夢かよふ

古典文学大好きな国語教師が、日々の悪戦苦闘ぶりと雑感を紹介しています。

夏鹿

2017-07-28 22:22:45 | 日記
今日、帰宅すると、先日行われた歌会の詠草一覧が届いていた。(当番の方、ありがとうございます。)
今回の歌会には、私が先日奈良に行ったときに詠んだ歌を提出していたのだが、先生の添削をいただいて、とてもよい歌になった。

  梅雨晴れの朝春日野に出でてみれば夏毛の鹿が草を食みをり
  春日野の鹿の体にふるるときわれは幼子の昔に還りぬ



夏の鹿は、赤茶に白の斑点の浮かんだ夏毛が、鮮やかな緑の草原によく映える。
梅雨晴れの奈良は、朝から非常な暑さであったが、愛らしい鹿の姿に、しばしそれを忘れて見入っていた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うたた寝 | トップ | 殻を破る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。