小さな森のバラ

新潟の園芸店の日常です。イングリッシュローズがメインのバラ園にしようと耕作放棄地で作業を開始

今朝のボーダー花壇 2017.4.21

2017年04月21日 06時48分18秒 | マイガーデン(店長のつぶやき)

お早うございます。気温が上がるようですが現在曇り空。

昨日の午後の撮影です。

開花する頃には大きくなりすぎるヘリアンサス全部抜いて畑に移動したはずなのにひっそり住み着いてます。

枯れたと思ったバーバスカムも復活していますが葉が根元を覆うタイプの草花の葉裏にはヨトウムシが潜んでます。葉に数か所穴発見、葉裏を探したらやはりいました。ナメクジ除けとオルトランdx顆粒撒いておきます。

実生のボリジ

野放しチューリップ開花です。

びっしりツユクサの芽今のうちに抜きます。可愛いふりしていても今のうちにやっつけてあげる。

ロイヤルジュビリーだったかしら、好きな品種位花が無くても分かりなさいとゆかりに言われそうです。歩かないので東側の玄関から遠い場所に植え付けて「見に行けば。」らしいです。ボスコベルもこの辺、目的が無いと歩かない。今は健康寿命を長くと思っています。若いころから考えていたバラ園の満開の花を楽しむために歩けなければ楽しません。

 

寒いのか例年より少し葉の茂りが遅く強風にも負けずいました。

 

店も畑も不要な草取りです。あーー楽しいです。「大変ですね。」散歩のお婆さんたち。

「こんな楽しい事他にないですよー、花を植えませんか。」目的の無い散歩より立って座って歩いてストレッチなんですよ。毎日楽しいです。

 

本日も最後までお付き合いいただき感謝申し上げます。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 耕作放棄地からバラ園へ 201... | トップ | 耕作放棄地からバラ園へ 201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL