルトが落下して、
閣下な長椅子から長い脚で蹴り落とすしぐさは
拝めなかったのだけが心残りで。
よぼよぼからの待っていた~!は青臭くて
良かったから相殺かしらw
愛して求めて追いかけ倒した4ヶ月。
私も黄泉の国で現を抜かした4ヶ月!

面白かったのはカーテンコールで、成河ルキが
ご挨拶前になにか拾ったなーえらい!と思ってたら
次に出て来てよしお閣下の熱い抱擁ほポーズを
スルーしておいて、彼に向かって黒い何かを
投げ付けてふざけ、こんなもん要らねーよ!
みたいな小学生の喧嘩を舞台上で晒したふたり。
仲いいんだからー全く!w
で、あれはトートダンサーの脱羽?
ふたりだけのカテコでは、お花さんに首絞められて
ガクッてなったり、投げキスしたりいつになく
サービス満点なお二人様でした。

自分だけ先に抜けるのはさびしいけど、毎日
高みを目指してたカンパニーだから最終日まで
頑張ってくれると思います!と締めたよしおかとくん。
次に帰って来るときもトートで!と宣言してたけど、
それって決まってるんだよね、ね?!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エリザベート2016 名古屋 ④ | トップ | ざくざく過ぎて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。