空のいろ 風の香り~私の一日暮らし~

日本の暦、二十四節気という美しい季節の呼び名を通して花、音楽、食、本、手作りなどの写真や想いをつづりたいと思います。

陽炎

2016年09月18日 | 日々のつれづれ


昨日は
上野の画材屋さんに行ってきました。
上野といえば
アメ横。
そのアメ横にはこんな場所があります。

賑わいの中に
すっくと聳える
朱色の山門。

下谷の摩利支天、
日本三大摩利支天のひとつで
お寺の名前は徳大寺、です。

階段を上がってしまうと
下の賑わいが嘘のよう。


この字は
吉田茂元首相が書かれたとのこと。
力強い文字ですね。

千と千尋の世界っぽい。この色合い。

さて
この摩利支天さまはやはり仏法をつかさどる神仏の
おひとりでいらっしゃいますが
なにかその力は
とてつもなく強そうです。
火の神様らしいのですが
火と言っても陽炎なのだそうです。
陽炎は実体がないから近寄っても熱くない。
そっと気配を消して
私たちに寄り添って
悪いものをぼわっと燃やして(吹き飛ばして)くれるのかな?
ちょっと違うかもしれないけれど
風林火山みたい。

すみません。
詳しくはわからないのですが。

そのあと
中古本のお店で
先日読んだ作家さんの本を
買ってしまいまして。

読書はほどほどにいたします。
まずは課題!ですね・・・・

ではまた。




ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分の中の宇宙 | トップ | ぶつかって壊れるほうがいい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々のつれづれ」カテゴリの最新記事