夢かよふ

古典文学大好きな国語教師が、日々の悪戦苦闘ぶりと雑感を紹介しています。

たのしみは

2017-05-03 21:53:07 | 日記
今日、研究室で調べ物をしていたら、『幕末の歌人』(福井久蔵著)に橘曙覧(たちばな・あけみ)の「独楽吟」五十二首がまるごと取り上げられていて、共感しつつ読んだ。

ご存じの方も多いと思うが、五十二首全て「楽しみは……」で始まり、「……時」で終わる連作の和歌である。清貧・清廉な生活信条が伝わり、好ましく感じられる。

  たのしみはまれに魚煮て子ら皆がうましうましと言ひて食ふ時
  たのしみは三人(みたり)の子どもすくすくと大きくなれる姿見る時

が有名だが、今日私が読んでいてなるほど、と思ったのは、

  たのしみは草の庵(いほり)の莚敷きひとり心を静めをる時
  たのしみはそぞろ読みゆく書(ふみ)の中に我とひとしき人を見し時
  たのしみは人も訪ひ来ず事もなく心を入れて書を見る時
  
などである。

  楽しみは嫌なる人の来たりしが長くもをらで帰りける時

には、思わず笑ってしまった。気持ちはよく分かる。

曙覧を真似て、私も一首作ってみた。

  たのしみは研究室にひとりゐて書(ふみ)広げつつ想を練る時
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 有明の月 | トップ | 連休を満喫中 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。