夢かよふ

古典文学大好きな国語教師が、日々の悪戦苦闘ぶりと雑感を紹介しています。

すごく嫌い その2

2016-10-16 21:19:17 | 日記
その後、しばらく経ってから、放課後の教室を覗くと、まだ彼女がいたので、
「さっきはありがとな。学園祭の打ち合わせは、みんなに事情を話して、放課後にやることにするよ。ちょうど明後日、7限のS先生の授業が時間割変更で空くから、そこでやればいいし。……あと、男子・女子のことも、言われた通り、最近そればっかり言い過ぎた。」
と、学級役員が男子からなかなか出なかったので、ついそんな言い方になったことを詫び、「ありがとう。」と言って帰ってきた。


私は学生や保護者からのクレームは、基本的にラブコールだと思って接することにしているが、今回ほど直言してもらって嬉しかったことはなかった。
教員だって、常に確固たる信念を持って学生の指導をしているわけではないし、私は今の勤務校では担任を持つのが初めてで、試行錯誤しながら物事を進めているため、きっと学生に迷惑をかけていることが多々あると思う。

それでも、学生の話によく耳を傾けるように努めていれば、彼女のように私が間違ったときに直言してくれる人もいるし、なんとかなるように思っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すごく嫌い その1 | トップ | 彼氏!? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。