夢かよふ

古典文学大好きな国語教師が、日々の悪戦苦闘ぶりと雑感を紹介しています。

殻を破る

2017-07-29 22:25:47 | 日記
4月に開講した源氏物語の講義は、先日最終回を行った。
学生に教養として源氏物語を教え学ばせるのは、今回が初めての機会だったので、この4カ月ほどは、生みの苦しみを味わった。

大学入試のためでなく、文法指導もしない、また、古典文学の研究を志す学生のために教えるのでもない授業。
古典にはほとんど素養のない学生の興味・関心を引き出しつつ、作品としての魅力や価値を、リアルに感じてもらうためには、どうしたらよいのか。
先日までずっと、その問題を解決し、自分の従来の殻を破るべく格闘していた。


自分が好きで研究している専門の分野を、あまり関心のない若者に理解してもらうのは難しい。
しかし、若者に関心を持ってもらえないような学問分野は、将来の存続すら危うい。
どんなに困難でも、研究の裾野を広げるための努力は怠ってはならない。

研究と教育との両立が大事だとはよく言うが、実際には行うは難しだと最近よく思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏鹿 | トップ | 穴埋め短歌 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。