米倉けいこ ひまわり先生のちいさな玉手箱

ひまわり先生 米倉けいこ

「ちいさな玉手箱」

【嫌な顔する権利】を取り戻した

2016年11月05日 | カウンセリング
【嫌な顔する権利】を取り戻した

東京ののワークショップに参加しています。

そこで、半世紀以上に亘り、剥奪されていた?
【嫌な顔する権利】を 取り戻しました。

カウンセリングで私が変わりたい目標は、【怒りを出せるようになりたい】

私たちは、理不尽なこと、不当な扱いを受けた時に、
自然に「怒り」という感情が湧いてきて、
その「怒り」を感じることで、問題解決のパワーとなります。

問題解決のパワーとなる「怒り」を抑えてしまうと、
自分が悪い、やる気がなくなる、鬱っぽくなる、罪悪感を感じる、人が怖くなるら腰痛、胃痛、頭痛、耳鳴り、めまいなどに変形してしまうこともあります。

怒りの感情は、小さい頃から我慢してた。

保育所に叩く先生がいて、行きたくなかった。

おそらく2歳くらい。

朝、保育所に送られて、行きたくないって泣いてた。

お母さんは、困る。

嫌な顔する。

そうすると、私は、お母さんが可哀想になる。

私は、お母さんを困らせないように我慢する。

悪い気がする。

保育所に行きたがらない私が悪い。

ここで、カウンセラーの先生の声かけ。

「怖い所に行きたくないのは、自分を守るために『怒り』を感じていい」

なのに、「怒り」を感じた瞬間に 胸がぐーっと抑えつけられる感じがして 私の目には涙が。

こうして「怒り」を抑えて代理感情の「悲しみ」を使ってきたんだ。

ああ、「怒り」を出すと、お母さんに嫌われる。

よく考えると、お母さんは嫌な顔をするけど、私を嫌いにはならない。

そうか、私が怖い所に行きたくないのは、自分を守るためだから、私が怒りを感じることは悪くない。

私は悪くない。

嫌な顔をする私は、悪くない。

そして、嫌な顔をするお母さんも悪くない。

私も悪くない。

でも、嫌な顔をすると、お父さんもお母さんも良い顔しない。

だって、お父さんもお母さんも 人に嫌な顔をしないから。

お父さん、お母さんが嫌な顔をしないのも悪くない。

この言葉で、私は、私と両親に境界線をよわうやく引いた感じがした。

そして、怒った時は、私は嫌な顔をする。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 命の授業 感想 | トップ | 腹がすわった感じ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

カウンセリング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。