小さな森のバラ

新潟の園芸店の日常です。イングリッシュローズがメインのバラ園にしようと耕作放棄地で作業を開始

今朝のボーダー花壇 2017.6.14

2017年06月14日 06時33分17秒 | マイガーデン(店長のつぶやき)

お早うございます。

今朝も寒いです。

鉢植えに支柱立てが始まりました。

梅雨前に終わって於きたい作業です。新芽が出ても倒れ込まないのと、お隣の鉢と枝が絡み合わないための大切な仕事です。

昨年から金属製から菊用の細竹にしています。熱が伝わらず古くなったら焼却処分できるのが良い点です。地域によって処分の仕方が違うので気になります。

人工的な緑竹の色がどうも好きになれない事も天然ものを使う理由です。畑の竹も処分したつもりが新タケノコが2メーター以上に育っているので、来年のグリンピース用に冬に切り取る予定で、道具を増やさないために利用します。

 

同じ品種のバラが幾鉢か有ると同時に蕾、開花、満開と撮影できます。

クレア・オースチン

 

カタログは発行され無いので品種選びの参考にして頂けたら幸いです。しかし環境や栽培技術によつて個人差は大きく有りますのであくまでも小さな森で咲いた花になります。

香りの好みは個人差があり咲き加減や時間帯によっても大きく異なります。表現しにくいです。

ジュード・オブスキュア

 

昨晩水やりしているので今朝は水やりお休みです。

 

撮影より散りそうな花が気になって、担当以外の販売用の鉢植えなので手出し無用。

口出し無用。

任せたからには、自分に言い聞かせます。

本日も最後までお付き合いいただき感謝申し上げます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シャードクイーンのポテサラ | トップ | 耕作放棄地からバラ園へ 201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マイガーデン(店長のつぶやき)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL