小さな森のバラ

新潟の園芸店の日常です。イングリッシュローズがメインのバラ園にしようと耕作放棄地で作業を開始

耕作放棄地からバラ園へ 2016.10.30-2

2016年10月31日 09時38分27秒 | 耕作放棄地

余りに荒れ果てた耕作放棄地、ブログを書きながら有言実行挫折予防

 

今日もご来店有難うございます。

 

 

畑に持ち込んだイングリッシュローズは柵脇が一応植え付け終了。第二弾を選んでいます。

出来れば長い間持ち続けているオールドローズも植えつけて欲しいです。中学生の頃美術館で出会った花達です。当時はハイブリッドティローズ全盛の時代で入手困難でした。園芸店を始めてからご縁の有った品種たちなんです。捨てられないんです。お店の場所を空けるために植え付けようね。

何時もの通院で薬局で販売していました。肩こり・腰痛・眼精疲労・肉体疲労で購入決定。

 

 

ハウス脇に真っ直ぐに植えつけようかしら。頑張れゆかり。母は号令しか手伝えません。「日陰が多く思ったより数が入らない、植え場所が足りなーーーーい。」もうそんなこと言いだしています。20年近く販売を続ければ不良在庫もそれなりに有るんですねぇー。地元新潟の方々は予約して下さらないし、「花を観なけりぁ。」と開花期にご来店人気品種は当然既に完売済み。最近はカタログの花が咲きますと連呼し続けています。全国の皆様ご予約有難うございます。

 

畑南側の伐採を始めなきぁ。夫頑張れーーーー。チェンソーの修理待ち。

 

シンボルツリーになりそうなケヤキも冬支度に紅葉してきました。

北風を受けない場所にビワの木二年前にお店から植えていた鉢が劣化して持ってきたものが生きてました。来年はビワの葉茶も作れます。

来春に咲く雑草が一杯。

フッキソウ

ヘビイチゴかしら

防草シートは何を使うかどう施工するか、植栽で使用したことが有りますが2000年頃と初期の話で改良されているハズ。資材屋さんの配慮でメーカーさんと連絡が取れました。やり直しが出来無い年齢になり今迄になく慎重になっています。雪よまだ降らないで。

 

最後までお付き合いいただき有難うございます。皆様にとって良い日でありますように。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花壇の冬の準備 | トップ | 耕作放棄地からバラ園へ 2016... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

耕作放棄地」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL