小さな森のバラ

新潟の園芸店の日常、ついに耕作放棄地を卒業しイングリッシュローズのサンプルガーデンと装飾的野菜畑を作って行きます。

耕作放棄地からバラ園へ 2017.4.25

2017年04月25日 13時12分15秒 | マイガーデン(店長のつぶやき)

畑に持ち込んだ鉢植えの植え付け、ブログを書きながら有言実行挫折予防

本日もご来店有難うございます。

晴れて乾燥してきているので鉢植えで持ち込んだものを植えつけします。前年のお店の売れ残りですが探せばなかなか手に入りにくい植物。

斑入りのホトトギス植え込み用土が植物に合っていないので根がポットの外側だけ、植物は自分流を変えることは有りません。

 

千鳥に植えて見ました。

種を撒いて育苗した瑠璃玉アザミ育ってました。

 

段々生産者さん減っているので今人気の植物以外は入手困難になりつつあります。リグラリアとキミキフガ大型半日蔭好き植物なので落葉樹の下に植え付け最適な場所を畑の中探してます。

 

 

秋に植え付けたビバーナムやスモークツリーも葉が出ています。3年後には自然に庭になじむと思います。10年以上ポット苗状態だったわけで一昔前の人気品種、当たり前なのに探しても無い。

 

草花販売時代に捨てずにいたヘメロカリスもついに終の棲家に植え付けてあげられます。

 

知識も経験も全部生かせます。よくぞ枯れずにいました。

 畑は本当に人が居ません。田に水が張られ始めました。

斑入りアジュガ

新緑の里山

細い枝ゴミは焼却場へ

静かです。

雨が降る前にピーナツを蒔いて見ました。手の甲が日焼けしてきました。

本日も最後までお付き合いいただき感謝申し上げます。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アーマンデイ満開 | トップ | 耕作放棄地からバラ園へ 201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マイガーデン(店長のつぶやき)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL