千早巡遊&彩事記

情景の中の鉄道を目指して気の向くままの製作日記&途中下車の旅、そして時折の息抜き工作など。

条約型重巡の製作⑤-煙突、探照灯/機銃座、前/後マスト艤装-前編

2017-07-23 | 艦船モデル

 ハセガワの艦船装備セットAから艦橋上部の主砲方位盤照準装置を流用して交換。

 

 

 

 

 

 

 

 前部マストは1次改装時には、単柱式なので真鍮線で製作。

 

 

 

 

 

 

 

 一旦艦橋にセットして長さの調整・・・前部マストの下横桁の位置が少し下過ぎるようですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 さらに前部マストに解し銅線やプラパーツで艤装製作。

 

 

 

 

 

 

 

 前/後部煙突にもエッチングパーツ製のジャッキステーや給気口蓋を取付け、蒸気捨管とともに塗装。戦隊1番艦を示す白帯も程良いアクセントになるかと思い、再現してみました。

 

 

 

 

 

 

 製作した煙突を艦体に設置・・・煙突上部は、元のプラパーツの出来が比較的良かったので、エッチングパーツに交換せず そのまま利用しています。

 

 

 

 

 

 

 探照灯座もエッチングパーツで製作・・・さすが繊細な仕上がりになります。

 

 

 

 

 

 

 

 他にも機銃座や測距儀用座をプラパーツを利用して製作。
 ・・・1次改装j時ということでキットパーツにないものを、作るのは手間が掛かりますが、致し方ありません・・・なるべくキットパーツを利用しての簡易製作です。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミニ運転会の一日 | トップ | 条約型重巡の製作⑤-煙突、探... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。