坂部千尋










XML


★Aska shop★




★DHC YAHOO!店★



  ★坂部千尋(サカベチヒロ)オフィシャルブログ★

2005-01-14 07:07:53 cinema diary
 
 ご飯時だったのでドーンオブザデッドより先にこっち観ちゃいました。うーんなんかキル・ビル観たときもそうだったんだけど日本が舞台になってる洋画って日本人で損したな~って思う。日本の景色とか日本語とか解らなかったら面白いであろうシーンがいっぱいあってちょっと寂しいでもロスト・イン・トランスレーションは話自体は千尋が好きな感じでした

★ストーリー★人気の低迷したハリウッドスター、ボブ・ハリス(ビル・マーレイ)はギャラ20万$契約のサントリーのCMを収録するため東京に訪れていた。日本スタッフとのコミュニケーションが上手くいかず時差ボケのせいもあって憂鬱な日々。そして夫の仕事に同行して日本にやってきていたシャーロット(スカーレット・ヨハンソン)は自分を愛してくれるカメラマンの夫が側に居るのに孤独を感じるどこかもの悲しい日々を送っていた。二人が滞在していたのは同じパークハイアット東京シャーロットとボブはエレベーターでファーストコンタクトし二度目に会ったバーラウンジでコミュニケーションを交わす。同じ異国の地で同じ複雑な気持ちを抱えていた2人は次第にうちとけ時間を共有するようになっていく・・・・。

 ガーっと盛り上がる派手なお話ではないけれどアカデミーオリジナル脚本賞を受賞しただけあって静かに響くようないい感じのセリフとかシーンがありました本を読むような気持ちで観るのにいい映画かな
 なんつーか舞台が日本なのは日本人の千尋にはちょっとキツイですドンペン君(注 ドンキホーテのペンギン)とか映すのやめてセンター街もキツイわあれが日本だと思われたら・・・・・まあ日本の縮図といえば縮図なところだけど人が溢れててごみごみしてる感じとかね。
 でもガツガツしたラブ話とかじゃなくてもっと人間的でプラトニックな感じがしてイイお話でしたラストも熱すぎず冷めすぎずイイ感じだったと千尋は思います千尋の一番良かったな~と思ったシーンは仕事で忙しい夫が部屋を空けている間にシャーロットがホテルの部屋を桜の造花で飾っておくのですが、その後帰ってきた夫が花に気づかないところ。シャーロットの空虚な感じみたいのがすごく伝わってきて「おー孤独だ」とか思えました。
 えー返却が今週土曜で土曜は飲み会なのでドーンオブザデッドも明日観ます日記が映画続きだね~
 最後にロスト・イン・トランスレーションに出てきたマシューですが、千尋は大好きなんだけどマシュー知らない人からしたらそりゃウザいよねーあのテンション。でもマシューがそのまんまでちょっとおいしかった
Comment (10) | Trackback (25)
 
コメント
 
 
 
会社からカキコしてみるww (???)
2005-01-14 20:14:08
すっげぇ~ ヤフーで検索したら、一番上だ

まぁ、坂部千尋で検索したから当然と言えば当然だが・・・

千尋は、こんな朝に書いたのか・・・
 
 
 
ねーw (じゅ)
2005-01-14 22:50:28
千尋って早起きだ~!!



ん・・・?
 
 
 
???くんへ (千尋)
2005-01-15 04:04:33
すいません徹夜にもほどがありました
 
 
 
じゅかさんへ (千尋)
2005-01-15 04:06:38
わかってるくせに
 
 
 
音楽がまたもや良かった! (garam)
2005-01-15 05:28:31
TBどうもです!

コッポラ・ファミリーって音の使い方と雰囲気の出し方が上手いとつくづく思うんですよ~。

不思議な映画でした!!

 
 
 
 
garamさんへ (千尋)
2005-01-15 05:44:05
こちらこそありがとうございます

そういえばそうだわ。父のジーパーズ・クリーパーズも雰囲気に引き込むのが凄いうまかった。ちゃんと才能は引き継がれてるのですね
 
 
 
Unknown (wnm)
2005-01-20 11:50:40
TBさせていただきました。「仕事で忙しい夫が部屋を空けている間にシャーロットがホテルの部屋を桜の造花で飾っておくのですが、その後帰ってきた夫が花に気づかないところ」が一番いいシーンとは鋭いなあと思いました。そうなんですね、髪形を変えたり、ピアスを代えたり、香水を代えたり、お洒落をしても気付いてくれない男って最低なのかも(私もあまり気付かないか、気付いても言いそびれるタイプなので)。知らない女性同士の無言のチェックは傍で見ていると、がんを飛ばしあっているみたいで凄すぎるけど、勉強になりました。
 
 
 
wnmさんへ (千尋)
2005-01-21 03:11:48
コメントありがとうございます

そうなんですよね女子が超細かい事まで気にしても男子は気づかないことのほうが多いんですよね。デート時の洋服あんまかぶらないようにしたりとか

がんを飛ばしあってるように見えているとはこちらも勉強になりましたw今度からニコニコしながらチェックします





それはそれで怖いかしら・・・・
 
 
 
そう (wnm)
2005-01-24 04:39:35
ますます怖くなります。仙台は東京の街中の駅と違って平和ですよ。そこがほっとする点かな。でも、緊張感が欠けすぎると、それはそれでまた問題ですよね。
 
 
 
wnmさんへ (千尋)
2005-01-25 00:03:06
仙台行ったことないんですよ。行ってみたいな

埼玉はそこそこ平和でそこそこ緊張感ありますよ

ちょっと中途半端感はありますが・・・
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ロスト・イン・トランスレーション (ちょびっと日記)
『ロスト・イン・トランスレーション( Lost In Translation ) 』を観ました。最初はサントリーとパークハイアット東京の宣伝映画かと思いました。 ソフィア・コッポラ監督が「パークハイアット東京」に宿泊してホテルが気に入って、パークハイアット東京を舞台にした映画をつ
 
 
 
ロスト・イン・トランスレーション(2003/米・日) (虫干し映画MEMO)
監督・脚本:ソフィア・コッポラ 出演: ビル・マーレイ スカーレット・ヨハンソン 「真珠の耳飾の少女」のスカーレット・ヨハンソン目当てで見てきました。私はあちらのほうが好み。あの映画はこれでもかというほど美しかったし、このけばけばしい東京は、私の見ている東
 
 
 
レンタル4本 (AV(Akira\'s VOICE)映画,ゲーム,本)
「マスター・アンド・コマンダー」「レジェンド・オブ・メキシコ」 「恋愛適齢期」「ロスト・イン・トランスレーション」
 
 
 
『ロスト・イン・トランスレーション...Lost in Translation』ソフィア・コッポラ監督 (コウの鑑賞人blog)
『ロスト・イン・トランスレーション...Lost in Translation』
 
 
 
『ロスト・イン・トランスレーション』を観た (ちんたら日記)
『ロスト・イン・トランスレーション』(2003年アメリカ)監督:ソフィア・コッポラメル、出演:ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン ★★★☆☆ 今は落ち目のハリウッドスター、ボブ・ハリス(ビル・マーレイ)はサントリーウイスキーのCM撮影のために来日した。気の
 
 
 
ロスト・イン・トランスレーション (DVD) (ひるめし)
舞台が東京じゃなかったら観てなかったかも。淡々と過ぎてくから、途中で何度も観るの止めようと思ってしまった。私は微妙な映画でした。もうちょっと大人になったら観ようかな。 マシューが出ていたのはビックリした。なんかちょっと恥ずかしかった。
 
 
 
「ロスト・イン・トランスレーション」 (ひらりん的映画ブログ)
ソフィア・コッポラ監督の2作品目。 2003年度作品。 この監督、フランシス・フォード・コッポラの娘。 この一家、映画産業にかかわってる人が多し。 この作品でソフィア・コッポラが2003年アカデミー脚本賞を受賞。 ゴールデングローブ賞では作品賞まで受賞した話題
 
 
 
ロスト・イン・トランスレーション (日々是あれこれ)
お勧め度:4/5 ロスト・イン・トランスレーション 原題:Lost in translation 監督:ソフィア・コッポラ 製作総指揮:フランシス・フォード・コッポラ キャスト: ビル・マーレイ(ボブ・ハリス)、スカーレット・ヨハンソン(シャーロット)、マシュー南(マシュー南)
 
 
 
ロスト・イン・トランスレーション (DRIFT AWAY)
 劇場でも観たのですが、DVDを借りてきて再び鑑賞。  巨匠フランシス・フォード
 
 
 
「ロスト・イン・トランスレーション」 (Review Review Review)
[DVD映画]★★★☆☆ 彼女は、“人生のある一瞬のきらめき”を描きたいのかもしれない。 ソフィア・コッポラの映画監督作品「ヴァージン・スーサイズ」に続く 第2作目の「ロスト・イン・トランスレーション
 
 
 
ロスト・イン・トランスレーション (30歳独身男Kazuakiの映画日記)
「なんてことなく観れば、なんてことない映画。東京やパークハイアットを知ってれば、それだけで楽しいかも。なーんて思ってたら、憎いほどのラストに打ちのめされた。」 予定通り、新潟市遠征です。こちらのロビーは空いていますね。今年57本目の観賞です。 今日これまでに
 
 
 
映画生感想『ロスト・イン・トランスレーション』 (Scarving 1979 : Always Look on the Bright Side of Life)
この作品については、昨年からずっと楽しみにしてましたが、 5月8日にようやくチネチッタ川崎で公開されるということで、 初日から観てまいりました。 いやはや待っていた甲斐があるくらい、 ホントに面白い作品でした。 私は大好きです。 CM撮影のためにひとり訪日して、
 
 
 
『ロスト・イン・トランスレーション』(Lost in Translation) (0 1/2)
Lost In Translation 『Lost In Tran
 
 
 
Lost in Translation (言語学研究室日誌)
昨日今日観たわけではないのですが、わすれないうちに書いておきます。まず前半部分、笑い転げていたので、アカデミー賞の脚本賞を取ったことは頷けます。本業の俳優業がふるわず、日本のサントリーのCMの撮影に来日した「中年の危機」真っ盛りの中年男(ビル・マーレイ)
 
 
 
ロスト・イン・トランスレーション (映画侍)
今年に入って最初の衝撃を体験した。かなり遅いですがロスト・イン・トランスレーションをようやく鑑賞しました。ソフィア・コッポラの監督センスは異常です。これが本当にニ作品目なのだろうか。ゴッド・ファーザーを生んだ父の血を受け継ぎ、女性の視点から世界を鑑賞し映
 
 
 
ロスト・イン・トランスレーション (映画侍)
今年に入って最初の衝撃を体験した。かなり遅いですがロスト・イン・トランスレーションをようやく鑑賞しました。ソフィア・コッポラの監督センスは異常です。これが本当にニ作品目なのだろうか。ゴッド・ファーザーを生んだ父の血を受け継ぎ、女性の視点から世界を鑑賞し映
 
 
 
ロスト・イン・トランスレーション で自分探し (↑College Life ~今を生きる~)
ロスト・イン・トランスレーション映画「ロスト・イン・トランスレーション」をDVDで見ました。ソフィア・コッポラという有名な監督(らしい)はこの作品でアカデミー賞脚本賞をゴールデン・グローブ賞で作品賞を受賞している。とっても凄い監督だ。ってか女の監督って知って
 
 
 
ロスト・イン・トランスレーション (Cinema Galleria)
ある意味とてもロマンティック。 気がつくと地面からほんの数ミリ浮いたまま歩いていた・・・という感じ。 日本の描き方がどうこうと言いたくなる人もいるでしょうが、 そんな事は私には全然関係なかったし、どうでもいいことなんだよね。 むしろ、ほんの2~3度行っ
 
 
 
スカーレット・ヨハンソンよ、どこへ行く (シネログノユクエ)
昨年のアカデミー賞授賞式でのヨハンソン。このときまだ10代 ◆◆ News ◆◆ スカーレット・ヨハンソンは「ハリウッドの人はみんなとても美しい。プレッシャーを感じずにはいられないわ。だから、私はもうアンチエイジングの化粧品を使っているの。私って完璧主義なと
 
 
 
ロスト・イン・トランスレーション(DVD) (lunatic\'s 映画評)
この映画、いつもの如く予備知識をまったく持たずに見ました。そして見終わった直後の評価は「この映画は何? 観光ガイド?それとも酒やホテルの宣伝映画?何を言いたいの?」「星0にしたろか!…いや、しかしゴジラに比べたらまだいくらかマシか」と言う感じのほぼ最低の.
 
 
 
ロスト・イン・トランスレーション (いつか深夜特急に乗って)
「ロスト・イン・トランスレーション」★★★★ 2003年アメ
 
 
 
『ロスト・イン・トランスレーション』ソフィア・コッポラ:「フシギの国ニッポン」映画 その? (~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録)
自分はドイツ人の知人の勧めで観てみました。 「既に人生を使い切ってしまった」映画スターの主人公、そして、自分の人生の意義を見つけられないまま、いたずらに時間を浪費しつづけるヒロイン。それぞれ、はた目には何不自由なくゴージャスな暮らしを満喫しているんです
 
 
 
『MON-ZEN(Erleuchtung Garantiert)』 ドーリス・デリエ:「フシギの国ニッポン」映画 その2 (~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録)
『ロスト・イン・トランスレーション』を観た後でブーブー言ってた自分にドイツ知人が薦めてくれたのがこのドイツ映画です。 概要については、こちらを参照していただくとよろしいかと思います。 「不思議都市」東京を起点に、行き詰まった人生を打開するための「自分探.
 
 
 
ロスト・イン・トランスレーション (*アンチハリウッド的* 映画論)
【原題】Lost in translation 【制作年】2003 【制作国】アメリカ 【監督】ソフィア・コッポラ 【主なキャスト】 ○ビル・マーレイ(アメリカ人俳優:ボブ) ○スカーレット・ヨハンソン(カメラマンの妻:シャーロット) 【あらすじ】 ウィスキーのCM撮影のため
 
 
 
Can amoxicillin be used for acne. (When amoxicillin works for acne.)
Amoxicillin for acne. Amoxicillin to treat acne. When amoxicillin works for acne. Amoxicillin for healing steroid acne.