米倉けいこ ひまわり先生のちいさな玉手箱

ひまわり先生 米倉けいこ

「ちいさな玉手箱」

親は選べないpart2「しゃーないなあ〜腹立ててやるか」

2017年05月12日 | こころ
親は選べないと、前回書いたところ

あの記事は嬉しかったとの声をいただきました。

前回の続きです。

友だちは選べるけど、親は選べないのは、事実。

だから、理不尽なことや不当な扱いと感じた時に怒りを抑えがちになる。

これは、可愛がってくれる上司だって同じこと。

だから、可愛がってくれる部分には、感謝して、

でも、怒りも抑えないようにすることが大事。

怒りを抑えないとは、相手にぶつけることではない。

怒りを抑えないとは、攻撃することではない。

怒りを抑えないとは、誰かに当たることでまない。

ましてや、大声を出すことでもない。

ただ、一人の時に、自分の中に溜まった怒りや体の中の違和感を感じ

「あ〜、腹が立つ」

と、息と共に吐き出すこと。

怒りが苦手なら、クッションに顔を押し当てて

「ワー」

と、言ってみてもいい。

一人の空間なら、お風呂や車の中でもいい。

とにかく、周りに人が居ないのを確かめてスッキリする方法を見つけること。

時には「ワー」と、言った後に、涙が出てくることもある。

怒りも、悲しみも、自然な感情で、あなたのものだから

どうか、大切に処理してあげて。

親は選べないから

「しゃーないなあ〜腹立ててやるか」

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【親は選べないけど、友だち... | トップ | 感情を大切にしよう。 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
親の存在と自分の存在。 (スミレハナミズキ)
2017-05-12 18:35:20
親は選べません。しかしながら、親がいるからこそ今の自分もいるんですよね。
自分の中に湧いてくる複雑な感情を否定するのではなく受け入れてあげる事で、消化が進むのでしょうかね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。