千早巡遊&彩事記

情景の中の鉄道を目指して気の向くままの製作日記&途中下車の旅、そして時折の息抜き工作など。

吉野への途-その弐-

2017-07-29 | 途中下車の旅

 車内はシックにまとめられていて、シートの座り心地も良く、これが通常特急料金+¥210で利用できるのは、お得感満載。

 

 

 

 

 

 

 車内のさり気無い空間にも気が配られています。

 

 

 

 

 

 

 


 座席ポケットには、サロンカーの提供メニュ-・・・多彩ですが、フルに乗っても乗車時間が70分強なので利用し尽くすことは出来ませんが、楽しみの一つに違いありません。

 

 

 

 

 

 

 今回はサロンカーの利用はしないで座席でゆっくり・・・持参のお弁当で昼食。朝、冷蔵庫にあるものだけで準備した爺のお手製。

 

 

 

 

 

 

 窓の外は緑一色、往きに見た在来車輌からの景色とは違う景色に見えるのが、不思議です。

 

 

 

 

 

 

 

 吉野川に掛かる鉄橋からの一景、この奥には名勝宮滝があるのですが、車窓からでも十分に旅に出た気分を堪能出来ました。

 

 

 

 

 

 

 座席のカーテンも遮光性が高くて、思わず眠りに誘われそうになります(家内は行程の半分を爆睡・・・凄く快適に眠れたとのこと)。

 

 

 

 

 

 

  サロンカーには、乗車記念証(コースターとしての利用可能)を取りに行きましたが、閑散としているので、此処に居座ってのランチでも良かったかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 旅の終着駅は、大阪阿部野橋。暑い夏、体の負担もなく、疲れ知らずの乗るだけミニトリップ・・・嵌りそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 大阪阿倍野では、Q's moleで家内のお買い物いお付き合い・・・これで爺婆ウィンウィンの一日に。

 

 

 

 

 

 

 

 今日の記念品です。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吉野への途-その壱- | トップ | ちび丸軽空母への改造 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。