小さな森のバラ

新潟の園芸店の日常、ついに耕作放棄地を卒業しイングリッシュローズのサンプルガーデンと装飾的野菜畑を作って行きます。

耕作放棄地からバラ園へ 1017.1.30

2017年01月30日 12時09分39秒 | 耕作放棄地

雪が消えないのでハウス内作業ですが、ブログを書きながら有言実行挫折予防

本日もご来店有難うございます。新潟市中央区鐙雨が降っています。

 

年末に畑のハウスに持ち込んだパクチーの苗強風で傷んだのか単に水切れなのか育っていません。店の棚下にこぼれ種で生えた株は寒さに耐えしっかり成長しています。戸の無いハウスなので強風はもろに当たりますが外で雪下にならないなら成長し続けるのを見て植え付けることにしました。タイ風のカレーのトッピングに使います。雪が残る今の時期強い香りの食材が恋しいです。バジルの冷凍もすでに食べ切り乾燥ハーブでは物足りないです。少しだけ収穫してサラダの飾りにしました。

年末に蒔いたルッコラ保温と鳥よけのために不織布のべた掛けを27日に掛けたら本葉が出始めました。早く掛ければ良かったです。

ハウスも土を掘ればまだ竹の根が出てきます。3メーター程の小さな畝を作ろうと掘り返しています。

 

今後ハウス内でハーブと言われる香り野菜を栽培し取り立て野菜で調理出来たら幸せかしら。畑を貸出し小さい方のハウスで直ぐに調理出来て体験型の農園が運営出来たら楽しいかも知れません。

車で十分以内に多くの大型店が有る地域なので不足の食材は手に入ります。未利用の施設を有効利用出来たら良いです。不特定のお客様だと保健所の許可が必要になるので多分企画はボツかしら。

二階部分に当たる床をしっかり張り南側の枯れ木を伐採したら高速道路が見え、天候によっては越後連山も遠くに臨めるはずです。

これは刑務所ハウス前だと視界に入らないと思います。

ハウス前から南側高速道方向

 

計画と現実の差が大きく2月は確定申告のための作業を始め提出する頃には春です。貸農園をすると個人事業になるので覚悟がまだ出来ずにいます。利益何て出るはずも無いのに雑務が増え休めなくなるのでは本末転倒なんです。思いは形になるのかしら。片づけたり野菜を栽培したりバラを育てたりして庭になるころまで家族で相談し続ける予定です。今を楽しみ分かち合えたら良いだけなのに考える程難問山積みです。

本日も最後までお付き合いいただき感謝申し上げます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゆっくり暮らす | トップ | 道路工事が始まります »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

耕作放棄地」カテゴリの最新記事