小さな音楽家のブログ

考えたことをぼんやり書いていくだけのブログ。音楽のことが多いかも。

天国に持っていきたい音楽

2017年06月16日 03時15分47秒 | 音楽
そう考えると、やっぱりクラシックなんですよ。
クラシックこそ音楽なのですよ。
ポップスは心地よい、確かに心地よい、感動もする。しかし天国に持っていくのはどんな音楽って聞かれたら、クラシックしか残り得ない。完全に、間違いなくそう。


でもやっぱ、思い入れ補正が強いなあ。

※※※

ベートーヴェン/第九
ブラームス/交響曲2番
ビゼー/アルルの女
ラヴェル/マメールロア
マーラー/9番
シベリウス/5番


次点、なんて言い出したらキリがないから、今回は本当に絞って以上にしてみた。



ああ、でもバッハの、主よ人の…や、シューベルトのGes-durの即興曲、モーツアルト、ショパン…

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「大人」とは | トップ | 恥も外聞もない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。