小さな森のバラ

新潟の園芸店の日常です。イングリッシュローズがメインのバラ園にしようと耕作放棄地で作業を開始

耕作放棄地からバラ園へ 2017 .6.28

2017年06月28日 13時41分52秒 | 耕作放棄地

草取りとトウモロコシに鳥よけネット、ブログを書きながら有言実行挫折予防

本日もご来店有難うございます。

 

オベリスク下に草、ついでにうどんこ病が出始めたスイートピーの撤収です。

まだ花は綺麗ですが下葉が真っ白、雨が降らないので肥量の吸収も悪くバランスが一気に悪くなってきてます。バラとは違う菌なのか平気なスノーグース。

とてもお花好きで可愛がっていただいた方の形見の花瓶です。風で折れかけていたスモークツリーと活けて見ました。

 

スノーグースと一緒に植えてました。

昨年は腰丈まで草、草、草でした。近隣の皆さま、すいませんでした。

不法投棄も減りました。

右手の端のオレンジ色は赤皮カボチャ実ってました。想像より大きい、茎が木質化したら収穫らしいです。赤ずきんちゃん、何して食べましょう。

地面が固く深く掘れなかったので中央が浅植えの箇所唯一成育が良くないバラたち、土を被せて見ました。

通路に土を足したのでガザニア植えつけました。

夫は防草シートを張る予定の場所の整地、この場所もモグラとの闘いが始まりました。

東の柵脇水も与えてませんが赤い新芽はシュートです。

入り口から北側の畑

東側梅の木の後ろ、手つかずのままの場所すぐ後ろに2本の巨木メタセコイア。いつも西から東向きに撮影してましたが今日は反対の東から西。

 

南側の畑の東端の梅完熟直前まで待ち収穫予定。

 

気温は25度程度なので暑く無いですが、乾燥しています。

雨が降れば草取りが始まるし、乾燥が続けば野菜は枯れそう農業は難しいです。

 

本日も最後までお付き合いいただき感謝申し上げます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポテサラ ノーザンルビー | トップ | 紅映梅の初収穫 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (ゆり)
2017-06-30 08:29:47
おはようございます。

シャリファアスマの検索でたどり着きました。
私は薔薇が好きで中学の頃から育ててました。
家庭菜園もやっております。

ブログは今年二月に始めたばかりです。

メタセコイアが新潟で育つのですか??
びっくりです。
読者登録もさせて頂きました。
どうぞよろしくお願いいたします。
こちらこそ宜しくお願い致します。 (店長)
2017-06-30 09:15:36
はじめまして。
新潟は北国の物も南の国の物も結構育ちます。北限の茶どころ村上市、畑にもビワも実のっています。サクランボもミカンも県内産が収穫されて流通します。

メタセコイア育つの当たり前に感じてました。亀田製菓さんの本社工場の植栽の補植用だったのですが枯れなかったのでそのまま巨木になっています。

コメントを投稿

耕作放棄地」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL