地花景路 -ちかけいろ-

近畿を中心に、旅をしながら風景や季節の植物を楽しむブログです。

近江八幡 水郷の町とラ コリーナ(たねやグループ)

2017年08月05日 | 京都・奈良・滋賀
.

猛暑が続いております(+_+)
撮影はおろか、ふくの散歩も勇気がいる暑さ。。。
でも一応時々外出しております。
今日は7月に行った滋賀県、近江八幡の写真をupします。










水の町、近江八幡。
テレビ等で見て気になってましたが、私は初めてでした。
写真がとても上手い地元のFさんが来てくれ、色々と教えていただきながら歩きました。






暑い日でしたが、水や緑があるから大阪よりも涼しい(*^,^*)



観光に来ていたわんこも嬉しそうです♪
(可愛いし、とても人なつこくて皆に大人気でした)






ランチで食べた近江牛の肉そばも美味しかった。
赤いのは名物の赤こんにゃくです。


雑貨屋さんの手作りのカエルの小物が可愛い!ぃぇーぃ!



自販機で瓶ビールや紙パック焼酎売ってて面白い!ぃぇーぃ!



町の人がツバメに優しい!ぃぇーぃ!







そして堀は緑が多くて気持ちいい!ぃぇーぃ!

・・・・と午前中はご機嫌でした。


しかし、水郷めぐりのある西の湖の方へと歩いて行く事に。
水郷って事は堀で繋がってるんだろうと思ってましたが、普通のアスファルトの道を延々と歩きました。
普段なら何て事ありませんが、暑いので参りました。


途中、何故かマネキンが乗ってる車とか不思議なものがありましたが、アツ━━━━(´Д`υ)━━━━イ



やっと着いたーーー!と思ったら、この見渡す限り日陰のない道をまだまだ進まないといけないらしい(+_+)

ちなみに、この写真の中で私には全く見えませんでしたが、みんなが「パラセイリングしてる」と言うので望遠レンズでそっちを見たら・・・



本当に飛んでる人がいました。
近くに車が多い県道もありましたが、どうやって操縦してるんだろう。
田んぼも落ちちゃいけないし、難しそうです。


この地域では今もヨシを栽培しているそうで、ヨシの群生地があります。
私は見つけきれませんでしたが、野鳥のヨシキリがいるらしい。
Fさんがヨシキリは「ギョギョシ、ギョギョシ」と鳴くと教えてくれましたが、ギョギョシってどんな声なのかとても気になりました。

昔からホトトギスの声もどんなんだろうと気になっていたので帰ってヨシキリ&ホトトギスの声をYoutubeで聞きました。
ヨシキリの声はギョギョシというか何というか、ぴったりな擬音語がない声でした。
いろんなカタカナを頭の中で並べましたが、どれも違うような気がしました。

そう言えば、祖母がホオジロの声を「一筆啓上仕候(イッピツケイジョウツカマツリソウロウ)」と言ってましたが、ピッチチ、ピピチューにしか聞こえないし、ホオは黒いし、鳥さんに関する描写は訳わかりません。

それにしても暑いι(´Д`υ)


メンタームで有名な近江兄弟社の高校生がすごく爽やかで礼儀正しく、皆すれ違う度に大きな声で挨拶してくれたので嬉しくなりましたが、やはり暑いι(´Д`υ)

ちなみに近江兄弟社の創業者、ウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏は非常に多才な人で、メンソレータムの製造販売以外に教師として英語を教え、建築家として同志社や関学・神戸女学院等の校舎を造り、病院や学校を作り、マッカーサーと近衛文麿との仲介もした人です。近江八幡の町にはあちこちにヴォーリズさんゆかりの建物があります。

ロート製薬のメンソレータムは昔近江兄弟社が製造していて、メンソレータムのイラストの女の子とメンタームの男の子は同じ人が描いたというのは知ってましたが、ヴォーリズさんがそんなに多方面で活躍した人とは知らず、驚きました。


でもやっぱり日陰のない道は暑い(+_+)
ほぼ四方を山に囲まれていたので盆地ですが、盆地の暑さ半端ないです。


アマガエル君も田んぼから出たら干あがってしまいそうでした。



やっと到着。私達が見ようとしたのはコレ。水郷を行き交う船です。
しかし・・・・あまりにも暑かったのでほとんど通ってませんでしたΣ(゚д゚lll)ガーン
モーターはなく、高齢の船頭さんが人力で漕いでいるのですが、マジで熱中症になるのではないかと心配しました。

でも桜の季節は素晴らしい景色になるだろうなぁ。


その後「暑いー、もうだめー」とか言いながらまた炎天下の田んぼの間の道を歩いて帰りました。

ずっと遠くにたねやのラ・コリーナが見えていて、あそこまでいけば涼しいはず!と自分を励ましながら。


近代の近江八幡を代表する商人はヴォーリズさんですが、今はやはりたねやグループでしょう。
ちなみにたねやの洋菓子と言えばクラブハリエを思い出しますが、昔たねやの山本さんとヴォーリズさんが近所に住んでいて、洋菓子も作ったら?と言われて作ったのが最初なんだそうな。


何にもない寂しい所にあるラ コリーナ、中に入ると大混雑で驚きました。
バームクーヘン、長蛇の列。
大阪から湖東方面へ行くバスツアーはここに寄るのが多いらしいです。


暑すぎたので甘いものは食べたくなく、冷たいお水を買って飲みましたが、天国の泉のように美味しく感じられました。
32度以上はかき氷最強、35度以上はお水最強。


勿論お菓子大人気ですが、建物もまるでジブリ映画みたいな可愛いデザインでした。















屋根の上に咲いてる桔梗の花



壁に飾られた干菓子の型



ちょっと休憩するだけの予定でしたが、結構写真も撮りました。
午後からのウォーキングがとても暑くて、こんな事なら八幡掘の付近で午後ものんびりしたかったと思ってましたが、久しぶりに広大な水田も見れたし、ラ コリーナも面白い所で結果的にはよかったです。
遠いのでそう簡単には行けませんが、できればいつか桜の季節の近江八幡に行ってみたいです(^^)







『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パンダパンダパンダ!王子動... | トップ | ふくと夏旅1 青山ガーデンリ... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。