小さな森のバラ

新潟の園芸店の日常です。イングリッシュローズがメインのバラ園にしようと耕作放棄地で作業を開始

耕作放棄地からバラ園へ 2016.12.7

2016年12月07日 17時20分21秒 | 耕作放棄地

余りに荒れ果てた耕作放棄地、ブログを書きながら有言実行挫折予防

本日もご来店有難うございます。

 

畑に行く途中で皇帝ダリアが綺麗に咲いています。運転手側なので撮影できませんが綺麗に咲いています。帰りは薄暗く撮影しにくいです。雪国で開花まで楽しめるのは数年に一回なのでは11月に強い寒波や強風ミゾレどんな日も有ります。天気の記録になるかもしれません。

ハウス前のこぶしの木がすっかり落葉

 

 

 ハウス脇は後写真中央のカイズカイブキだけ伐採予定

ネムノキ左側の通路よりにもう一本有ったのを今日伐採

過去35年色々な気候の12月に会っています。市場でトラック一台シクラメンやシンビジュームを仕入れた翌日に大雪。記憶から消してしまいたい敗北も多々有ります。今ほど精度の良くなかった天気予報に翻弄されてきました。都合の悪いことは語らずです。

ハウスに並行に三本植えられていたネムノキ通路に近い一本を伐採。撮影する前に切られてました。

細かくして

季節外れのツルニチニチソウの花

伐採後

通路脇からハウス前まで空き

入り口が見える様になりました。

天候に恵まれたおかげで疲れ具合と丁度合う進み具合です。退屈しない日々はやはり良いです。この楽しさを提供したいのですが具体的にどうしましょう。細部を決めていかないと運営できそうも無いし、ケガしても困るし。お天気の良い週に3日程度お弁当を畑で食べたりバラの剪定や野菜を少し栽培したり、定年後の夫がきつい畑のかたずけを楽しそうにしているのを見ると、無理しない程度の作業は心にも体にも良いのでは。

先回のメタセコイアの隣サザンカの後ろの枯れ木を伐採始めました。

左端が前の写真続きのニセアカシア、南側の開けた所につながります。

西を向くと洋種ヤマゴボウの枯れた一体に

暖かい日が有ったらやっつけてやるわね。待ってなさい。

散歩している高齢の人たちの視線は「楽しそうだね。」に見える私。最近会釈していく人が増えた気がします。ぼーーーーっと空を見たりひたすら根を掘ったり。細かい事なんか大したことないと思えます。

 

本日も最後までお付き合いいただき感謝申し上げます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪マークで剪定始めるのでお... | トップ | アラレが降りました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL