スロバキア、タトラ山脈の麓より

スロバキア人の夫と2人の娘たちと私の生活

ダニ媒介の感染症

2017-06-19 | スロバキア2017
土曜日の夜、サクルカが熱を出しました。
38.5度。子供の熱なら全く大したこともないのですが、今回ばかりは本当に心配し泣きました。オロオロしてこちらの知人幾人かに夜中に、週末に、相談させてもらいました。なぜなら2週間ほど前、サクルカはダニに刺されていたからです。

インターネットで検索すると中部ヨーロッパ、ロシアに~と出てきますが、この辺りの地域にはダニを媒介とする病気があります。サクルカの発熱でこれを疑ったからです。

結論から言うとサクルカは(ネルカもですが)予防接種をしていたので大丈夫!とのことだったのですが、母子手帳のないスロバキア、ネルカは予防接種の手帳のようなものがありますが、これは病院で保管、サクルカはそれすらなく、記録は病院のカルテのみ。なので私は子供たちが予防接種を受けるたびに、日付と種類を手帳に書き込んでいます。それがサクルカは私の記憶でも、手帳でも3回で完了するはずの予防接種の1回しか受けていないようでした。ちょうどその時期は第1回めの接種直後にサクルカが腎炎になったり、その後私は短期の仕事を引き受け、慣れない仕事に神経を使ったり、予防接種に行けなかったとしても納得してしまう時期だったので予防接種は完了していないと思いこんでしまいました。かかりつけ医の「3回めの予防接種を去年ちゃんと受けているから大丈夫!」という言葉にどれだけ安堵したか。

この季節ヨーロッパへ旅行される方も多いと思いますので、森林や公園、茂み等々ダニの繁殖していそうな場所へ行かれる際は気をつけてくださいね。いくつか注意事項を書いておこうと思います。(注:ダニに刺されたからと言っても、全てのダニが病原菌を持っているわけではないです)


1.まずは刺されないようにすることが、第一。ダニの繁殖していそうな場所へ行かれる際はサンダルや肌を露出した服装はなるべく避けた方が良いでしょう。

2.ダニのいそうな場所から帰ってきたら、ダニが付いていないか全身をチェックしましょう。ダニは皮膚の柔らかい部分を好みます。頭皮や首、脇の下、股などを特に注意して見ると良いと思います。サクルカはちょうどパンツの中に隠れる辺り、足の付け根についていました。

3.刺されてから48時間以内に除去すれば感染の確率はかなり抑えられるそうです。ダニは人についても好みの場所を見つけるまでしばらく歩き回ると言われています。サクルカも1日めはちょうど歩きまわっていたのでしょうね、見当たりませんでした。2日目に私が(後から思えば)ダニに気付いたのですが、乾いた血の跡もあったので私はこれを引っ掻いた跡のかさぶただろうと思って見過ごしました。3日目、マルツェルがかさぶたにしては色がおかしいと指で触ってみると左右に動くのでおかしい!→ダニだと気付きました。(なぜもっと早くに気付いてあげられなかったのか、私の反省1)

4.刺された場合は、決して指でつまんでは取らず、専用の道具を使って取るか(指でつまんだ時にダニが持つ病原菌が人の体内に入るのを防ぐため)、病院で取ってもらうのが良いと思います。サクルカは救急に行って取ってもらいましたが、病院ではダニの上にクリームをつけ、コットンでクルクルと軽く拭きとって取り除いてくれました(ほんの数秒)。これは石鹸でも代用できるそうで、石鹸を泡立て、その泡をダニの上に乗せます。後は同じ、コットンで軽くクルクルと根気よく(こちらは10分から15分くらいかかると聞きました)すると取れるのだそうです。

5.刺された後は様子を見ましょう。病気には2種類あり、ボレリオーザ(詳しくはコチラ→ライム病)は刺された跡が赤くなります。こちらは抗生物質が効きます。サクルカの感染を心配したのは脳炎の方で(詳しくはコチラ→脳炎)、こちらはそれぞれの症状に対処するだけで、治療法はないそうです。1~2週間の潜伏期間の後、発熱等インフルエンザに似た症状が出ます。


とにかく割と大雑把な子育てをしている私、幼い娘がここで命を落とすことになったら・・・(それほど重症なのは1~2%と言われています)、命を落とすことはなくても今後障害が残ったら・・・、今回ばかりは自分のいい加減さを責め、悔みました。
が、きちんと予防接種をしていてそれほど悪い親でもなかったみたいです。何事もなく本当に良かったです。
『育児』 ジャンルのランキング
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 学年末 ~ネルカ編~ | TOP | どんなに遠く離れていても »

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ダニこわいですね (仁仁母)
2017-06-20 17:18:59
日本でも、刺された話しはきいたことがありますが、
感染症になって
インフルエンザみたいな発熱症状出るなんてこわいですね。
予防接種受けていて良かったですね。高熱続くと心配になりますよね。
日本でも、先日ヒアリという
毒があるありが発見されたらしくニュースで出てました。ダニもそうですが、小さいとわかりづらいからこわいですね。
仁仁母さん (chihirko)
2017-06-21 04:28:38
毒のあるアリなんているんですね。小さい虫も怖いですよね。大人なら痒いとか痛いとかすぐわかるのですが、子供って言わないこともあるし分かりにくくて困ります。
結局幼稚園の同じクラスに病気の子がいたというのが別のママから耳に入り、きっとサクルカもそれがうつっただけだったのだと思うのですが、今回のことで、子供を事故なく、怪我なく、病気なく、健康に成人まで育てるって本当に大変なことなんだなと感じました。
もう今日は元気に幼稚園に行きました。

コメントありがとうございました。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。