小さな森のバラ

新潟の園芸店の日常です。イングリッシュローズがメインのバラ園にしようと耕作放棄地で作業を開始

耕作放棄地からバラ園へ 2017.6.18

2017年06月19日 13時40分39秒 | 耕作放棄地

天地ガエシのつづきです、ブログを書きながら言実行挫折予防

本日もご来店有難うございます。

 

二日間のんびりしていました。無理は効かないのを痛感してます。

ゆっくり進めます。

防草シートを張る場所の整地にまで来ました。

 

東北の角の石を積み上げている近くまで掘り返しが進み今月中にゴールが見えてきました。

ハウスに近い西側は切り倒した木の根が多く作業は断念しニューサイランを植えようかと考え始めています。無理せず有のままを活かす植栽。大まかなデザインが夫にも見えてきたようで更にやる気スイッチ入ってます。

きっちり更地にして図面を引き何て仕事では無いので環境に合わせた手作りのガーデンです。高低差も有り過去の遺物も有ります。

 

野菜作りもしっかりハマってしまっているので南側の畑の整備も、秋以降来春用に整備を始めます。

ニンジン素直に育ったものとご苦労の末肥大、地上には何のサインも無い。小石を拾いながら土を育てていきます。

雄花が育ってきました。

 

半年早かったです。寒い中バラの植え付けから始まり、ハウス内で葉物野菜の栽培。

種まきから苗作り。

野菜の栽培。

途中に有るフジの根の掘り取りが一番時間を使い、今は草取りで草密度を減らしていきます。

 

鮮度の良い野菜たち架空居酒屋「おばんです」だったら農家居酒屋が始められそうです。元々無国籍料理専門のモドキたちの家庭料理を素材を吟味した体に優しい食事にしたいだけです。

雨待ちですかーーーーー。

 

仕事では無くライフワークで友人と食事会が目的です。

充分現役時代に夫も私も激務をこなし、選択しての今です。店の運営は娘に任せ楽しい姿を見せるためのバラ園造り。

 

仕事を止めた時には通販で買い物だけの楽しみが、今は畑に行き花を育て耕作放棄地が見違えるほどになりました。

 

ブログを書かなかったら辛い作業の連続に投げ出したかもしれません。

読んで頂いたお陰と本当に感謝申し上げます。

 

本日も最後までお付き合いいただき感謝申し上げます。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 土入荷しました | トップ | 季節の野菜カレー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL