米倉けいこ ひまわり先生のちいさな玉手箱

ひまわり先生 米倉けいこ

「ちいさな玉手箱」

甘え上手になりましょう。

2017年06月22日 | こころ
子どもにとって、どんな親がいいのでしょうか?

お父さんに上手に甘えるお母さん

奥さんに甘えられるのが嬉しくて、頼れるお父さん。

そんな両親だと子どもは、安心して、

辛い時に弱音が吐けると思います。

子どもは、お父さん、お母さんに甘えたり、頼ったりできるでしょう。

もしも、お母さんがお父さんに甘えるのが、苦手で

我慢して、我慢して、爆発した時は、文句になります。

文句を言われたお父さんは、ますます家に帰って来たくなくなります。

お父さんが帰って来ないと、その不満は、子どもにイライラや文句という形で漏れ出てしまいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「心の栄養」WEB講座アップされました

2017年06月21日 | こころ
「子育てパーク 米倉けいこ」で検索してみてください。
http://www.kosodate.pref.fukuoka.jp/modules/auth01/index.php?lecture_c.php

福岡県立社会教育総合センターのホームページ
「ふくおか子育てパーク WEB講座」思春期編に
「思春期うつ病」について原稿依頼を頂戴し投稿しております。

3回目がアップされました。ホームページも覗いてみてください。

4回シリーズなので、目下、次の原稿を書いています。

一部抜粋します。
**
思春期うつについて 実践的な関わり

第3回は、思春期うつへの実践的な関わりについて、親や先生、地域の人たちがどのように実践できるかについて書きます。 子どもたちの自尊感情を強くし、起きた出来事によって「自分はダメだ」「自分には生きる価値がない」と落ち込んだり、死にたくなったりするのを防止するためには、子どもたちに「ストローク」を充分与えることが必要です。

「ストローク」とは、相手の存在や価値を認める働きかけ、刺激なことで、人は体の栄養だけではなく、心の栄養=がないと生きていけません。言葉による言語的なものと言葉によらない非言語的なものがあります。以下、ストロークの種類を4種類に分けて考えてみます。


「心の栄養」(ストローク)の種類
 赤ちゃんが人へと成長していくには,おっぱいを与えるだけでなく,心の栄養=人への関わり(ストローク)が必要である。
例:だっこする・撫でる・語りかける・抱きしめる など

○ 無条件のプラスのストローク
・存在の肯定(存在を認める)
ただ,生まれてきてくれたことが大好き

○ 条件付きのプラスのストローク
・行為の肯定・・・しつけに使う
何かできた時だけ,ほめる

○ 条件付きのマイナスのストローク
・行為の否定(間違った行為)
・・・躾に使う

× 無条件のマイナスのストローク
・存在の否定・・・これは,よくない
「お前はダメだ」「嫌い」「生きる価値
   がない」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「こだま」のように

2017年06月14日 | こころ
「遊ぼう」っていうと
「遊ぼう」っていう。

「ばか」っていうと
「ばか」っていう。

「もう遊ばない」っていうと
「遊ばない」っていう。

そうして、あとで
さみしくなって、

「ごめんね」っていうと
「ごめんね」っていう。

こだまでしょうか、
いいえ、だれでも。

***

金子みすゞさんの詩
「こだまでしょうか」

「私と小鳥と鈴と」や「大漁」などの代表作が教科書に載ってた。

山口見出身だそうで、今の長門市が生まれだそうで、
わずか26歳までしか生きていないが、
沢山の児童詩を書いた。

子どもは、特に
「大好き」と言われると「大好き」と答えたくなる。

大人は、傷ついた体験などから
たとえ、相手がそう言ってくれたとしても
こだまのように答えられない時がある。

子どもから学びたい、「こだま」のような純粋性を…。

今日から4回シリーズで始まった朝日カルチャーセンターの講座は、
家族と自分が笑顔になるコミュニケーション法というタイトルです。

今回は笑顔形の方が多く
ドラえもんに出てくる静ちゃんタイプ、感情型さんが多いです。

講座の後、残れる方、6人で楽しく食事をしました。

帰り際、「楽しかったです。このチームは静香ちゃんチームですね、あのドラえもんの静香ちゃん。」

その後に私は、あわててて、付け加えて言いました。

「静香だけどおしゃべり」

「私もそう思った」(笑)

これまではいろんなタイプの方が多い講座でしたが、
今回は感情型さんと反応型さんの多い講座になりました。

仲良くしたい家族、子供、夫にこそ、
つい悪態をついてしまうのも否定せず、
それは、仲良くしたいからだと認めましょう。

その上で、いい「こだま」が返って来るように
私たちから、優しくて温かい言葉をたくさんかけられるように一緒にしていきましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウキウキ、ワクワク、興奮することの大切さ

2017年06月14日 | こころ
最近、ウキウキ、ワクワクすることはありますか?

今日から朝日カルチャーセンターの講座が始まるので、私は興奮しています。


子どもの頃は、興奮して、よく親に怒られました。

「またふざけて…」

「はしゃぎ過ぎ」

「みっともない」

そういえば…うちの子どもも、運動会の朝に、興奮して鼻血を出してたこともあったなあ。

親からのメッセージは「興奮するな」

ところが、人間は興奮するのが自然なんです。

楽しい時、初めてのことに挑む時、

これまでやりたかったことをできる時

がんばってやってきたことが成し遂げられた時

小さな成功でも人は本当に興奮するものです。


対馬市でのカウンセリング力(りょく)養成基礎講座や中級トレーニングがうまくいって興奮していました。

そして、福岡での基礎講座の講義が無事終わり
私は、興奮していました。

そして、久しぶりに旧友との旅行に出かけて、興奮していました。

興奮すると、アドレナリンが出て、若くなっている気がしています。


これからは、抑圧した興奮を取り戻しませんか?
興奮してる時は心臓がバクバクして血圧が上がり、汗をかいてまるで緊張していたきた体の症状は全く同じです。

それがしたいからこそ、緊張もします。

緊張と捉えるか?

興奮と捉えるか?

同じ出来事をネガティブに捉えるも

ポジティブに捉えるも自由。

あなたの人生は自分が、どう捉えるか、自分が選び

達成感や興奮、喜び、幸せを感じるのも自由。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

急募! いよいよ「家族と自分が笑顔になるコミニケーション法講座」開講

2017年06月11日 | こころ
いよいよ来週から家族と自分が笑顔になるコミニケーション法講座が始まります。

博多駅前にある朝日カルチャーセンターで、毎月一回全4回あります。

6つのタイプとタイプ別コミュニケーション法です。

お申し込み、お問い合わせ朝日カルチャーセンター092-431-7751までお願いします。

みなさんのご参加、お待ちしております。

今日は、同じ朝日カルチャーセンターで特別講座「アンガーマネジメントと感情処理法」をしました。

沢山の方にお集まりいただきました。ありがとうございます。

最新の心理学やカウンセリング経験から感情について学び、
感情をスッキリする方法をお伝えしました。

怒りのコントロールは我慢することだと考えていた方も多かったようです。

コントロールするというのは、決して我慢では、ありません。

怒りの感情は、本来理不尽なことや不当な扱いを受けたときに問題解決のパワーになるものです。

現状を打破したり

障壁を除去したりする大切な役割を果たす感情です。

一方、私たちが厄介に思っている「怒り」は、
怖い時に即座に防御として相手を攻撃するようなおそろしい「怒り」であったり

我慢して我慢して我慢して挙句に爆発する「怒り」であったり

私たちは、よくにせものの感情を使っているのです。

偽物の感情を使っても使ってもすっきりしません。

タイプによっても、得意な感情、苦手な感情の傾向もあります。

今日、ご参加いただいた皆さん
これからも感情をスッキリする方法を実践、練習して、楽になりましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【「傷つきやすさ」は「優しさ」のしるし】

2017年06月04日 | こころ
【「傷つきやすさ」は「優しさ」のしるし】

尊敬する心理カウンセラーの先生から

「もともと大変感じやすくて、人前で緊張し過ぎて、卒倒したこともある。

いまでも、緊張するし、不完全だ。」

と言う話を伺いました。

その先生、若い頃、全然、違う仕事をするつもりだったけど、

自分の「gift」を活かして心理カウンセラーに進路を変更されたそうです。

「gift」

天賦の才

才能

贈り物

良いところ

何と、訳すのが適当なのか分かりませんが、

これまで、私は、自分の「感受性の高さ」「傷つきやすさ」は、
「欠点だ」「恥ずかしい」などと思ってばかりだったけど

この先生が、「gift」と表現されたことで、救われた気がしました。

自信がなくてもいいんだとも思いました。

弱みを克服すると、それは強みに、

そして、ギフトになるんだと教えてもらいました。

カウンセリングだって、自信がなく緊張しやすい人方たちが、ご相談に来られます。

傷つきやすい方たちが、ご相談に来られます。

人に優しくしたい方たちが、ご相談に来られます。

そう、自分が傷つきやすいから、相手にはそんな思いはさせたくない。

傷つきやすいからこそ、人の気持ちを理解しようする。

「傷つきやすさ」は「優しさ」のしるしなんだと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福浜保育園

2017年06月02日 | 講演です
明日2017年6月3日は、福岡市の福浜保育園に講演に伺います。

お母さん方が、少しでもラクに子育てが楽しくなるようなお話しをしたいと思います。

お母さんって、ついつい自分を責めがちですが、
例えば
「イライラしちゃいけない」と思えば思うほど、人はイライラしてしまうものなので、
むしろ、一生懸命頑張っている自分を褒めましょう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いじめっ子も抑えた気持ちを抱えている

2017年05月31日 | 命の授業
もりもりマーチさんから
夢・願い・実現・道・・・というタイトルでコメントいただきました。
ありがとうございます。

***
「命の授業」お疲れさまでした。
もう、どれくらい命の授業でしょうか?
先生が、追求していることは賞賛に値する・・・。
だけではなく、多くの子どもたちやお母さんを幸せに導いていますね・・・。

信じた道を、1歩1歩進んでいる姿に感銘と敬意を称します。
後から続く私たちも、その道を頼りに、自分たちなりに、自分の夢を願い、前に進んで行きます。
***

「いのちの授業」を始めて、確か12年になります。

最初は、自分の子どもの通う小学校の校長先生にご相談いただいたのがきっかけでした。

校長先生のご相談は、
「繰り返しターゲットを変えるいじめっ子をどうしたらいいか?」
と、いうものでした。

いじめられた子どもは、カウンセリングに行っても、
いじめっ子がカウンセリングに行くことがなく
いじめっ子の親は子どもを身体的に暴力を振るったりしている。

校長先生が親とお話しても、暴力じゃなくて、教育だと言われてしまう。

この話を聴いて、
いじめっ子も、本当は辛い思いを抑えたまま、SOSを出しているんだと思いました。

そこから、子どもたちの授業に入れば、
いじめっ子にも いじめられた子どもにも
抑えた気持ちを少しでも楽にし
直接、いのちの大切さをお話できると考えました。

写真は、「児童館だより」
ここの所 毎回、私の著書「ひまわり先生の幸せの貯金箱」から抜粋して「心の子育て実践法」を掲載してくださっています。

送ってくださり、ありがとうございます。

子どもの気持ちを受け入れてお母さん方が少しでも楽になりますように…。

子どもも、お母さんに気持ちを受け入れてもらって、少しでも楽になりますように…。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

急募 アンガーマネージメントと感情処理法

2017年05月25日 | 講座
2017年6月7日に

朝日カルチャーセンターの特別講座をさせていただきます。

楽しみです。

一回だけの単発講座です。

初めての方、どうぞ、いらっしゃてください。

お問い合わせは、朝日カルチャーセンター博多駅前までお願いいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「いのちの授業」いのちと感情の大切さ

2017年05月24日 | 命の授業
うみちゃん
コメントありがとうございます。

感情を大切にして、それはきちんと相手に伝えた方がいいのでしょうか。やはり怖さが先立ちます、誰に対して伝えるときも。拒否されたら…否定されたら…。相手にも感情があるからこそすれ違うこともあるのだと思いますが。
***

親密な人ほど伝えたくなりますよね?

伝え方も難しいですね。

相手に分かってもらえなくても、

とにかく伝えるそれだけでよければ…

でも伝えたからといって、

相手が理解してくれなかったらと思うと怖いですね。

私も試行錯誤中で、お答えになっていなくてすいません。

さて、今日は、福岡市立姪浜小学校に「ひまわり先生のいのちの授業」に来ました。

お話しながらワクワク興奮しました。

興奮を鎮めるために、帰り愛宕浜の磯の香りをかぎながら、ブログを書いています。

子どもたちさんたちに
みんなの命がどれぐらい大切なのか

みんなの感情がどれぐらい大切なのか

もし親がかまってくれなくても、親がうるさくても

あなたはとても大切な存在だと語りかけてきました。

友だちにイジメられていたら、イヤと言ってと励まして来ました。

話を聞いてくれている子供たちの中には、
涙は流して聞いて生きてくれているこもいます。

私の出産の話をするために作った赤ちゃんの人形を抱っこしに来る子もいます。

こうして子どもさんたちに授業ができることが私の喜びです。


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【人生には「喜び」と「苦しみ」があり、それはコントロールできい】

2017年05月19日 | こころ
【人生には「喜び」と「苦しみ」がある。そして、それはコントロールできない】

「喜び」は、「喜び」を感じることはあっても、それをコントロールできない。

なぜなら、人によって同じ出来事でも感じ方が違うかり。

「苦しみ」も、またコントロールできない。

人生には、「喜び」も「苦しみ」もある。

「苦しみ」は、欲しくはないけど、やって来る。

大切な人の病気や死、お別れ。

分自身に起こる不幸なこと。

できれば、「喜び」だけの人生にしたいけど、そうもいかないのが現実。

どちらもあることを認めて初めて、「喜び=JOY」が本物となる。

生まれつき持ってる「ギフト」、才能、授かった物を活かして喜びを感じたときにここよよenjoy!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感情を大切にしよう。

2017年05月17日 | こころ
スミレハナミズキさんからいただいたコメントです。

親は選べません。しかしながら、親がいるからこそ今の自分もいるんですよね。
自分の中に湧いてくる複雑な感情を否定するのではなく受け入れてあげる事で、消化が進むのでしょうかね。

***
本当に複雑ですよね。

なんだか、親を否定するように聴こえたらゴメンなさい。

親を否定したいんじゃないんです。

もちろん、私も親ですから

親の側に子どもに対する愛情があっても、

親も完璧では ないから

子どもの側に伝わらないことも多いです。

完璧な親は居ないからこそ、複雑な気持ちが生まれます。

それは、親子だけでなく、夫婦もそう。

上司と部下もそう。

同僚もそう。

クラスメイトもそう。

本当は仲良くしたい。

でも、相手は変えられない。

だから、私たちは、私たちの感情を大切にする。

愛しているのに、愛情が伝わらない悲しみ。

仲良くしたいのに、辛く当たられることに対する怒り。

見捨てられる怖さ。

感情を大切にしよう。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

親は選べないpart2「しゃーないなあ〜腹立ててやるか」

2017年05月12日 | こころ
親は選べないと、前回書いたところ

あの記事は嬉しかったとの声をいただきました。

前回の続きです。

友だちは選べるけど、親は選べないのは、事実。

だから、理不尽なことや不当な扱いと感じた時に怒りを抑えがちになる。

これは、可愛がってくれる上司だって同じこと。

だから、可愛がってくれる部分には、感謝して、

でも、怒りも抑えないようにすることが大事。

怒りを抑えないとは、相手にぶつけることではない。

怒りを抑えないとは、攻撃することではない。

怒りを抑えないとは、誰かに当たることでまない。

ましてや、大声を出すことでもない。

ただ、一人の時に、自分の中に溜まった怒りや体の中の違和感を感じ

「あ〜、腹が立つ」

と、息と共に吐き出すこと。

怒りが苦手なら、クッションに顔を押し当てて

「ワー」

と、言ってみてもいい。

一人の空間なら、お風呂や車の中でもいい。

とにかく、周りに人が居ないのを確かめてスッキリする方法を見つけること。

時には「ワー」と、言った後に、涙が出てくることもある。

怒りも、悲しみも、自然な感情で、あなたのものだから

どうか、大切に処理してあげて。

親は選べないから

「しゃーないなあ〜腹立ててやるか」

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

【親は選べないけど、友だちは選べる】

2017年05月07日 | こころ
写真は、福岡市博多区山王公園の花や蜂。

草の香りに深呼吸しながら、花を眺めるのに、いい天気、
朝からのんびり、まったりしています。


ベンチに座ってると、雀や鳩が餌があるかと寄ってくる。

【親は選べないけど、友だちは選べる】

「親にムカつくし、嫌いだけど、好き。

やっぱり、見捨てられない。」

これが、多くの子どもの気持ち。

「だけど、親は、決して 友だちには、ならないタイプ」

「親だから、仕方なく付き合ってる。」

「親だから、見捨てられない。」

親は、子どもから当然受け容れられると信じ過ぎている。

親は、子どもに甘え過ぎてる。

イライラして当たる。

ついつい、無意識に大人の人間関係のストレスのはけ口にしてしまってる。

親は、それが、許されると信じ過ぎている。

子どもの側からすると
「親は、選べない。」

「当たられる自分が悪い。」

「親が怒らないような良い子にしなきゃいけない。」

「親の期待に応えたら、愛されるに違いない。」

カウンセリングで、本当は、怖い、嫌だと感情を吐き出せたら

「親に当たられる自分は悪くない。」

「親は、選べない。友だちは、選べる。」

そんな境地に達する。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「謝らない」というのとは、その人も許してくれるということかもしれない

2017年04月28日 | こころ
「謝る」か「お礼を言う」かどっちにしよう??
と、悩むことがあります。

特に、英語で書くメールで「申し訳ありません」と、伝えたい時に
「これって?サンキューの方がいいのかな?」
などと、考え込んでしまう。

若者の情報によると、日本のアニメ映画を見ていたら、英語字幕でも、そんな事があるらしい。

登場人物が
「すまない」
と、言った時に

英語の字幕で
「Thanks」
と、書いてあったとか。

文化の違い。

考え方の違い。

それぞれ、長所と短所があると思う。

例えば、アメリカのホテルで一週間滞在中に
カードキーがある日、使えなくなってフロントに行くと
「どうぞ。」とカードキーのデータを更新して渡してくれる。

日本のホテルなら、おそらく丁寧に
「申し訳ございません。ご迷惑おかけしました。」
などと謝ると思うが、
アメリカでの謝罪の無さに不満を持っていた。

が、何度もアメリカやオーストラリアに行って、しょっちゅう故障などがあって、その度に
「どうぞ。」とか
「直ったよ」とか言われると
慣れてしまった。

謝られないと
「故障することもあるさ」とこちらもおおらかになる。

謝られないことで
「あなたも多少の失敗があっても、いいんだよ」と言われている気がしてくる。

「おおらかさ」なのかもしれないな。

逆でも許してくれるってことかもしれない。

だから、馬鹿丁寧に謝られると、こっちも失敗が許されない気がして、緊張する。

謝ってばかりいるのを止めて、

お礼を言うのを増やそう。

写真は、手作りお人形(シュタイナーのお人形)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加