小さな森のバラ

新潟の園芸店の日常です。イングリッシュローズがメインのバラ園にしようと耕作放棄地で作業を開始

今朝のボーダー花壇 2017.4.24

2017年04月24日 06時34分15秒 | マイガーデン(店長のつぶやき)

お早うございます。

晴れて暑くなる天気予報です。段々朝日とともに起床、散歩の人も早い時間から多数です。

バラの葉が毎日大きく育っています。日々ハーブや花の苗をポリポットに植え付けています。「どれだけ蒔いたの。」とあきれながら配っているので溢れてはいないようです。秋蒔きに向く植物や北国ですので春先に種蒔きしても初夏には咲く植物。

コモンマロー

カモミール

向かいのマンションの八重桜が咲いてきました。

園芸の基礎知識は一朝には身に付きません。関われば関わるほど難しくなります。発芽して移植そして追肥のタイミング畑に植え付ける適期。花が咲いて満足の園芸とその後収穫までの農業。難しいです。

同年代に見える方が「毎日水やりするんですか。」流石に答えたくない日も有ります。人それぞれ人生違う時間が流れています。

アジュガ

イカリソウ

西洋菩提樹

キバナイカリソウとチョウジザキイチリンソウ

ジューンベリー

 

全部どうでも良くなる程のバラたちの成長。

ヨーロッパの旅も、もっと安心して行けた時代に行っておいてよかった。畑でお見せしたい景色や表現したい植物の素敵さも頭の中で再現できます。

神社を通り駅よりの道を抜けやってきているらしいです。

 

見て感じて、作業して畑で誰とも会話しない空間でたたずんでいるだけで夫と二人ともそれで良いです。楽しいです。趣味としての園芸は永遠不滅です。

 

 

本日も最後までお付き合いいただき感謝申し上げます。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 虫よけネットに張り替え | トップ | アーマンデイ満開 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL