その日の出来事

その日に観て聴いて感じたことの忘備録

社会人のための文楽入門

2017-06-19 21:41:27 | 観劇
国立文楽劇場

毎年恒例の文楽入門、久しぶりに参加。
張り切って最前列を取って劇場へgo!
というのも、木ノ下歌舞伎の木ノ下裕一さんが
入門の構成をしてらしたので興味津々で。
案内役を狂言師の茂山童司さんというゴージャスさ!

義太夫と三味線でどんぐりころころを語るという
深くて面白い試みの後は、仮名手本忠臣蔵。
何度見てもやり遂げられなかった判官が哀れだよね…
短気は損気と言うけど、あんなキレっぷりな
上司や社長とかホント迷惑(苦笑)
だから尚更最期までバッサリいって欲しかったと
思わずにはいられないんだよね。
文楽で観たのは初めてだったなーコンパクトで
夕方から楽しめるって良いかも!と思いながら
帰途についたのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なんだかんだとテレビな夜 | トップ | 情報てんこ盛り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。