小さな森のバラ

新潟の園芸店の日常、ついに耕作放棄地を卒業しイングリッシュローズのサンプルガーデンと装飾的野菜畑を作って行きます。

花苗のポット移植

2017年09月19日 06時24分51秒 | マイガーデン(店長のつぶやき)

 

お早うございます。

穏やかな秋晴れの朝です。

 

台風も夏剪定で短くしたバラたちは風除けネットと建物に守られ、作業しておいて無事で良かったと見回りしていたゆかりからの報告です。今日が最後の25度越え日かも知れません。

本葉二枚ほどに成長したホリホック

下まで根が伸びてます。

用土を入れ、プラグ苗を乗せ、周りに土を入れます。たっぷり水やりして外に出します。

 

 

元々大好きな種蒔き、花苗を自家栽培したら畑で思う存分植え付け出来るようになるかもと栽培を始めました。今はまだ雑草に負けている畑にいつかそのうち植え付けますよーーー。極められなくても未来のために知識と技術の習得です。種蒔き後の移植は最近ゆかりが修行中です。

 好きだもので終わりそうな話ですが、野菜も種まきからするととっても栽培が自由なのが分かりました。「コマツナやミズナ近所のプロ農家さんの周年栽培をまねるのには、種の品種を変えれば良かったんだ。」とか。

 

種袋の裏情報は知識のお宝満載でした。何時も農薬の説明書は読みましょうとか言ってました。

作業に追われていたんだわ。楽しんでなかった。

 

収穫した作物を使ってランチや夕食を楽しんで暮らす。ディナー何て大げさでなくとも幸せです。急がず多くを望まず。定年後は好きな事をして楽しんで暮らす。それで誰かを少し「ニッコリ」

 

これから毎日移植サイズに育った花苗をポット上げしていきます。しっかり育ったらバラ購入のお客様にプレゼントします。何が届くかはお任せください。

 

本日も最後までお付き合いいただき感謝申し上げます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イタリアンパセリ | トップ | 耕作放棄地からバラ園へ 201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マイガーデン(店長のつぶやき)」カテゴリの最新記事