ちいさなつづら

肩幅で暮らす。

いきものノート 

2017-07-01 06:20:42 | いきとしいけるもの


 自然度の高いところで暮らしていますから、いきものだらけ。



 営巣しているツバメは、ずっと抱卵状態なのか、それとも、すでに雛が孵っているのか、ちょっとわかりません。(高いところにあるので、覗けない)

 キジバトなんかも、雛はピーピー鳴かなかったですからね。鳴いたら、敵に見つかっちゃいますから。



 スズメバチの営巣も、とても興味深かったです。観察したものだけが、知ることができる、生命の神秘。


 桑畑では、ぶっといアオダイショウ、ちいさなニホンアマガエル、トラフカミキリ、そして、夜には、今年もホタルが見れました!


 農家をやっていると、こういういきものに出会える喜びが、あります。

 
 



 
『愛媛県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏の蚕 2017 | トップ | 五分の魂 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

いきとしいけるもの」カテゴリの最新記事