小さな森のバラ

新潟の園芸店の日常です。イングリッシュローズがメインのバラ園にしようと耕作放棄地で作業を開始

耕作放棄地からバラ園へ 2017.4.21

2017年04月21日 13時52分26秒 | 耕作放棄地

除草作業の続きとゴミ捨て、ブログを書きながら有言実行挫折予防

本日もご来店有難うございます。

 

メタセコイアも新芽

 

毎日半日ほど夫に付き合い畑通いが当たり前になってきました。前日種蒔きしたものを持ち込んだり移植適期に育ったものを店に持ち帰り植え替えたりと日々園芸三昧です。

バジル発芽

発芽しなかった物もこのところ遂に発芽、急いでも適温にならないと発芽スイッチが出ない所がすごいです。

アスパラガスは針のようなアスパラガス型の新芽、先日夫が前年物の上を耕運機を掛けたので今年は無いよーー。一番がっかりしていたのは夫、まだ新潟では芽が出ないので草に覆われついがーーーーーーっと通り過ぎたようです。気温が安定せず風の強い日も続きベタ掛けが剥がれたりと後片付けに追われます。そろそろ虫よけネットに換えようと思っていたので良しです。

小さいですが劣化しないうちに植え付け、青汁用。初めての場所なので害虫が分からないので様子見です。オルトラン播こうかしら収穫は初夏なので薬の効果は切れます。無農薬有機派でも無いです。ジャンクフード好きが身体に悪そうとかで無農薬派もなんか変、低農薬で虫が好んで食べにくい野菜を専門に栽培します。

最期の畝完成

ネギの隣に

手が悪いのでシダーテープ買ってみました。

 

工夫したらなんでも使えます。抑えて土を掛けしっかり水やり、作物により土の掛具合が難しく感じます。厚くても薄くても発芽後生育が悪い。種袋の情報をもう一度確認です。

これも同じ畝に点蒔きしてみました。

 

南側の畑少しづつですが片付いています。

 

枝豆やトウモロコシも発芽して来ているのでもう少ししっかり育ったら、植え付け出来そうです。連休どころか毎日がお休みの夫婦なので晴れたら耕しています。

最期の畝を耕耘のついでにバラの後ろに一年草を植え付ける場所を耕しもらいました。ナスタチウムの種を今年買い忘れたので苗を買う事にします。種が混合なのでバラに似合う色を植えたい。

 

本日も最後までお付き合いいただき感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今朝のボーダー花壇 2017.4.21 | トップ | レモンバーベナ復活 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL