米倉けいこ ひまわり先生のちいさな玉手箱

ひまわり先生 米倉けいこ

「ちいさな玉手箱」

自分はきっと想像以上だ

2017年07月11日 | こころ
博多駅の近くを歩いていたらこんな広告のコピーを見かけました。

「自分はきっと想像以上だ」

とても素敵なコピーだなと思います。

私たちは小さい頃に、親や先生からダメ出しをされて育ってきたために
「自分はどうせたいしたことがない」と信じてしまうことがあります。

私は、「ひまわり先生のいのちの授業」の中で子どもたちに、こう話しています。

***
今、あなたは、自分は何も取り柄がないと思っているかもしれないけれど
まだ見つかってないだけ。

私は、今、こうやってみんなの前で話す仕事をしているけれど、
小さい頃は、こんな風に人前で話すことができなかった。

私は、赤面症で、手もあげられない子どもだった。

だから、今みんなが苦手だと思っていることも、

もし、やりたいことならば、

挑戦すれば

あきらめなければ

苦手が苦手でなくなるかもしれない。

もしかしたら、取り柄に変わることもあるかもしれない。

***

自分は、きっと想像以上だ。

それとも

自分はどうせたいしたことがない。

あなたは、自分についてどちらを信じたいですか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 保健室の先生の研修会 | トップ | 自分を耕す »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

こころ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。