小さな森のバラ

新潟の園芸店の日常、ついに耕作放棄地を卒業しイングリッシュローズのサンプルガーデンと装飾的野菜畑を作って行きます。

耕作放棄地からバラ園へ 2017 .5.25

2017年05月26日 06時51分51秒 | 耕作放棄地

ハウスの中に水やり、ブログを書きながら有言実行挫折予防

本日もご来店有難うございます。

 

雨が降って大地を潤してくれるのを待っていました。気温が下がり平年並みになりました。明日も日中は行けそうも無いのでパンを買いに行くついでにハウスに水やりです。

 

昨日は私は疲れ休み、夫は近所の数件だけ伺うお庭に手入れに呼ばれ出掛けて行きました。軽トラが古すぎなので遠い所は卒業しました。

 

露地栽培だとイチゴの花が咲き始めた季節。近隣のイチゴ栽培農家さんはそろそろお終い、新潟人は他県に販売するより地産地消派、越後姫は長距離の輸送に向きませんが柔らかく美味しいです。遠くに旗が見えるのですが何なのか見に行って見たいです。帰りは何時も泥んこなので直帰です。

こんなに頻繁に畑に行くとは考えていなかったのでグリンピースを栽培しましたが、来年はスナップエンドウにします。ソラマメは種もお高いので一年に一回の季節ものと思えば産直コーナーで買えばとも思いますが取り立てを食べてみたいので今年の結果次第です。

 

バラの植え付けは11月になったら再開ですが、夏の暑さ次第ですが柵側がどれくらい育つかと整地が出来るかです。

バラは咲いたかしら。

 

 

土が育つまでのつもりの家庭菜園ですが、葉物野菜が思う存分食べれるので通えるうちは続けるかも知れません。運良く育ったのでヤミツキデス。味噌汁の具は乾燥ワカメが日常でしたがコマツナや葉ネギなどの野菜が入っています。食卓も変化してます。

 

販売するわけでは無いので小さい物から食べていき気が付けば葉物は虫よけネットに着きそうになってます。食べきれないと思ってましたが食べてます。

これはべビリーフレタスが育ったもの小さめで収穫すると柔らかくて美味しいです。

雨が降り除草剤の効果が出てきました。もう一回散布します。使えるようになるまで時間が掛かりそう。昨日は曇り空で刑務所は見えません。

ミニハクサイ・タイニーシュシュ虫よけネットの中でぎゅうぎゅうに育つていたので端を抜いてきました。半割で塩漬けしてインスタントキムチ、桃谷さんの海鮮キムチの素美味しいです。忙しいシーズンはヤンニョムもインスタント。

最期かしらと思いホタルイカ、新タマネギは産直ものラデッシュは自家栽培です。

 

毎年この時期は疲れも出て来るのに家族は新鮮野菜のお陰かバテていません。

美味しいうえに栄養たっぷり、家庭菜園本当にハマっちゃいました。

 

本日も最後までお付き合いいただき感謝申し上げます。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 良い雨でした | トップ | 今朝のボーダー花壇 2017.5.26 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

耕作放棄地」カテゴリの最新記事