チェロ五十代からの手習い

57才でチェロに初めて触れ、発見やら驚きを書いてきました。今では前期高齢者ですが気楽に書いてゆこうと思います。

明後日ファミリーコンサート

2016年10月01日 00時07分17秒 | オケの練習

いつの間にか秋。バイクで走ると涼しさより肌寒さを感じ 金木犀の香りに気づく。

秋といえば茂原交響楽団恒例のファミリーコンサートが目の前に迫ってきた。

 

今年のファミリーコンサートは初の試みとして、チャイコフスキーの交響曲第5番を全楽章演奏する事になった。
例年なら、万人受けする交響曲の単一楽章を演奏するのだが、チャイコの5番を「切り売り」するのはもったいないという意見に押されて、
5月の定期演奏会からあまり時間がない中取り組んできた。結構大変だったが、なかなかいい出来と感じている。

後半のプログラムでは、映画音楽やアニメソングで、チャイコフスキーと比べれば楽勝かと思えば、これが大変厄介で、
なかなか納得行くレベルに達しなかった。
とりわけ久石譲作曲の「ハウルの動く城」こと、シンフォニック・ヴァリエーション「メリーゴーランド」は
変拍子の連続で、オケとしてのまとまりが出せるか微妙な気もする程だ。

 一方でやや気が重いことがある。ロビーコンサートで仲間と弦楽5重奏を引き受けてしまったことだ。
クアルテットとしては、昨年編成してから、モーツアルトの弦楽四重奏などの練習やアンサンブルコンサートなどで発表はあるが
本番前のあわただしい時間に、ポピュラーソングを2曲演奏するが、こうした曲は編曲者がチェロのことを分かってはいない
場合もあるのだろう。arcoとpizzの無理な切り替えやら、音の飛びが多く、音外しそうでどうなることやら心配は尽きない。

いずれにせよ、集中して取り組むことで、地域の人たちや、遠路やってきてくれる旧友たちに楽しんでもらいたいものだ。

 

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晩秋のカエデスケッチ | トップ | 弦楽四重奏曲「アメリカ」実... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (yoosun)
2016-10-30 20:59:00
チェロを初めてもうすぐ半年
なかなか脱力して弾くことが難しいです
四十肩あったのにレッスンはじめて
いっときの痛さに比べたら動いています
四十肩辛い時ピアノもままならず
レッスンの内容参考にしております
yoosunさんへ (chiibou)
2016-11-03 23:25:45
コメントありがとうございます。最近FBにかまけて、ブログ更新してませんで、失礼しました。
四十肩辛いですよね。特にチェロ奏者にとって特に右手が痛いと演奏は厳しいです。でも痛みをこらえて続ける価値は十分あると思います。
僕も初心に戻って、チェロブログ更新しようと思いますので、これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

オケの練習」カテゴリの最新記事