小さな森のバラ

新潟の園芸店の日常です。イングリッシュローズがメインのバラ園にしようと耕作放棄地で作業を開始

耕作放棄地からバラ園へ 2017.5.11

2017年05月12日 05時44分22秒 | 耕作放棄地

伐採するか決めかねてます、ブログを書きながら有言実行挫折予防

本日もご来店有難うございます。

 

大きなケヤキの枝先とシイの木の先端が重なり合ってカシが枯れかかっています。色々根元を掘り起こし大事な根を切ってしまったのかも知れません。枝先もよく見ると枯れ枝が目立ちます。少し離れた所の株立ちは落葉後一斉に新葉と入れ替わっています。

木の芯部分が折れ回復不可能かもしれません。

5.10撮影

真ん中の三本と右側に一本

伐採後ケヤキの右脇が広くなりました。

南側の畑の先は田が広がりその先に高速道路

 

足元に草花を植え付けると切り倒すのは難しくなるので数日のうちに結論を出す予定が突然の電話「全部切ってもいい。」チェーンソーのチェーンを新品にしたら良く切れたらしく午後から畑に行ったら全て細切れになっていました。

敷地内から北側の市街地方向

これで北側の畑はほぼ伐採終了です。

雨が降ると一斉に育つてきます。

お客様の処分依頼のヒラトツツジ老木ですが満開です。

東側のバラたち

 

雨が降り種蒔きした青ネギも発芽してきました。風が強い日が多くバラもどうなるか分からないですが病気の発生も無く蕾は沢山ついています。耕作放棄地から一年目のイングリッシュローズの初咲きが待たれます。

本日も最後までお付き合いいただき感謝申し上げます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蕾が着き始めたばかりですが... | トップ | 今朝の花壇 2017.5.12 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL