米倉けいこ ひまわり先生のちいさな玉手箱

ひまわり先生 米倉けいこ

「ちいさな玉手箱」

「発達障害の僕が輝ける場所を見つけられた理由」

2017年04月24日 | オススメです
「発達障害の僕が輝ける場所を見つけられた理由」
栗原類著
KADOKAWA出版 1.200円(税別)

お勧めの本を紹介します。

2015年にテレビの生放送で、自らが発達障害と診断されたことを告白した栗原類さん。

テレビを見ていた発達障害で苦しむ多くの人々から
「告白してくれて、ありがとう」という声がたくさん寄せられたそうです。

又吉直樹さんとの対談も写真付きで、穏やかさと純粋さがマッチしていて、素敵です。


本の中から一部抜粋して、ご紹介します。

***
僕は発達障害の1つADD(注意欠陥障害)です。

8歳の時、当時在住していたNYCの教育委員会で認定されました。

そんな僕が、なぜ、ADHDの特徴である、蕭道成やコミニケーション障害を克服し、なぜ、モデル、タレント、役者という「自分が輝ける場所」を見つけて進んで来れたのか。

たまたま僕の容姿が良かったから、ラッキーだったから、と思われる方もいるでしょう。

(中略)

しかし、NYで小学校1年の時に留年したり、日本での中学時代に登校拒否になったり、高校受験に失敗したりと言う紆余曲折を経ながらも、障害に向き合い進んで来れたのは、早期の診断や、母の教育方針、主治医との出会い、葛藤を通じて僕自身が学んだことなど、様々な理由がありました。

発達障害、脳のクセです。

人によって障害内容は異なりますが、早期に気がつき、環境整え、正しく対処すれば、ある程度の訓練で変えることができます。

できないことができるようになるという事は難しくても、生きづらさは解消できます。

他の人より時間がかかるかもしれませんが、長い間に少しずつできることを増やせます。

***

この本で学べきことがたくさんあります。

特に、お母さんが、専門家に助けを求めた点。

専門家が適切にアドバイスした点。

それを実行したお母さんとご本人。

発達障害は、脳の癖で、長所があるし、苦手があるということ。

この本を読んで、改めて、自分にも長所、短所があることを認識します。

発達障害でなくても、人と違った所は、誰しもあります。

それを排除したり、

苦手を無理に矯正しようとするのではなくて、

長所を伸ばすことが大切です。

苦手で生きづらい所は、生きづらさを減らす方法を専門家と共に見つけて行くこと。

そして、長所も短所もある子どもや自分でもをまるまる受け容れること。

「これで十分だ」と。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大切なものは目に見えない

2017年04月17日 | こころ
「大切なものは目に見えないんだよ。」

星の王子様がそう言った。

ニューヨークサン新聞の論説者も、
サンタクロースがいるのかというバージニアちゃんの質問に答えてそう答えた。

漆黒の暗闇の中で視覚障害者のアテンドさんは、暗闇のエキスパート。

暗闇の中では、むしろ視覚に頼り過ぎて、
視覚以外のの感覚が鈍ってしまっている私たちの方がハンディキャップを感じる。

暗闇の中での参加者の足音を聴き、その人の動きを察し、

誰がリーダーになるかを予測したり、

何をどう話すを聴き、
息遣いを聴き、感じ

その人の感じている気持ちを察し、

不安が大きいかどうかを知ったり、

その人の性格を理解しようとして、
今後のその人の動きを予測しているそうだ。

私たちは、暗闇の世界では、どんなに着飾っても、丸裸になる。

どんな地位や名誉も関係ない。

目が見えないからこそ、見えるものがあるのをまざまざと見せてもらい、圧倒され、尊敬の念を抱いた。

障害のある人に同情するのは、恥ずかしい。

誰しも、得意、不得意があるだけだ。

目に見えないものって、なんだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「暗闇の中の会話」というワークショップ

2017年04月16日 | 行ってきました
「暗闇の中の対話」というワークショップに行ってきました。

目に見える情報の氾濫の中で

私たちは、いかに感覚が麻痺しているのかを思い知らされました。

90分があっという間に感じ、
最初は怖かった暗闇でしたが、最後は、まだそのに身を置いていたいような、なごりおしさすら感じました

昨年行ったファスティング(断食)後に、

白いご飯がとても甘く甘く感じたように

暗闇の中でも飲み物食べ物の味が濃く感じました。

また、手のぬくもり、冷たさ、湿り気などのいろいろな感覚を感じたことで、

相手の感情を察したり、

自分の不安を感じたりし、対話が生まれました。

顔が見えないので、初対面とは思えない程、色んなことが話せました。

小学生の子どもさんは、親と参加できるそうなので、親子や兄弟ご一緒に体験されると、仲良くなれそうです。

職場の研修にもいいなと思います。

「暗闇の中の対話」-「ダイアログ ・イン ・ザ・ダーク」日本では、東京と大阪にあります。

昨年は、佐賀県が子どもたちに暗闇の中の対話を体験させるというプロジェクトがあったそうです。

漆黒の暗闇の新公園や広場などの日常空間を作り、

その中に8名の参加者が入場します。

アテンド(安全案内人)は視覚障害者の方。

彼らは、暗闇のエキスパートです。

漆黒の闇の中を目を使わない文化を持つアテンドに誘導されながら、
ゲスト(参加者)は命以外の感覚を使い協力し合いながら進む体験型のワークショップです。写真は、アテンドしてくれたロッキーさんとスタッフさん。

これまで世界39科目で開催され2007年のダボス会議(世界経済フォーラム)にも採用されています。

暗闇に入ると、目からの情報がなくなるために

耳をそばだて音や声を求めようとします。

手や足の裏、白い杖であたりを触り、人に聞いたり、伝えたり、あの手この手で

手がかりをつかもうとします。

耳をすませ、感覚を研ぎすませる時、まさに心が開かれていきます。

まるで、お腹の中の赤ちゃんに戻ったかのような錯覚を覚えました。

心が純粋になり、

視覚から来る偏見や恥じらいを持たずに人と感覚と心で対話する。

とても、貴重な体験をしました。

今度は、8人全員1人参加の一期一会の回に参加してみたいと思います。

東京 外苑前会場
東京都渋谷区神宮前2-8-2 B1F
TEL : 03-3479-9683
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

共感性羞恥(しゅうち)とは?

2017年04月14日 | カウンセリング
博多駅周辺の公園の桜も散り始め、
今日は桜吹雪の中、ゆったりお昼休憩を取りました。写真は、博多駅前4丁目の人参公園。桜は散る前がピンク色が増して綺麗になりますね。

さて

「あー、見てられない、恥ずかしい」

と、ドラマを見ていてつい消してしまうってこと、ありませんか?

「共感性羞恥(しゅうち)」

他人が

・恥をかく

・叱責される

・失笑を受ける

・非難される

などの光景を

実際に、またはドラマ・マンガなどで見た時に

まるで自分がそれを受けているように

動揺、委縮し、羞恥心を感じる現象を言います。

この「共感性羞恥」という言葉を聞いてピンと来る人は、10%くらいだという人もいるそうです。

マツコデラックスさんの番組で、特集されたそうです。

これは、

子どもの頃に、親やコーチにひどく叱責された。

イジメにあった。

など、子どもの頃の体験が蘇るからだと言われています。

怖い。

腹が立つ。

悲しい。

嫌。

その時に、封じ込めた気持ちを大切に

息と共に吐き出すことが大切です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

犠牲者をやめて、あなたの人生の花を咲かせる

2017年04月07日 | カウンセリング
写真は、福岡市博多区住吉公園の桜です。昨日の雨風にも耐えてくれたお陰で、小鳥たちがさえずりながら桜の枝を飛び回っています。

桜こそ、寒い冬を経験してこそ、立派に咲くそうです。

そろそろ、私たちも、人生の中のひと花を咲かせてみてはいかがでしょうか?

そのための方法について、ヒントを一つ。

【犠牲者をやめる】

私たちはどこか犠牲者でいることが多いものです。

うまくいかない時…あの人がこんなふうにしてくれればよかったのに。

自分から仲間に入れない時…みんなが誘ってくれないから。

試験に合格しなかった時…どんなふうに勉強すればよかったかを誰かが教えてくれなかったから。

人とうまくいかなかった時…あの人が私の気持ちをわかってれなかったから。

ひねくれたり、悲しみに浸ったり、すねていたり。

犠牲者でいることにまず気づくことが大切です。

これまでは、そうしてきたかもしれないけれど、
自分の思考、感情、行動を自分の責任として
引き受けた時に、犠牲者から脱出できるかもしれません。

「あの人からこんな気分にさせられた。」

「だからダメだと言われてから自分がダメだと思う。」

「こうさせられたのは、誰だれのせい。」

犠牲者から脱出したときに、
初めて自律への道へと向かうことができるのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感情は役に立つ

2017年04月06日 | こころ
博多駅近くの公園の桜が満開になりました。夜桜もきれいですね。

さて、色んな国の人々に
人の顔の表情の写真を見せて
どんな感情か尋ねるという研究をした研究者がいます。


アメリカの人気ドラマ「ライトゥーミー」のモデルとなった心理学者エックマンという学者さんです。


犯罪者の嘘を見抜く捜査官が、この心理学者という大人気ドラマだったと思います。

彼は、後に沢山の感情を挙げましたが、
まず、初めに人類に共通する6つの感情をあげました。

・怒り

・怖れ

・悲しみ

・嫌悪

・驚き

・喜び


この6つの感情は、だいたいの研究者が人類に共通してあると言っている感情で、私たちに必要な感情です。

抑えないで、感じることが大事です。

人にぶつけたり、攻撃したりしても処理されません。

感じることを自分に許し、ただ、十分にその気持ちに浸り、感じるだけです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年老いてもなお 実を結ぼう

2017年04月02日 | こころ

対馬でも桜の花が開き始めました。写真は、対馬市厳原で最も高いビル、14階建ての東横イン対馬、2017年3月オープン「どのように年を重ねていこうか?」
 
なんていう事を いくつくらいから、考え始めるのでしょうか?

心理学では、人生を太陽の日の出から日の入りにたとえ、中年期を「人生の正午」と言います。

多くの人は、自分が今、「人生の正午」だと認識した時から、人生の残りの時間について考えるようになると言われています。

著書「老いを創める」で、元聖路加病院長の日野原重明先生は、
マルチン・ブーバーの『隠れた神』という本の一節
「年老いているということは、もし人がはじめるということの真の意味を忘れていなければ、すばらしいことである」
を紹介しています。

いくつになっても、意欲をもっていつも何かを創めようとすることが、
生き生きと老いを生きるということなのではないかと思います。

いくつになっても、私たちは、与えられたgiftに感謝し
生き生きとその命と才能を活かすことが出来るのです。

記憶力、視力、脚力、体力は衰えても
若者と競うのでなく、違う知能を使えばいい。

記憶力が衰えたとしても、知能の土台となっている過去に得た経験を活かすことができる。

 
キャッテル(Cattell,R.B)は、知能因子説を、
流動性知能と結晶性知能に分けました。


○流動性知能

流動性知能とは、正式には流動性一般能力と呼びます。

新しい場面への適応に必要な能力をさします。

具体的には、推論する力、思考力、暗記力、計算力などが挙げられます。

集中力も流動性知能の一部です。

これらの能力を応用しながら、
初めて経験するような新しい場面に遭遇した際に
「どのように行動すればよいか」
「どう対処すればよいか」
と考え振る舞うことができます。

流動性知能を活かすことができれば、
独創的なアイディアなどが生まれる可能性もあるため、 問題解決能力とも言えます。

主に学生時代に学習する内容や、
高校や大学受験などテクニックに使われる能力が挙げられます。

流動性知能は新しいことを知能として定着させるため、加齢による低下がみられることが特徴です。

この知能のピークは20歳ごろまでであり、65歳前後で低下がみられます。


○結晶性知能

結晶性知能とは、正式には結晶性一般能力と呼びます。

過去の経験が土台になる専門的または個人的な能力をさします。

ことわざで表すと「三つ子の魂百までも」というような概念にあたります。

免許や学位などの専門的な知識や、
料理などの日常の習慣、長年にわたる趣味の手順や方法なども結晶性知能にあたります。

知能の土台に過去に得た経験があるため、加齢による低下が少ないのが特徴です。

そのため、認知症の患者でも結晶性知能が保たれていることが多いそうです。

流動性知能が新しい場面に適応する能力ではあるが、

日常の習慣などの結晶性知能のような以前の経験から新しい場面に推論、応用することもできます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つかみ取れTake it!

2017年03月31日 | こころ
日本も桜が咲きました。

今日は、これから対馬です。

福岡空港は、新大学生、新社会人のお見送りで人がいっぱい。
お別れは、寂しいですね。
別れの後に、また新たな出会いが始まりますね。

アメリカで友だちと別れる時にこんな風に言われます。

「じゃあね。(Take it easy.)」

気楽にいこうよ。

無茶しないで。

何だか、気持ちがホッとする表現です。


でも、時として

「Take it .」

つかみ取れ。

自分の夢をつかみ取る。

一度しかない人生、ガツガツとつかみ取ろうとすることも大事。

新たな出発に、このメッセージを送ります。

「つかみ取ろう(Take it .)」

親や先生、人の期待に応えるのではなく

あなたの手で、あなたの望むことをつかみ取ろう!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロジャースの言葉

2017年03月27日 | カウンセリング
写真は2017年3月24日のアメリカ、ノースキャロライナ州デューク大学の桜です。そして、下の写真は、
受容、共感の大切さを世に広めた、いわゆる傾聴の神様と言われるカール•ロジャースのサイン。

"The way to do is to be" ロジャースの座右の銘だそうです。

もともとは老子の英訳からだそうです。

日本の研究書では

「カウンセリングは技術ではなく人間性である」

「いかになすべきかを追求していくと最終的にはいかにあるべきかに至る」

「相手のまえで自分がどういられるかが問われる」

と、いう風に載っています。

原典が老子とすると、これは「無為自然」の言い換えかもしれません。

あるがまま生きる、「無為自然」な在り方

「聖人処無為之事、行不言之教」
(道にしたがう賢者は、よけいな振る舞いをせず、
言葉に頼らない教えを行うものだ)

老子によれば、「聖人」=道を知って道に従う賢者を意味しています。
「道」とは、「これが道だ!」と説明できるようなものではなく、
形もなければ音もない、何にも依存せず、何にも左右されないもの。
だからこそずっと変わらない、この世の根源のようなものです。

どんな出来事があっても、
言葉で余計な説明を加えて分かったような解釈をしたり、
物事に干渉し過ぎたり、余計な作為をしたりせず、
ただこの“道”に従い、自然体であること。
…老子は、そんな「無為自然」な生き方ができる人こと“賢者”であり、
そういった生き方が理想的だと考えていたそうです。

"The way to do is to be"

ロジャースが提唱したクライアント中心療法(クライアント・センタード・セラピー)から考えると

これは、カウンセラーだけでなく
クライアントにも向けた言葉なのかもしれません。

The Beatlesの名曲「let it be」も連想させます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカでも川の字のススメ

2017年03月24日 | こころの子育て
私は、アメリカに来ています。桜が満開。東海岸のノースキャロライナ州デューク大学という所です。アメリカの大学の中でも最も難しい大学との1つだそうです。チャペルも美しく、聖歌隊の美しい歌声「アメイジンググレイス」にも出会い、心が洗われた気分です。この大学の人気の専攻ベスト3

1位:economics
2位:psychology
3位:public policy

アメリカの大学では専攻のことをMajorといい

ほとんどの大学は、入学時にMajorを決めておく必要はなく、
2年生の終わりまでに決めればよいことになっています。

また経済学+アートなど、異なる二つの分野を専攻すること(Double Major)もできます。

広々としたキャンパスには、リスも小鳥も戯れて空気を吸うだけでものんびりと
身体が深呼吸したみたいです。

アメリカでも、日本と同じようにこちらも異常気象だそうで、雪が降ったかと思えば、翌日は夏のような暑い日デス。

ドラルド・トランプの話があちこちできこえてきます。

さて、約30年前にアメリカに留学していた友人に聞いた話。

アメリカでは、子どもを赤ちゃんの時から1人で寝せるが、子どもたちには、日本のように川の字で寝るほうがいいと言われていて
テレビで川の字になります
それが良くないと言われるよう遺伝子レベルで世界一不安が大きいと言われる日本人。

セロトニントランスポーター遺伝子の違いにより

アメリカ人は、不安になりにくい遺伝子を持つ人の割合が高い。

不安になりやすい遺伝子を持つ人の割合が低いアジアの中でも日本人が最も不安が大きいことが分かっている。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

お話しをきいてもらうこと

2017年03月17日 | こころ
今日は、快晴、長崎へ移動中です。川沿いの小さな黄色い花々が春の訪れを告げてくれます。
さて、人に自分の話をするのが苦手な方

この3つの約束を守ってもらえば、
人に話を聴いてもらうのも良いと思いませんか?

1.秘密を守る

2.言いたくないことは言わなくてもいい

3.意見を否定しない

日常生活の中で困ったなあ…

子どものこと、夫のこと、親、義理の親のこと、ママ友のこと、近所の人間関係のこと…

3つの約束のもと、話を聴いてもらうだけで、とても救われる気分になるものです。

できれば、気持ちの話をしてもらうと、さらに感情処理になります。

気持ちを受け容れてもらえると、人は、人と繋がっていると感じます。

人と繋がっていると感じる、そのことが、私たちを温かい気持ちにしてくれる…

私は、JRの座席でふんわりとした白い毛布に包まれた温もりを感じ、ゆったりと深呼吸しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一輪の花…じんわり喜び

2017年03月15日 | こころの子育て
私の誕生日に離れて暮らす息子からお花が届きました。

それも、一輪の花。ホテルの宿泊と食事をプレゼントされて嬉しそうに映っている写真を
Facebookにあげている有名人親子の話を 聞きました。

私の場合、私の誕生日を息子が覚えていてくれているだけでも嬉しいです。

それで、息子が小学生の頃の話を思い出しました。

近所のスーパーマルキョウに行き、なけなしのお小遣いで、
そのスーパーマーケットで一番綺麗だと思う花を一輪買ってきてくれました。
「母さん、誕生日おめでとう」

渡された花が、「菊」だったことを思い出しました。
小さな黄色い菊。
「あ、これ、仏壇用…」と、内心思いつつお礼を言いました。

しかも、数年後の誕生日に下の息子が、
同じように小さな菊(確かピンク色だった)を買ってきた時には
「また、仏壇用…」
と、内心吹き出しそうになりながら、
必死に笑いを堪えて、ただ「ありがとう」と喜んで言ったのは、
まるで、昨日のことのようです。

今回、大学生の息子から届いた花は、ガーベラ一輪。

私が、この花を好きなことを覚えていてくれたんだ…

子どもの成長を感じると共に
なんだか、じんわり…喜びが込み上げてきます。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「素晴らしきかな、人生」LIFE CAN BE WONDEFUL

2017年03月12日 | 映画
「素晴らしきかな、人生」久しぶりに映画を観ました。

「素晴らしきかな、人生」LIFE CAN BE WONDEFUL

あのウィル・スミス主演で、あまり喋らず、表情やたたずまいで演技する役です。

ニューヨークの広告代理店で成功を収めていたハワード(ウィル・スミス)は6歳の娘を亡くし、
深い喪失感の中にいた。私生活だけではなく仕事にも身が入らない彼の会社は傾きかけていた。

同僚たち(ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ)もまた、そんなハワードと会社を心配していた。

ある日、人生ドン底のハワードの前に3人の奇妙な舞台俳優(キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン、ジェイコブ・ラティモア)が現れる。

不可思議な言動をハワードに投げかける年代も性別も異なる彼らは一体何者なのか?

しかしその出会いは、徐々にハワードに変化をもたらした……

幼い子どもを亡くし
長く自分の世界に閉じこもる主人公に対して

心理学的な考え方の様なアプローチがとても興味深く、
私にとっては色々考えさせてくれる映画でした。

主人公が癒されていくプロセスは、
カウンセリングの過程と重なり
心から込み上げてくる感動がありました。

昨年、訪れたニューヨークの街が舞台というのもあり、
より身近に感じました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あの頃の安心感をもう一度

2017年03月07日 | こころ
***
自分自身のこと、そして子供たちのことに
肩の力を抜いて、向き合っていこうと思います(^-^)
今まで以上に、家族に 沢山たーくさんハグして、
ありがとう♡ を伝えていきたいと思います!
***
田中さんのコメント、ありがとうございます。
田中さんが書いてくださった様なことは、
人に言ってるクセに、私自身もあまり上手ではないので、
力を抜いて、ボチボチやります。力まず、やりましょう。

うみちゃん、お互い、たまにはゆっくりする時間を取りましょう。
***

力を抜くと言えば、ヨガの最後に「シャバーサナ」亡き骸のポーズというのがあって、
クラス中、頑張って使った筋肉も心もゆっくり緩めて
地面に横たわる究極の至福の時間があります。寝息が聴こえてきそう…可愛いでしょう?
写真は、生後8ヶ月の男の子。

この力の抜けよう…見てください。
ママに抱かれて
まさに、全身の力を抜いて、幸せそうに眠っていて、
「いいなあ〜」と思、パチッと撮らせてもらいました。

私たちは、大人になって、なかなか力の抜き方が分からないけれど、
赤ちゃんの時には、こんなに安心して力を抜いていた時代があったのでしょう…

眠る時に、是非、見習いたいです。

あの頃の安心感を、もう一度。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心と身体が安全を感じるには…

2017年02月28日 | こころ
アメリカやオーストラリアに行くと
現地の方々は、くつろぐ、リラックスするのが上手だなあっと感心することがあります。

日本人は、下手かもしれません。

みなさんは、くつろぐことは、上手ですか?
あくせく働く母。

仕事と家事と育児で、いつも忙しそうな母。

子どもの頃の私の母親は、そんなイメージだった。

ある夏休み、私は小学4年生くらい。

母は、休みの日だったのか、溜まった家事が一段落したのか

急に和室にゴロンと横になった。

***
写真は、博多駅で見つけた波佐見焼の箸置き。
これを見て、何十年も前のその時のことを思い出して
とっても嬉しくなりました。
***

昼間にゴロンと横になる。

普段ないことなので、私の方が戸惑った。

「けいこもこっちに来んね。」と、母。


言われるまま、私も並んでゴロンと横になった。

初めはとまどったけど、

ただ、手足を伸ばして横になった。

あののんびりとゆっくり休んだ時の開放感を忘れない。

たまには、何もしないで、ゆっくりしよう。

くつろぐこと、何もしないことを楽しむことは、安全を感じること。

心と身体が、いつも将来の良くない出来事を避けるために働いている人は、くつろぐことが苦手な人。

たまには、一緒に心と身体を休めることで、子どもが安全を感じられますように。

写真は、博多駅構内に3月26日まで期間限定でオープンしてい「はさみショップ」。


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加