米倉けいこ ひまわり先生のちいさな玉手箱

ひまわり先生 米倉けいこ

「ちいさな玉手箱」

無縁社会か有縁社会

2017年02月24日 | こころ
今日は、長崎。快晴です。

福岡市内は、小粒の雨で寒空。
途中の佐賀のスキー場のある山は、真っ白だった。

有明海に近づくに連れ、暖かい陽射し。
ヒカンザクラも咲いている。

この集落を見ていて思い出したことがある。

私は、小さい頃、長崎市内で生まれ育ち、近所のおばちゃんたちにも良く、可愛がってもらった。

田舎には、暖かい絆があって、私には安全基地、安心感を感じることが出来た。

昔は、農業などでお互いが協調する関係を「結」と呼んだと聞く。

都会に住むと、人間関係が希薄で、今の子どもたちは、地域の人に見守られている安心感は、感じていない。

無縁社会か、有縁社会。

こんな事件を思い出す。

2013年に山口県周南市で起きた連続放火殺人事件。

加害者の男性は、妄想性パーソナリティ障害と言われている。
近所のお年寄りを何人も殺して放火した後、
火が燃え盛る中もなお、避難してたお年寄りを次々と殺し、近所のお年寄り合わせて5人が犠牲となった恐ろしい事件。

加害者は、被害妄想があり、村八分にあったと主張している。

山口県出身の作家、城繁幸さんは、以下の様に語ったそうです。

「濃密な人間関係の中にいやでも引きずり出されたものと思われる。
ひょっとすると、そういう関係で何らかのトラブルがあったのかもしれない」

「無縁社会のリスクが孤独死だとすれば、
“有縁社会”のリスクは、こうした人間関係のトラブルと言える」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心と身体のつながり | トップ | 心と身体が安全を感じるには… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

こころ」カテゴリの最新記事