米倉けいこ ひまわり先生のちいさな玉手箱

ひまわり先生 米倉けいこ

「ちいさな玉手箱」

イヤな感情をもとから断つ! 「怒ってしまう自分」が消える本

2018年02月18日 | オススメです


我が師匠、倉成先生の本が出版されました。

ちょっとしたことで傷ついて、すぐ感情的になってしまうあなたへ。 無意識に湧いてくる怒りがなくなって人間関係が驚くほど変わり、毎日が快適になる方法。 アンガーマネイジメントが続けられない人、効かない人に特におすすめ



この本は、具体的な事例が沢山あって、感情処理法について分かりやすく書いてあります。

イヤな感情をもとから断つ! 「怒ってしまう自分」が消える本 | 倉成 央 著
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢と苦しみは、人を結ぶ

2018年02月16日 | 講演です
意志は、人を分け

夢と苦しみは、人を結ぶ

明日2018年2月17日(土)は、午後3時から

福岡市千早西公民館で、講演会です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

変わりたいと思ったら、まず行動!

2018年02月13日 | カウンセリング
福岡は雪は止みましたが、今日も寒いです。

明日、バレタインデー2月14日は、朝から朝日カルチャーセンターの
「家族と笑顔で過ごすためのコミュニケーション法」講座です。

単発で参加も可能です。

博多駅正面の朝日ビル8階に9時30分にお越しください。10時〜12時です。
家族と笑顔で過ごすためにどうぞ、ご参加ください。お待ちしています。


さて、変化のステージについて。

お知り合いが悩みを抱えていて、カウンセラーを紹介したいとご相談があります。

カウンセリングがあるという情報を伝えることは、可能でも、
情報をお伝えした方が、今すぐにカウンセリングを受けようと決心するかは、まちまちです。

私たちは、人を変えることができないから。

その方が、自分の問題に気づき、「よし!変わろう」と、決意する必要があります。

その決意には勇気が要ります。

いますぐ、変わろうとしなくても、あなたがイライラ、ヤキモキすることはありません。

だって、世の中の不快なことは、あなたの責任ではないから。

人それぞれの変化の過程、スピードがあります。

一生、自分の問題に向き合わないでも苦しいと感じない人もいるかもしれません。

カウンセリングでは変化の過程というものがあり、それぞれのステージがあるので、以下、ご紹介します。

もし、ご自分が変化したいという意志があると思われるなら、
ボチボチ講座などに出向いて、実行に移しましょう。

①前熟考期
当面、行動を変えようという意志をまったくもっていない。
自分の問題に気づいていない。

②熟考期
問題があることに気づいており、問題を克服しようと真剣に考えると考えているが、まだ行動に移す決意はない。

③準備期
変化したいという意志があり、変化の先駆けとなる小さな行動にすぐにでも取り組む準備ができている。

④実行期
実際に明確に行動の変化が生じている。

⑤維持期
行動変化が始まってから6カ月以降の行動の変化を維持する時期。

⑥終結期
問題行動に戻る誘惑を経験しなくなり、逆戻りを予防する努力をしなくてもよくなる時期。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンプライアンスからアドヒアランスへ

2018年02月12日 | カウンセリング
2018年2月11日
雪が積もって、夜遅く公園で雪合戦している若者たちを見かけました。写真は、カウンセリングルーム近くの住吉公園です。

韓国からの観光客が、三脚を立てて、雪景色の写真を撮っていました。

さて、アドヒアランスという言葉を聞かれたことがありますか?

企業などで遵守という意味のコンプライアンスという言葉が知られました。

病院では、最近、コンプライアンスというのは、患者さんは、医師の指示に従いなさいというのは良くないので、アドヒアランスが重要視されるようになってきました。

アドヒアランスとは、患者が積極的に治療方針の決定に参加し、その決定に従って治療を受けることを意味する。

従来、医療者は「医療者の指示に患者がどの程度従うか」というコンプライアンス概念のもと患者を評価してきました。

したがってその評価は医療者側に偏り、医薬品の服用を規則正しく守らない「ノンコンプライアンス」の問題は患者側にあると強調されていました。

こうしたパターナリズム(父権主義)よりも、患者自身の治療への積極的な参加(執着心:adherence)が治療の鍵であるとの考えられるようになりました。

「患者は治療に従順であるべき」という患者像から脱するアドヒアランス概念が生まれたそうです。

このアドヒアランスは、
治療内容
患者側因子
医療者側因子
患者・医療者の相互関係
という点を重要視していて、コンプライアンスとは大きく異なります。

例えば、服薬アドヒアランスを良好に維持するためには、

その治療法は患者にとって実行可能か
服薬を妨げる因子があるとすればそれは何か
それを解決するためには何が必要か

などを医師が患者さんとともに考え、相談の上決定していく必要があり
カウンセリングにおけるクライアントさんとセラピストとの関係O KーO Kに似てきて、
患者の立場としても、アドヒアランスの方が有難いなと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あなたの愛情は安心の源

2018年02月06日 | こころ
あなたの愛情は安心の源

海外で働く息子。

普段、ゆっくり話すわけではないけど、

体調くずしているようだったので

「大変だったら、いつでも帰っておいでよ」

と、メールした。

「安全基地を感じた。もう少しがんばる」

との返信。

「助けを求めてね。それって勇気だよ」


私は、若い頃、海外で暮らすことも、働くことも出来なかった。してみたかったけど。

だから、私が想像できない苦労もあるだろう。

喜びもあるだろう。

母親の私は、見守ることしか出来ない。

心の奥では、「がんばれ」と思っている。

同時に、「あんまり、無理しなくていいよ」とも思っている。

生きててくれるだけでいい。

いつでも返ってきたらいい。


その後、ゆっくり話をした。

子どもに時間とエネルギーを注ぎ、私も安心した。

息子も安心してくれたかな。

あなたの愛情は安心の源。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生きているだけで有難いのだと

2018年02月02日 | こころ
インフルエンザ流行っていますが、皆さん大丈夫ですか?

2018年2月3日(土)は、福岡市中央区のあけぼの保育園で講演と研修があります。


午前11時30分から1時間は、保護者の皆さんにお話をさせていただきます。

午後からは、職員研修です。

さて、もりもりマーチさん、sachiさんからコメント頂戴しました。ありがとうございます。

***
先日も先生の講演会、素晴らしいお話でした。
子どもの感情を受け容れることの大切さがとてもよく分かりました。

子どもが置かれた状況、子どもの心とても理解できました。長女はもう10歳と思ってましたが、まだ10歳なんですよね。

講演会の日は、一年生の次女を早く寝かせて、四年生の長女と久しぶりに二人で寝ました。とても嬉しそうに…寝るのを惜しみながら眠りについた娘に、たくさん我慢させてたなぁと反省しました。

次女はイヤがたくさんの毎日でしたが、先生が言われたようにたくさんのイヤを認めて数日過ごしています。
本当にイヤが減りますね。受け容れることも大きな愛情ですね。イヤを受け容れた時の次女のニッコリした笑顔が可愛かったです。

先生、たくさんの学びをありがとうございました。先生のお話、そして先生の詩を聞くと体も心も温かくなりました。
本当に子どもには普段は忘れちゃいますが、うまれてきてくれてありがとうですね。ありがとうございました。

***
子育てで忙しいと、

生まれてきただけで、嬉しかったこと

忘れてしまいがちですよね。

もしくは、生まれてきた瞬間から責任を重く感じて

そんなこと、思いもしなかった方もおられます。

先週、羽田空港行きの飛行機に乗りこんだものの

福岡空港で急病人が発生し、ターミナルに戻るなどしているうちに

飛び立つ前の飛行機の中に1時間以上缶詰めでした。

無事に羽田空港に到着したあと、

ああ、無事で生きて居られるだけで有難いのだと、改めて思いました。






コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

助けを求めることは、勇気があるということ

2018年02月01日 | こころ
勇気という美徳

私たちには、勇気という美徳が備わっています。

私たちが、助けが必要な時に助けを求めた時

勇気があるということ。

勇気を発揮していることになります。

Ask for help when you need it.

助けが必要な時に求める。

今日2月1日から、子どものタイプに合わせたコミュニケーション法の講座が
福岡市西区であります。
ふるってご参加ください。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

講演です

2018年01月30日 | 講演です
今日2018年1月30日(火)は、15時〜
福岡市立横手小学校にて講演です。

『子どもの心に寄り添うために
〜ひまわり先生の心の子育て実践法〜
こどもたち生まれてきてくれてありがとう」

今日もどんな方にお会いできるか、楽しみです。

子どもたちの笑顔のためには、

お母さん、お父さん、先生たちが幸せであることが大切だと思って講演活動をしています。

今、私の出来ることをします。


ゴロウさん
コメント拝見しました。

変化は、少しずつだと思います。
諦めないこと。

カウンセリングは、カウンセラーとクライアントとの信頼関係も大切です。

信頼関係というのは、今日、明日、ハイ出来ました!というものではなく
少しずつ積み重なるものだと思います。

以下、カウンセリングの大前提を2つ書きます。

この2つも、カウンセリングを受けたり、学んだりするうちに

少しずつ、そうなんだと思えてくるものだと思っています。

ご参考に。

①他人と過去は変えられない。変えられるのは、今の自分だけ。

②自分の思考・感情・行動の責任は、その人にある。


週末は、東京に研修に行きました。

雪が残っててビックリしました。

今月になって福岡は、雪がチラつくことも多くて、
雪がチラつくことには慣れて
雪が降っても寒いと思わなくなった気がします。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

「謙虚にしておごらず、さらに努力を」

2018年01月25日 | 勉強会
明日1月26日は、毎月恒例の先生たちの勉強会です。

NPOこころサポート主催
2018年1月26日(金)19時から21時

場所は、カウンセリングルーム
福岡市博多区博多駅前4‐7-1山宗ビル‐303です。

学校の先生方、お待ちしております。

***
最近読み直した本にこんな言葉を見つけました。

「謙虚にしておごらず、さらに努力を」

倒産したJALを2年で再建した京セラ創業者 稲盛和夫さんの言葉。

鹿児島出身の稲盛さんは西郷隆盛のファンだそうだ。

西郷隆盛の言葉を哲学として
京セラを創業、第二電電を立ち上げ、KDDIを経営してきた。

「敬天愛人」

稲盛和夫さんの著「生き方」は、
中国語でも出版されて、中国で200万部も売れたそうだ。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

感情は人生の彩り

2018年01月23日 | こころ
私は、今、講演のために特急ソニックに乗って、一時間半
大分県中津駅に到着。

こうげ町上毛町に子育て講演にきました。

ゴロウさん、Unknownさん、長崎勘三郎さん、
コメントありがとうございます。

***
ゴロウさん より
先生の投稿には関係ないかもしれませんが、質問させていただきます。

鬱で死にたいとか、絶望感など感じてるときって怒りが溜まってるんでしょうか?
怒りを出して感情処理していったら、少しずつ回復していきますでしょうか?

Unknownさん より
「私のせい」・・(中略)
先生に出会えてそうではなかったと気付きましたが、やはり今でも職場で不機嫌にされると何かしたかな?と落ち込んでしまいます。
私が不機嫌なのは私の責任。それは理解出来るようになりました。
他人が不機嫌なのはその人のせい・・・それを考えると頭がズーンと重くなりますが、時間は少しかかりますが、過剰に振り回される必要はないと思うと少しだけ力が抜けました。

***

ゴロウさんのご質問ですが、
確かに、「怒り」を溜め込んで、その感情が内向した場合に 鬱っぽくなったり、やる気がなくなったり、無気力になったりします。

また、怒りが内向すると、「自分が悪い」とか、
「罪悪感」を強く感じてしまうことが多いようです。

ただ、人間の感情は、複雑なので、単純に「怒り」だけでなく
きついな、ツライな、残念だなあなどという「悲しみ」の感情も溜まっていることも多いです。

また、不安感など、「怖れ」の感情も抑え込んでいることも多いです。

もちろん、ケースによって違うので、一概には言えませんが、

ネガティヴな感情を抑え込んでいると
不安定になったり、不適応になってしまうことがあります。

不安でいい

怖くていい

悲しくていい

怒っていい

嫌でいい

寂しくていい

私たちにとって感情は、とても大切なもの。

自分の中にあるネガティヴな感情を肯定的に捉え

感じることを許してあげてください。

感情は、あなたの人生に彩りを与えてくれると思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

この世の不快なことは、あなたのせいではない

2018年01月20日 | こころ
お母さんが不機嫌

夫が不機嫌

店員さんが不機嫌


私たちは、とかく、この世の不快なことに責任を感じる。

あの時、私がこうしたからかしら?

私、嫌われてるのかしら?


いえ、いえ。

自分の思考・感情・行動には、自分に責任があります。

だから、私が不機嫌なのは、私の責任。

だから、他の人が不機嫌なのは、その人の責任。

過剰に人の機嫌に振り回される必要はありません。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

社会的存在

2018年01月20日 | こころ
人は1人で生きていけません。

小学生の子供たちに「いのちの授業」の中で
「人は1人で生きていけません」
とお話ししたことが、心に残っているようです。

感想文には、人は1人で生きていけないから寂しいと感じたら友達を誘って遊ぼう思いますなどと書いてくれていました。

アリストテレスが
「人間は社会的動物である」

と言ったのは夢です。

社会的存在と言う言葉もあります。

社会的存在とは、社会学用語の一つ。

人間というのは労働者などという形で生産活動を行ったり、
消費者などという形で消費活動を行っているというのが社会参加であるということであるから、
人間というのは社会的存在であるということになる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寂しいと感じることは、進化の鍵?

2018年01月17日 | こころ
昨日は、熊本の勉強会でした。
熊本の復興、熊本城の改修について心配する人に、地元の関係者が丁寧に説明してくれます。
さて、ダーウィンの進化論。

猿から人間になっていくイラストを見て、
進化するということは、
発達し、良くなっていくことだと勘違いしていました。

種が生き残るための変化のことで、種の変化だから、退化しても、進化ということになるそうです。

進化の定義は、「生物個体群の性質が、世代を経るにつれて変化する現象」のこと。

また、進化過程である器官が単純化したり、縮小したりすることを退化という。

これもあくまで進化の一つで、退化は進化の対義語ではない。

その前に、種が生き残こるには、子孫が生まれることが前提ですが、
日本では、結婚しない人、出産しない人が増えています。

生涯未婚率は2020年には男性が26.0%、女性は17.4%、

2030年には男性が29.5%、女性は22.5%と予測されています。

アメリカの大学のジュリアン・ホルトランスタッド教授が、アメリカ心理学会で、

「世界中の多くの国々で、『孤独伝染病』が蔓延している」
と、孤独が健康に及ぼす影響について発表したそう。

ヒトという種が生き残るには、この孤独伝染病を食い止めることが優先です。

子どもたちに「寂しい」と感じることは、人が人と関係したいと感じる大切な感情だよ

だから、寂しいって感じ、友だち誘って仲良くしようねって、話しています。


私たちが生まれながらにして感じる「寂しい」っていう感情は、
ヒトの進化にまで、関係しているのではないかと思います。

大人も寂しいって、感じること、遺伝子に組み込まれているハズ、
寂しい感情は、人と繋がりたいというモチベーションになる、とても大切な感情です。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

あなたの人生を変える7つの質問

2018年01月15日 | こころ
元岡小学校に講演に伺いました。

役員のお母さん方、お疲れ様でした。

子どもの笑顔には、お母さんの幸せって、とっても大事です。

さて、人の言うことを聞く人聞かない人

人から学ぶ人から学ばない人

自分を変える人、他人を変えたい人

いろんな人がいます。

例えば、人の意見を聞かず、人から学ばず、他人を変えようとしたら、
自分は苦しまないかもしれません。

例えば、人の意見を聞き、人から学び、自分を変えようとしたら、自分が苦しいでしょう。

自分を変えることには勇気が要ります。

今日は、勇気ある自分を変えたい人のための7つの質問を書きます。

1.本当にあなたの人生を向上させるように、自分自身を変えることができますか?

2.あなたは、それを達成するために何をする必要があるでしょうか?

3.あなたは、それをやりたいですか?

4.それはどのようにあなたにとって有益、もしくは喜ばしいでしょうか?

5.あなたが変わったことを、人は何を見て分かりますか?

6.あなたは、あなた自身が変わることを妨害するでしょうか?

7.あなたが望むものを得るためには、妨害する代わりにあなたは何をしますか?

もし、あなたが自分の人生を変えたいのであれば、
この七つの質問に対する答えを
じっくり考えて、ノートに書いてみましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人から学べる人

2018年01月11日 | こころ
人から学べる人って、どんどん成長していかれます。


助三郎さん、ご挨拶ありがとうございますm(__)m

今年も「ひまわり先生のちいさな玉手箱」を開けて、勉強させて頂きます。

宜しくお願い致します。

***

助三郎さんのこうした姿勢は、
先生を先生たらしめ
人から学べる方、助三郎さんこそが、成長していかれます。

見習いたい姿勢ですね。

人には、人から学べる人、学べない人の2種類があるように想います。

人から学ぶのは、教科書から学ぶのとは違います。

人の振り見て、我が振り直す人もいれば、
もう知っていることでも、新たに学んでいく。

それには、「聞く耳」と「謙虚さ」が必要です。

昨日は朝日カルチャーセンターで、お母さん方が子どもや家族とのコミュニケーション改善のために勉強に来られました。

「聞く耳」と「謙虚さ」を持って参加されている方々は、吸収力がバツグンで、
お話していて、楽しいです。

成長も早いです。

私の方が教えていただくことが多いように思います。

ランチも楽しかったです。

今日は、九州女子大の講義の日。

長崎本線は、大雪の影響で遅れていて、
夜、雪が積もって博多に戻れるかが心配です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加