佐賀の親父の独り言

ただの独り言
一応、寺の住職させて頂いております

皆勤賞

2016年10月14日 08時24分31秒 | Weblog

この歌についちゃ、あまり言えることはないけど、ただ答えは風の中で吹かれているということだ。答えは本にも載ってないし、映画やテレビや討論会を見ても分からない。風の中にあるんだ、しかも風に吹かれちまっている。ヒップな奴らは「ここに答えがある」だの何だの言ってるが、俺は信用しねえ。俺にとっちゃ風にのっていて、しかも紙切れみたいに、いつかは地上に降りてこなきゃならない。でも、折角降りてきても、誰も拾って読もうとしないから、誰にも見られず理解されず、また飛んでいっちまう。世の中で一番の悪党は、間違っているものを見て、それが間違っていると頭でわかっていても、目を背けるやつだ。俺はまだ21歳だが、そういう大人が大勢いすぎることがわかっちまった。

ウキペディアには、そのように書かれていました

彼の言葉は、深すぎて・・・

1人1人が考えて答えを見つけ出していかなければいけないというメッセージだと感じます

確かに聞き手の脳裏に情景は浮かんできます。

若者が世の中の不条理に直面し

世の中を斜めから洞察しているように聞こえる

自分の真実と世の中の仕組みのギャップがエネルギーとなって歌われているような感じがする

ただ、今の若者にそのようなエネルギーが蓄積されるようなレベルではない

奥が深いですわ~

(ボブディランの風に吹かれての歌詞を見ながら・・・・)

昨晩は、法中会

巡番報恩講の御礼を書面と共に御挨拶させて戴きました。

御出勤簿を確認しましたら私を除いて20のご住職、若院さん

10の法座がありまして計算しますと

82.5%の出勤率でした

皆勤して頂いたご住職は、組長さん、M寺さん、S寺さんのご住職

S寺さんの若院さんの4名でした

何か皆勤賞でも渡したいくらい有り難い気持ちです。

一座だけ出勤できなかったご住職も4人いらっしゃいました

M寺さんのご住職にお礼の御挨拶に行きましたら

10年後頼みますよ!と言われました。

次回のM寺さんの時は私も皆勤を目指します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 坐禅 | トップ | 明日の天気 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL