ちいさなつづら

肩幅で暮らす。

中学の思い出

2017-03-20 17:59:27 | かんがえるあし

 今日のお昼、ラジオで懐かしい、斉藤由貴さんの『卒業』という歌が、流れていました。


 確か、私の中学時代ぐらいに、流行ったんじゃなかったかな?



 その頃の私は、ぜんぜん、アイドルとかに興味がなくて、映画が好きで、ジョージ・ケネディの男らしさに憧れたり、好きなタイプの女優が、新珠三千代さんだったりのティーンエイジャーでした。


 (まだ、クラプトンに出会っていない頃。憧れは、やっぱり、ジョージ・ケネディだったな)


 で、そんなことを思い出しながら、改めて斎藤由貴さんの歌を聞いてみると、なかなか、いいじゃないですか!

 歌い方も、表現力があるし、あと、この歌、松本隆さんの作詞なんですね。さすが、文学的。


 ああ、あのころ、もっとアイドルとか聞いておけば、全く違った人生を歩んだかもしれないなあ・・・。


  

 高校1年の春に出会ってしまったクラプトン。それ以降は、もう、ご覧の通りで・・・。




『愛媛県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とりみとはなみ | トップ | 中学の思い出 その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む