米倉けいこ ひまわり先生のちいさな玉手箱

ひまわり先生 米倉けいこ

「ちいさな玉手箱」

あの頃の安心感をもう一度

2017年03月07日 | こころ
***
自分自身のこと、そして子供たちのことに
肩の力を抜いて、向き合っていこうと思います(^-^)
今まで以上に、家族に 沢山たーくさんハグして、
ありがとう♡ を伝えていきたいと思います!
***
田中さんのコメント、ありがとうございます。
田中さんが書いてくださった様なことは、
人に言ってるクセに、私自身もあまり上手ではないので、
力を抜いて、ボチボチやります。力まず、やりましょう。

うみちゃん、お互い、たまにはゆっくりする時間を取りましょう。
***

力を抜くと言えば、ヨガの最後に「シャバーサナ」亡き骸のポーズというのがあって、
クラス中、頑張って使った筋肉も心もゆっくり緩めて
地面に横たわる究極の至福の時間があります。寝息が聴こえてきそう…可愛いでしょう?
写真は、生後8ヶ月の男の子。

この力の抜けよう…見てください。
ママに抱かれて
まさに、全身の力を抜いて、幸せそうに眠っていて、
「いいなあ〜」と思、パチッと撮らせてもらいました。

私たちは、大人になって、なかなか力の抜き方が分からないけれど、
赤ちゃんの時には、こんなに安心して力を抜いていた時代があったのでしょう…

眠る時に、是非、見習いたいです。

あの頃の安心感を、もう一度。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心と身体が安全を感じるには… | トップ | 「素晴らしきかな、人生」LIF... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

こころ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。