地花景路 -ちかけいろ-

近畿を中心に、旅をしながら風景や季節の植物を楽しむブログです。

風に揺れるポピーの花畑 万博公園

2017年05月05日 | 大阪
.

前回の続きです。



花の丘のポピーはまだ咲いてないだろうと思っていたのですが、充分咲いていました。
チューリップと違って花期が長いので、今もまだ咲いているようです。
このアイスランドポピーが終わると、カモミールとシャーレーポピーが見頃を迎えるらしい。






ふわふわして可愛い花ですが、チューリップと違って花畑全体が同じ種類なので写真がワンパターン(^^;)







ポピー、可愛い名前ですが、由来はラテン語のお粥(papa)だそうです。
赤ちゃんや幼い子供が泣き止まなかったり寝つかない時にケシの汁を絞って混ぜたお粥を食べさせた事からきてるようですが、
それってつまり麻薬のアヘンのようなモノを食べさせていたって事でちょっと怖い。










アヘンの花は毒々しいのかと思ってましたが、前にアフガニスタンのアヘン畑の写真を見たら淡いピンクや赤や紫の普通に可愛い花で、怪しげな感じがしませんでした。
日本でも時々畑や庭に自生してて、違法なものと知らなかったというニュースがありますが、
簡単な見分け方として、観賞用のは茎やつぼみに毛が生えているのに対し、違法なケシはツルツルしているのと、実が丸くて太いらしいです。










帰りに紅葉谷を歩くと、新緑も綺麗でした。











ドウダンツツジの花も可愛い☆







そしてこれは何の花でしょう・・・・?





グミの花です。
酸っぱいグミの実、子供の頃以来食べた事ないけど懐かしい(^^)










シャガ



















現在の万博で咲いてるのはポピーくらいだと思いますが、そろそろバラが咲き始めますし、6月には花ショウブ・紫陽花・スイレン等の花が咲きます。
できればまた紫陽花とハスの時期に行きたいです。








『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 満開のチューリップ畑 万博... | トップ | 昭和レトロな町 松屋町・空... »