ちいさなつづら

肩幅で暮らす。

星空観察

2017-08-20 06:01:48 | かんがえるあし


 お蚕仕事のうち、餌やりを、給桑(きゅうそう)というのですが、5令になると、夜中にも給桑するようになります。



 うちではだいたい、夜の10時にやって、朝の4時にやり、でまた午前中の10時にやっては夕方の4時にやる、といったサイクルを、基本にしてます。


 あくまで、5令にはいった時のみです。


 夜の10時頃は、蚕小屋のあるあたりはかなり暗いので、月明かりのない時で晴れていれば、星空が美しいです。


 昨夜も、天の川がきれいでした。



 で、せっかくなので、いろいろと星座探しをしてみました。


 さそり座は、夏の代表格、私の星座でもあるので、親しみもありますが、見つけやすいですね。


 白鳥座は、これまた、美しいフォルム。夏の大三角の一角でもありますね。


ほかに、こと座、わし座、や座、いるか座は、比較的わかりやすい。


 南側の空は、街の明かりが少し邪魔をしていて、射手座がぼんやりと見えます。南の冠は、わからず。


 あとは、ヘルクレス座を見つけるのに、割と苦労しました。


 星が見えすぎると、これもまた、迷ってしまうものです。


 
 まだまだ日中は厳しい暑さですが、朝晩は涼しい日もあって、季節の移ろいを感じます。
『愛媛県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒルガオトリバ | トップ | 大物飛来 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

かんがえるあし」カテゴリの最新記事